高校生が勝つためにやるメンタルトレーニング!11のこと。

メンタル

 

高校生が勝つためにやるべき!11のこと。

スポーツを行なっている高校生にもなると、
メンタルの大事さを目の当たりにする場面は、
もの凄く多いでしょう。

高校入学するとともに実感することといえば、
ライバルの多さやレベルの違いに度肝を抜かれます。

全国の広さを心の底から感じるのではないでしょうか。


高校3年間あれば技術や体力で、
仲間やライバルに打ち勝つことは可能です!

並々ならぬ努力の甲斐もあって、
越えられない壁など無くなります。

しかし、です。

それでもライバルに勝てないという事が起こり得ます。
どういう事でしょうか?


技術や体力で、ライバルより上回っているのに、
なぜ?最終的な順位でライバルよりも低いのか。

例えばです、私にこのような質問を投げ掛けて来た、
女子中学生がいました。質問の内容が、
「中学校内での成績は私の方が上なのに、なぜ?同級生が、
私よりも頭の良い高校に入れるの?なんで受かるの?」というような
素朴な疑問で、とても難しい質問を投げ掛けられたことがありました。

この質問の答えは、簡単でした。

しかし、いろいろな可能性が存在することも確かです。


さまざまな可能性を中学生に言ったところで
理解してもらえるか、当時の私にそんな自信はありませんでした。

その時の私は、一言だけ言い放ちました。


それは、自分を追い込める努力が
できるか・できないか、その差だけ、と。。

これもメンタルトレーニング側から言わせて頂くと
その通りではあります。

自分を追い込まなければ、
達成できるものも達成できなくなります。

そこには見えない、いろいろモノが存在し、環境や場所、
雰囲気、状況、体調、当日のコンディションなどや、
その他にも天候や公共機関、勘が当たるなど、
すべてのことを彼女にお話ししてもどうでしょうか。

少し中学生には厳しい言葉になってしまったことを
私は、いまでも少し後悔しております。が、

いろいろな弁解や言い訳などはありますが、、
これを深掘りされると長くなる可能性を考え、省略させて頂きます。

簡単に言わせて頂くと、本人が受験までのプロセスを楽しめたのか、
それとも、道のりが険しかったのかの、差のみではないでしょうか。

ゾーンに入る方法?は、緊張とリラックス・メンタルにあり。
ゾーンとは?なんでしょうか。メンタルや呼吸・心拍など、気にも留めずにいると、すんなり「ゾーン!」に入ることは難しいかもしれません。なぜ?

高校生に必要なメンタルトレーニング

中学生、高校生にもなると、
他人の目が気なるという人もいます。

普通のことです。
自分のメンタルの弱さを他人に晒すことを
恥ずかしいと思う年頃です。


男性などは特に、その傾向があります。

本格的に何かに打ち込んでいる高校生には、
二通りの考えに分かれるのではないでしょうか。

ライバルに打ち勝つためのトレーニングと
将来を見据えてたトレーニングです。


だいたいの高校生は、いま勝つためのトレーニングを
知りたいと思うのが本心でしょう。


しかし、私であれば、将来を見据えたライバルに
勝つ方法が知りたいと思いますが、、



少し欲張りで、すみません。。



ある程度、トップレベルに近い選手であれば、
高校生でもそのような指導は受けているでしょう。



ここでは高校生になって、はじめて何かに
チャレンジしてみたい、挑戦している、
という方、向けにもなっております。



最後まで読み終えたあとに、
何か1つでも参考に出来るものがあれば、
持ち帰って頂けると幸いです。



解っているけど、やれないこと、
解っているけど、忘れていること、
は、誰にでも存在します。


それでは高校生に、
必要なメンタルトレーニングとは?

バナナ好きの人だけが知っている?秘密の栄養成分とは?
バナナには、たくさんの効果・効能・栄養が含まれています。そんな栄養成分を感じて食して見てください!きっと!バナナの美味しさを実感できることでしょう。

ライバルに勝つためのメンタルトレーニング

集中力を高める

どんな事にも必要なこと。集中力です。


集中力を高めたいと思うのであれば、
生活習慣の改善が必要になります!


睡眠不足、ストレス、情報の詰め込み過ぎ、疲労、
食べ物など、集中力散漫にする原因に
挙がってきます。

なぜ、集中力を高めたいのでしょうか、
なぜ、集中力を鍛えたいのでしょうか。


その辺りをしっかりと明確にされた上で、
集中力を高めたいと望むのであれば、
日頃の習慣に気を付けなくてはいけません。

集中力を高め、継続する方法とは?選りすぐり14選
どんなときに集中力が必要で、集中する強弱なども自分自身で理解できていると物凄く便利です。なかなか集中することは難しく、どうすれば集中力を高めることが出来るのでしょうか?

不安や緊張をコントロールする

不安や緊張をコントロールするには、
日々の練習がものを言います。が、

腹式呼吸、しっかりとした柔軟体操、音楽を聴く、
サイキングアップ(声出し)などが挙がります。

これを行なう前に、前日の過ごし方や当日の入り時間、
食べ物にも気を付ける必要もあります。

集中力と通ずるところもあり、
集中力を高めることができると
不安や緊張を抑えることができます。

不安、緊張がなくなれば、
もの凄い集中力を発揮することも
できるでしょう。


不安、緊張、集中力は隣り合わせにあるもので、
どれか一つでも欠けると、ベストパフォーマンスは
難しくなります。


自分に合う方法を見つけて行くことを
おすすめいたします。


不安、緊張を楽しめるようになる。
それがコントロールです。

それはもう、一流なのでは。。

やる気・集中力を高め、緊張を和らげる方法?サイキングアップ
いざ!本番前にカラダを動かしたり、大声を出したり、音楽を聴くことで集中力を高めて行く行動を『サイキングアップ』といいます。緊張を和らげる方法とは?

プラス思考を心掛ける

いつまでも練習のときのミスや間違いを
本番まで引きずってしまう、マイナスな思考。


マイナス感情をプラスの言葉で変えて
行かなくてはいけません。

マイナスな言葉をプラスの言葉で
上塗りするイメージでマイナスを消して行きます。

ペンキをローラーで塗っている、
塗装屋さん思い出してください!


あのイメージでマイナスな感情を
メモ帳になぐり書きして、プラスの言葉に
塗り替えて行きます。

これが一番の近道です。地道にゆっくりと、
行なってください!

マイナス思考をプラス思考に変えることは、
地道な作業です。

誰もやらないことをやる、誰もができないことをやる
それが一流、プロです。トライあるのみです。

いつも笑顔を心に、福来たる
カラダが疲れていたり、緊張、ストレス、体調不良のときには、笑顔などでません。笑顔は、見れません。一日の終わりに、一笑。一日一笑、習慣。

問題を解決して行く

問題点を一つ一つクリアすることを心がける。

出来ないことや悩み事なんでも気になることは、
必ず一つ一つクリアして行きます。

その一つ一つの積み重ねが自信になり、
クリアして行く先には相手に打ち勝つ、
アイデアや目標が浮かびます。

まさに塵も積もれば山となるのように、
小さな努力が重なり、多くのものが集まり溜まると、
堂々としたものが出来上がる。

小さな努力を積み重ね、堂々とライバルに、
立ち向かい見事な大輪の花となりましょう。。


諦めが悪いのも、才能です。
出来ないことを放っておくのではなく、
必ず、乗り越える。

どうしても乗り越えることの出来ない壁が、
存在するのも、確かです。


身体的な問題の理由とか不慮の事故な遭うなど、
難しい時もあります。その壁もその時に考えれば良いことで
また別の方法や道を探すことも可能です。

諦めない心、人生の道のどこかで必ず、必要になります。
持っておいても良いのではないでしょうか。

 イメージトレーニングのメリットと想像力を鍛える方法?
イメージトレーニングのメリット?デメリット?想像力を鍛える方法とは?イメトレが必要な理由がここに?

将来を見据えたメンタルトレーニング

ここでは将来(プロ)を考えているのであれば、
必ず必要になってきます。

これがデキているのと、いないのでは、
雲泥の差さが生まれることでしょう。

雲泥の差(うんでいのさ)とは、
=天と地の差。 大きくかけ離れた違い。月とすっぽん。

目標設定

目標設定の一択です。細かい目標設定を
一つ一つクリアして行く、これに限ります。


心・技・体は、全ての競技者に必要です。

技・体に関してはいつも行なわれている練習や
試合でもトレーニングは可能です。

しかし、心を強くしたいと望むのであれば、
書かなくては強くなれません。

もちろん普段の練習や試合で、心も鍛えられます。

それでもここぞ!という時に勝てないあなたに、
足りないものとは、何でしょうか。

自分を知らないことです。
自分というものを解っていないのです。

高校の某有名校といわれている所の部活動では、
先生との対話ノートや相談ノートなるものが存在します。。

あれはまさに理にかなっている方法で
選手(生徒)の目標、悩み、課題など、
なんでも相談できます。

普段、面と向かって言えないことも書けますし、
生徒本人が悩みの理解を深められる。
そして、先生からもアドバイスを頂けるという
生徒のやる気を引き出す、問題解決ノートでもあります。

書くことで、手を使い、目で確認し、
頭を使って文章を考え、脳から足のつま先まで
書いた内容(問題・目標など)を伝達してくれます。

自然とカラダ全体で問題に取り組んでいる、イメージです。


将来を見据えて頑張って行くという人には、
書くことが必要です。

ノートでも、手帳でもなんでも良いの、
自分のことを記入してください!

例えば、どこの、どのような場面で、
もの凄い緊張感に襲われて、自分の思うような
パフォーマンスが出来なかった?


そして、その緊張の理由の、なぜ?を、探して行き、
紙に書いて、眼で見て、カラダで確認したことを、
次の練習から本番でいかせるようなトレーニングに
繋げて行けると収穫ありです。

自分が望んでいる未来に、いま何が必要で、
何をするべきなのかが解るようになると、
どんどん自分からアイデアも湧いて来て、
目標に近づくための努力ができるようになります。


諦めない心、です。。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

気を付けるべき習慣

このような事を言うと怒られそうですが、
高校生と言っても、まだまだ子どもです。


世間のあらゆる誘惑に負け、将来を有望視されていた人が
去って行くのを何人か、見て来ました。


高校生活の過ごし方というのは、もの凄く大事です。


本気で何かにチャレンジしているときは、
まじめに、ストイックでなくては、
一流への道は険しいでしょう。。

生活の乱れは、心の乱れ!生活習慣が乱れていると、
心も乱れて来ます。

ちょっとしたことで人間の心は乱れます。
少し気を付ける必要性があるかもしれません。高校生。

夜中のブルーライト

ブルーライトを長時間や夜遅くまで見続ける習慣は、
考えものです。気を付けなくてはいけませんね。


特に球技と言われる競技を行なっているという人は、
時間とルールを決めて取り組む必要はあります。

集中力散漫や視力の低下なども起こり得ます。
「見過ぎ、やり過ぎ、行き過ぎ」過剰な3過ぎに、ご用心。


ボールが見え難くなり得る、ことも。。

食事を抜く

食事は朝・昼・晩としっかり摂る必要はあります。が、
スポーツ選手やアスリート、競技者のなかには、
日によって3食、食べれない人もおります。

なるべく3食を目指し、摂れない時には
どこかのタイミングで栄養補給をすると良いでしょう。


バナナ、プロテイン、ゼリー飲料など手軽に
栄養俸給できるものを摂って置くことを
おすすめいたします。

空腹の状態では、集中できません。
時間に余裕を待つ心がけが必要です。

不規則な生活リズム

スポーツ選手やアスリートが夜型で、勝てますか。
勝てる訳がありません。


夜に試合や大会はあるのでしょうか。
国内であれば、ほとんどの試合は昼間に行われます。


海外での試合であれば時差の関係もあり、
調子の良い選手もいるかもしれません。

海外での試合やオリンピックの代表に選ばれるには、
国内の選手に勝たなくてはいけませんね。


朝に強くなくては、代表になれる確率は
だいぶ落ち込むのではないでしょうか。

夜型で、寝るのはだいたい深夜という人は、
しっかりとした睡眠が取れているのか、疑わしいところです。


夜早く寝て、朝早く起きる習慣の人に、
夜型の人は力で、打ち勝つことが出来るのでしょうか。

怒りをコントロール

怒りをコントロール出来なくてはいけません。

上に行けば行くほど、
コントロール出来なくてはいけません。


たまに試合の終盤に怒りと共に、
逆転勝ちできたという事もあり得ます。が、

試合の途中で我を忘れるほど怒りが湧いて来て、
集中できなくなり、敗れた。のでは、悔しいだけです。

よくボクシングの試合で、たまに起こります。
殴られた拍子に我を忘れて、怒りが込み上げ、
カウンターを食らって、負ける。

なんてことも起こり得ます。気を付けたい所です。

怒りの原因には、食べものや睡眠不足、
ストレスなどからでも生まれます。

普段から気を付けることと、怒らない習慣を
身に付けて置くことが必要不可欠。


怒りをコントロールすることができると、
人生で得することが多いのは、確かです。


まずは、6秒ルール。

怒り始めたら6秒我慢する、6秒ルールや
気分を害すような人やモノから距離を
取ったりするのも良いです。


怒りをコントロールできると、
どんなお得が待ち受けているのでしょうか。

楽しみでなりません。。

6秒ルールとは、
脳科学で怒りにブレーキがかかるまで6秒と言われ、
それを過ぎると収まって行くとのこと。我慢ですね。

睡眠不足

睡眠不足では、何も出来ません。
食い気より眠気というぐらい大事なことです。


記憶力・集中力・注意力・判断力・免疫力の低下、
疲れ・ストレスなど睡眠不足というだけでも
カラダへの負担は甚大です。


人や年齢にもよりますが、私たち人間の睡眠時間は
6時間から8時間ぐらいが良いとされてます。


自分のベストな睡眠時間を知っておくことも、
アスリートになるという方には必要になります。

良い睡眠を心がけるには、早寝早起の習慣化、
そして日光を浴び、朝・昼・晩の食事を摂り、
運動をして、一日の終わりを入浴で締める。


このルーティンが、ほぼほぼ守られていると、
ぐっすり眠れます。

このルーティンに、食後のチョッと寝や就寝前の間食、
コーヒー・紅茶などのカフェイン摂取、そして、
布団に入って、ブルーライトの日光浴?ではありませんが、
そんな行動を取っていれば眠れるわけがありません。

どんどん元気になって行く、一方です。
生活習慣というのは、簡単に抜け出せるようで、
なかなか抜け出せません


日ごろから気を付けておきたいところです。。

規則正しい生活リズムに、メラトニンで調整する?
「時差ボケ」にならないようにするには?その地で、日の光のあるうちに活動し、規則正しい食事(朝・昼・晩)を摂ることで、無くして行きます。

ストレス解消

やはり高校生ともあると、いろいろと気を使い
部活動を行なっていると上下関係や部内騒動や
雑用ごとなどで、ストレスも溜まります。


そんな時のために一週間・二週間に1回ぐらいのペースで
ストレスを解消できるモノやコトが必要です!

その日は、すべてのことを忘れられることや
自分にとって気分スッキリ出来るモノが良いでしょう。

当時、私のストレス解消法といえば、
思いきりランニングで汗を掻き、
のんびりとお風呂に浸かることでした。


なんて、つまらない人間なんでしょう。。

これが一番私にとって、お金の掛からないとっておきの
ストレス解消法でした。


まだ高校生なので体力があり余っているのであれば、
これが一番のおすすめです。が、


部活で散々、走ってるからヤダー、なんて声が、
空耳かも。。


やはり一番は、デートかな。 。

みなさんもオンとオフの切り替え上手な人になってください!
生きて行く、コツかもしれません。

その他に、カラオケやボーリング、音楽を聴いたり、
ライブに出掛けたり、大勢で食事することなど、
いろいろあります。参考にされて見てはいかがでしょうか。

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。

まとめ

高校生にもなると、子どもと大人の境界、
狭間の状態です。

ときには子ども扱いされたり、
都合よく大人扱いされたりと、
もどかしく辛い年代でもあります。

義務教育から卒業して最初の学び舎。


何かにチャレンジし、ひた向きに頑張り、
有意義な3年間を過ごして頂きたいと思います。


高校生活に入る前に可能であれば、メンタルについて
学んで欲しいというのが私の本音ですが、中学生から
メンタルトレーニングの広がりを見せていないのが、
現実です。。が、

少しづつ動き始めているというのも
ちょこッと耳に、入って来てはおります。

高校生活3年間というのは、もの凄く大事な時期です。


恋人を作ってデートするのも良いでしょうし、
スポーツに本気で打ち込んでプロを目指すのも良いでしょう。

この3年間で人生を左右すると言っても
過言ではないほどの選択を迫られているのも、事実です。


大学に行ける頭がある人はいいです。
大学に行ってさらに4年間、人生の選択を考える
余地が出来ます。


高校生は就職か、進学かの大きな分岐点に
なり得ます。

そんな時、強いメンタルを持っていれば、
自信もって自分の進路を決めることが
出来るのではないでしょうか。

揺るがぬ心を身に付けれるアイテム!
メンタルトレーニング。。について、
深掘ってみるのも良いのではないでしょうか。

中学校の授業でメンタルトレーニングを学ぶ必要性?
中学生という多感な年頃で、メンタルのトレーニングが必要な理由とは?

タイトルとURLをコピーしました