継続が記録に、記録が自信に繋がるとしたら。サボりますか

メンタル

ルーティン

日々の習慣で『毎朝・毎晩』
必ず、やっていることはありますか。


毎日、欠かさず行っていることです。



私の場合であれば、

毎朝、起きると、すぐ頭を洗って、
歯を磨いて、スッキリした後に、

コーヒーを飲む。などなど、
毎日のルーティンになってます。




これはもう何年も続けている、

毎朝の習慣です。


これを一回でもサボる。

やらない日はないです。


これを一日でもやらない日を

作ってしまうことで生まれる、
「サボると、楽になるよ」という誘惑。


例えば、私のルーティンで、
朝起きて、頭洗って、歯を磨く前に、
今日はコーヒーを先に飲もう。という一日を、
作ってしまったことにより、サボり癖が付き始めます。


今日は歯を磨いて、明日は歯を磨かず、

なんてことを行っていると、歯の寿命を縮め、
虫歯の原因にも。


歯を磨くことを一日、サボったがゆえの
サボり癖が原因ということです。




そのサボり癖を継続させないためには、
どうすれば良いのでしょうか。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

サボり癖

なにかをめんどくさがり、
やるべきことをやらない。



人は楽な方に流されがちです。



普段の習慣をおろそかしてサボる。
怠けて休むことを「サボる」なんて、

言ったりします。



このような「怠け」というのは、
どのようなときでも起こりうることで

誰にでも始まってしまう習慣、なのです。




ダイエットの成功者に、リバウンドが起こるのも
サボりが原因のリバウンドです。




いままで管理されていた食事制限に、
間食を入れる習慣を自分で作った、結果です。



食べる量や回数が増えれば、そうなります。。



でも、食べたくなる気持ちは分かります。


私も食べるの好きなので、
もの凄いわかります。



このようなことは、勉強でも表れます。



一日10分・15分でも勉強する。
これだけのことは『必ず、毎日やる』と
決めたにもかかわらず、やらない日。



正確にはできない日、なのかもしれませんが、
人は生きていると、いろいろな事が起こります。



例えば、
勉強に5時間、人付き合いに3時間、
電車に揺られて2時間。なんてことで、
日々を過ごしていたら疲れて、
日ごろのルーティンも、おろそかにもなります。





しかし、です。
一日やらない日を作ってしまったがために、
2日、3日、4日とやらない日が

出来てしまうことも


人間は誘惑に弱い生き物です。


強い意志のある人ならば良いですが、
なかなか難しいところもあるのが、人間です。

自分を変えればいいのに。(怒りのメリット、デメリット)
怒りの感情をコントロールできると、たくさんの得が舞い込みます。自分を変えるチャンスがここに。
日々の習慣が崩れたときの対処法

人は生きていると、急な予定や約束が
舞い込んで来てしまうことがあります。


そうなると自分の予定が崩れることもあり、

毎日行なっている勉強や運動はできなくなります。


今日は、急な予定が舞い込み、
その日のルーティンが出来なかった。。で、
その日を終えないでください。


ただ終えるのではなく、そこで
「明日、必ずやるぞ」と
宣言しなくてはいけません。


自分に宣言してください。

「絶対に、やるぞ」と、

そして、
絶対に、やってください。

そして、昨日できなかったことを
次の日、必ずやります。


もし、昨日できなかったことを
次の日、やらなかったとします。



もうムリです。楽しかった日々は、
戻ってきません。取り戻せません。



あの楽しかった日々には、
もう帰れません。


どうしましょう。

そんなのイヤですよね。。



あの楽しかった日々、達成感、
忘れられません。


忘れることなんか、できないよ。
という人は、次の日の、そのまた次の日に
必ず行ない、日々の習慣を継続してください。




一日、サボることの怖さが身に染みて
分かったところで、
気を付けよう、甘い誘惑とサボタージュ(サボり癖)。


本当に、危険です。

暇な日に8時間以上歩くだけで、痩せる習慣を作る方法。
歩くことの素晴らしさを詰め込んで見ました。8時間、歩くことの素晴らしさを少しでも感じて頂けると幸いです。

最低ライン

一日に必ず出来るノルマを設定すると、
かなり効果的です。


スポーツをやられている人であれば、

『毎日、腕立て伏せを30回』は必ずやる。とか

料理が上手になりたい人であれば、

『一日一品は料理を作る』とか、

本を読むことが好きな人なら

『毎日、本を20ページ読む』とか、

自分が必ず出来る、「最低ライン」を
ノルマにすると良いかと思います。


『毎日、出来て、疲れないけど、

少し継続するのは難しい』というものを
最低ラインと考えます。


その最低ラインをノルマにし、
何年後かに継続できている自分がいたとき、
自分で自分を褒めて上げてください。


「誇れる自信」を
きっと
手にしていることでしょう。


『続けることが記録となり、

記録したことが自信になり、
自信が夢へと繋がります


継続は力なり。です。

継続はプラスなり
プラス思考は一瞬にしてならず、マイナス思考は一瞬にして消えず。継続はプラス(力)なり、です。

タイトルとURLをコピーしました