メンタル

「歩く。」ことで、生まれる。~楽しい習慣作り~

  1. HOME >
  2. メンタル >

「歩く。」ことで、生まれる。~楽しい習慣作り~

「歩く。」ことで、楽しい習慣が生まれる。

あなたは、「歩く。」ことは、得意でしょうか。

ただ、ひたすら歩く長時間、歩く
長距離、歩く。ことは、できるでしょうか。

人」は、のんびりデキる時間を確保できると、
長時間、歩くことができます。


歩くことができない。」というかたは、
常に時間に追われて忙しい人。」
いつも早足で歩いている人。」は
長距離、「歩く。」ことは難しいのかもしれません。


陸上選手が「短距離走」は得意だけど、マラソンは苦手。
というようなタイプになります。


一日だけでよいです。ゆっくり自分のペースで
景色をみながら歩いてみて下さい。。

ほんま
ほんま

生まれ変わります。歩き終えたときの
「爽快感」は、ステージアップを
感じずにはいられません。



長時間、長距離、「歩こう。」と思うと、
「自分のペース」を掴むことができます。

自分のペースを理解できる。ということは、
自分を知ることができる。」

自分の体力、速度が分かる。」
いままで気が付けなかった自分と出会える。」
新たな自分に気付くことができます。



目的地を決めて、自分のペース配分で、
無理ぜず、疲れたら休む。ことを、

守りながら、「長距離ウォーキング」に
チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

はじめは、少しづつから徐々に
時間を伸ばして行き、家に帰り着いたときの、
「グッタリ、心地よい疲れ。」と、風呂上がりの

「ビール」や「アイス」をバク食いする気持ちよさを、
ぜひ!味わっていただきたいです。


そして、鏡に映る細くなった自分の顔に、
驚きを隠せなくなることでしょう。

目的地」を決め、軽く「散歩」に
出かける。気持ちで、「玄関の扉」を開き、

その扉の向こうに広がる
「面白くて、心地よい楽しい空間」を、
これから始まるあなたの、「希望の光」を、
じっくりと、味わっていただきたいです。

そして、
歩き終えたときの「爽快感」を思いきり堪能する。
あなたの「旅」の始まりです。ドキドキ、
ワクワクを感じて、いってらっしゃいませ。


きっと、癖になること請け合いです。




歩きながら、あなたの未来について想像しながら
歩かれてみても、よいのではないでしょうか。
>>未来で自分のなりたい姿をイメージする方法<<
きっと、やる気が湧いてくることでしょう。

長距離、「歩く」ことで生まれるデメリット。


長距離、歩く」ことで生まれてしまう、
デメリットとは。


「長距離、歩かなくてはいけない。」とか
「頑張らなくてはいけない。」などと
無理をしながら始めると、いろいろなところで
リバウンドが生じてしまいます。


ほんま
ほんま

私の場合は、「デメリット」に、
感じたことはありません。

「長距離、歩く。」ことを満喫でき、
景色」も眺めながら、「食べたいモノ」を、
好きなだけ食べて、楽しんで歩いているので、
イヤになることはありません。

いま現在も「長距離」「長時間」、
歩いてます。

ただ、 デメリットを1つだけ上げるとするならば、
季節」というのは、ものすごく大切です。


人」によって好きな季節があると思います。

春夏秋冬」すべての季節に歩く。ことは、
難しいかたもいるのではないでしょうか。


長距離、歩くのに「真冬」は、厳しく、辛いです。
寒さのあまり浮上する「
上着」の問題や、
歩いて、「
汗を掻いた」ときの寒さを
どう対処するのか。など、浮かんできます。

また、人によっても、夏は苦手。という人も
いることでしょう。

真冬」に「薄着」というのも「風邪を引く」恐れもあったり、
また、「
厚着」して行けば、「重さ」や「汗の量」などでも、
風邪を引く」リスクも考えられます。人によっては、
さまざまな考えかたがありますので、長距離、歩くときには、
自分のカラダと相談されることをオススメいたします。


私に関しましては、寒いのが苦手なので、
冬は長距離、歩かない。ことに決めました。

長距離ウォーキング。」に最適な「季節」は、
ご自分の「体質」などとも、ご相談のうえ、
行なわれるとよいでしょう。




ただし、「冬」になる。少し前の「秋」ごろ、
間食に「肉まん」「あんまん」なんて堪りませんよね。


秋の「紅葉」に、「肉まん」と「あんまん」を
片手に「ウォーキング。」なんて、最高です。



長距離、「歩く」のに、よい季節。

長時間、歩くのによい季節とは、「夏」です。


あなたは夏に歩くこと、デキるでしょうか。
人によって、「夏」は苦手というかたもいるでしょう。


しかし私は「夏」をおすすめいたします。
ではなぜ、夏がよいのか。と、言いますと。

食べたいモノは食べられる。長距離、歩けば、
汗もたくさん掻くこともできては綺麗で、
アイスを食べながら歩く。あまり「お行儀」は、
よろしくありませんが、ホントに気持ちが良くて、
堪りません。

そして、
歩き終わったら、ラーメンを食べたり
牛丼を食べたりと、「夏」は、最高です。



歩いて、食べてたくさん食べては、また歩く。の
繰り返しでは、プラスマイナスゼロな感じも
いたしますが、頑張ったあとの、ご褒美は明日へと
立ち向かうための「栄養」として、絶対必要になります。

その日の夜ぐらいたくさん食べてください。
たとえ「
太った」としてもまた歩けば、
よいことです。



そしてさらに家に着くなり、お風呂に浸かり、
疲れも取れて綺麗さっぱり、
グッスリ寝れること間違いなしです。


自分なりのペースで、楽しまれてみては
いかがでしょうか。

いままでの自分を変えたいというかたに
「夏」歩く。ことをものすごくオススメいたします。



あなたの人生、変わるかもしれません。
目的は、歩く「キッカケ」を作る。
習慣を作ることです。
歩いて、たくさん食べては、また歩く。

結果、歩くことが好きになっていれば、

私にとっても、あなたにとっても、
プラスになるのではないでしょうか。


長距離、「歩く」ときに必要なアイテム。



日焼け止め

日焼け止めは必須です。
のちのち、シミになることを考えると
日焼け止めは、塗っておいた方がよいでしょう。



「夏」であれば、こんがり小麦色の肌も、

よいのかもしれません。が、

夏も冬も紫外線は強いので、日焼け止めを
塗ってから出掛けられると、よいです



もし日焼け止めがない。肌にベタベタと
塗りたくない。というかたは、「帽子」や
「サンバイザー」「フェイスカバー」など
日焼け対策グッズは、たくさん発売されております。
ので、試されるとよいかもしれません。



一番安くて、カロリーゼロな、「水」。


最近の「水」は、おいしいものが多く、
歩き疲れたカラダを潤してくれます。



そして歩いているときの、「空腹を水で
埋める
。」ことにより、余計な食べモノの
摂取量も抑えられます。


「夏」のウォーキングの、「必需品」。
どんなときにも、すぐ飲めるように、
家を出るのと同時に必ず、持っておきたい。
アイテムになります。 



お金

何かあったときの必需品。ムリをされてはいけません。
昼食やおやつなどを、食べたくなったとき用に
必要最低限のお金は持っておいた方がよいでしょう。


食べて歩いて、歩いて食べて、
このバランスにも慣れて来ると楽しさが

「癖」になってきます。



歩くことが楽しくなり、アドレナリンも分泌されて、
遠くまで足を延ばし過ぎてしまうことがあります。


そしてなにも考えずに歩いた結果、自分が疲れている
ことを忘れてしまい、休憩を入れたときに
「ドッ」と、疲れがにじみ出てきて、歩いて帰る

ことができなくなることがあります。

そんなときにはムリをせずに、「電車」

タクシー」などを、使って帰りましょう。
目的は、歩く。歩き出すことです。

急用ができたり、疲れたとき用の帰りの交通費も、
計算に入れておくと、よいかもしれませんね。



磨きセット

ダイエットに、欠かせない歯磨き効果。
普段、経験があるのではないでしょうか。

歯を磨くと、モノを
食べたくなくなること。


食後、すぐに歯を磨くとスッキリして、
食べたい欲求にブレーキが掛かり、
食欲を抑えることができる。と、
痩せます。


歩いては食べて、すぐ歯を磨く。」
おすすめルーティンです。




これは私の必須アイテムですが
必要であればリュックにあまり重くならない
程度にプラスされて行かれるとよいです。



ウェットティッシュなどもあると
便利かもしれませんね。

「長距離」「長時間」歩いていると、喉が渇くので、
手軽く水分補給も必要です。



何かあった時のために、電車賃やタクシー代、
栄養ドリンク、軽食、水分補給などのために
お金は少し持っておいた方がよいでしょう。。

歩くことに慣れていないかたは、万が一のことを考えて、
病院での治療費やクスリ代なども備えていると、
はじめは安心できるのではないでしょうか。

たくさんのアロマの種類が乗っている画像
アロマテラピーが「心」と「からだ」のバランスに効果的。

続きを見る

長距離、「歩く」メリット。


充実感を得られて、痩せます

長距離・長時間、歩く。と、痩せます。

下半身を鍛えると健康になり、
健康のバロメーターとも言われている「足」。



元気がなく半分諦めていた私の叔母が
趣味で始めたウォーキング。その結果、
自然な笑顔を取り戻すまでに回復いたしました



馬鹿にはできない、「歩く。」こと。
第二の心臓とも言われている「ふくらはぎ。」

むくみ・冷え・だるさ、足裏の違和感や
歩くことに抵抗を感じるかたも、あなたのペースで
歩くことからはじめられてみてはいかがでしょうか。



歩くことの素晴らしさを、大切さを実感できます。
適度に汗を掻き、食欲も湧きあがる。疲れたカラダを
熱々お風呂にカラダを浮かべて、一日の疲れを取り去り、
すっきり疲れぎみのカラダを、フカフカの布団で、
ゆっくり静めゆく。そして、

次の日の朝、カラダのほどよい痛みと

ぐっすり寝たときの気だるい心地よさと、
充実感を、あなたも堪能してください。


きっと、生きている喜びとカラダの変化に、
喜びを隠せなくなる。のではないでしょうか。


食べモノの分別ができるようになる

疲れたときに食べたいモノや、元気なときに
食べたいモノ、自分の体質を知ることが
可能になります。

無駄な間食やダラダラ食いを、減らすことが
できるようになることでしょう。

「長時間」「長距離」歩いては、食べる。
食べては歩いて、また食べる。そして、歯を磨く。

このサイクルができ上がると、「人」は食べることを
抑える気持ちが湧いて来ます。そうなると、

「いまあなたが欲しているモノは、なんなのか?」を

考えて食べるようになります。たとえば、
いま「」が、もの凄く飲みたいけど、
もう少し進んだところに、おいしい「かき氷」の
お店があるから、「我慢しよう。」となります。

もうこのおいしい「かき氷」のお店まで我慢が
できるまでになったワケです。



いままで食べたいモノを好きなだけ食べていたあなたは、
もういません。歩くことで、食習慣も変わる。
食習慣が変わると、カラダも変化します。



「すっきりスリムに、痩せて行く。」

未来のあなたがもう見えている。のでは
ないでしょうか。


癖(くせ)になる

歩くことが「癖」になるとまた、歩きたく
なります。


歩かずにはいられなくなり、
自然と外に出てしまうかもしれません。



何もかも忘れて、 長時間、無心で歩くのですから、
あまりの気持ちよさに、また行きたくなります。


私はけっこう家に引きこもるタイプなので、
天気のよい日に突発的、衝動的に

歩いてしまうことがあります。。

ある程度、大人になると体力の衰えや運動不足に
なりがちです。

日光を浴びることで、体内でビタミンDを作り、
カルシウムの吸収を助けて骨を強くし、
免疫力を高めます。




歩くことが「癖」になっていると、自然と健康を
保てるということにもなりえるのです。
歩かなくては、いけませんね。



自信につながる

長距離、歩いた。ことが自信に繋がり、
モノごとをポジティブに考えることが
できるようにもなりえます。


歩きはじめる理由は、人によっても
さまざまです。

何らかの理由があって、せっかく前を向き、
歩きはじめたのです。小さな「目標」目的を達成して、
揺るぎない自信を手にすることでしょう。



はじめた理由が「ダイエット」「痩せたい。」という
思い。からだとして、「5㎏」でも「10kg」でも
痩せたのであれば、自信になります。

そして、歩くことで、いろいろなこと
制限ができる習慣が付いてくると、さらに
自信が付きます。


長時間、長距離、歩いた。のですから、
自信にしかなりません。。

その自信が前向きに働き、いろいろなコトに
チャレンジすることに繋がれば、もっとあなたが
輝き始めることになるのではないでしょうか。


生活習慣が変わる

長時間、長距離、歩くことで、生活習慣を
変えることができます。

一人になれる時間を持つことができ、また自分を

客観的、かつ俯瞰してみることも容易になります。



歩くコトで日光を浴びメラトニンを生成し、
汗を掻くことで血行もよくなり、健康的で
ダイエットにも効果的。


そして疲れて帰って来た後、ゆっくり湯船に浸かって、
ものまま布団に入れば、秒で寝落ちしてしまうのでは
ないでしょうか。


外に出て日光を浴びて歩くだけで、あなたの生活習慣は
変わり始めていると言えます。


日の光を浴び、メラトニンが夜に分泌されることにより、
自然な眠りに誘われ、あなたの体内時計も調整されるので、
イキイキとした健康なカラダを手にすることでしょう。

メラトニンで生活リズムを整える。
>>メラトニンについては、こちら<<



歩くことで、分かったこと。


時間の大切さがわかる

長時間、長距離、歩いて分かったこと。
それは時間の大切さが分かります。


まずあなたも歩いてみてください。
あまりの気持ちのよさに次回、歩く時間を
捻出するのが難しくなることがあります。




一週間の予定を週の前半でほぼほぼ片付け、
週末の土日のどちらかで、歩く。というように

しないと、なかなか長距離、歩く。のは難しいです。



恋人とのデートや買いモノ、趣味、
知り合いとのおしゃべりなどできることは、
すべてやり終えてから出掛けると、

本当の気持ちよさを実感することができます。

あなたも一日24時間では、足りない。と、
感じる日がそのうち訪れる。かもしれません。


歯磨きの大切さを痛感できる

歯を磨くと、モノを食べる気が起きなくなる。
ことに気が付けます。

よい歯磨き習慣ができ上がるでしょう。


何か食べた後の「歯磨き」習慣が身に付くと、
歯磨きの「面倒さ」に食べることも

「めんどくさくなる。」その結果、痩せます。


食べモノを何時間も食べ続けていたのでは、
虫歯の原因にもなる。ので、時間を決めた食事。
食後の歯磨き。は必須条件であるとのことです。

私のかかりつけ歯科医院の先生からの
歯磨き習慣です。そして、
生きて行くのに大切な歯。
大事にしなくてはいけませんね。



カラダにクビレができる

歩くことで腰がクビれてきます。

普通の平坦な道をダラダラ歩いているだけでは、
クビレなどできない。クビレができるまでには、

すごく時間がかかってしまうことでしょう。


もし平坦な道だけを「歩きたい。」というかたであれば、
「姿勢」を正し、しっかりと「腕」を振った歩きかたで

ないと、クビレを作るのは難しくなる。かもしれません。

私の歩いた道では、ダラダラお菓子を食べながら
長時間、長距離、いろいろなところや場所を歩き、
だらだらウォーキングでクビレてきます。

坂道や凸凹道、アップダウンの激しい山道など、
普通にダラダラ歩いているだけでもクビレてきます。


たとえば、あなたの住まいの近くにハイキングコースや
緩やかな坂道のような場所はないでしょうか。

そのようなところがあると、ダラダラ歩くだけで、
足を踏ん張り、手を振り、大きく腰をクネらせ、
汗をかく。ので、自然とクビレができてしまう。
ということになります。 

もし自宅の近くにハイキングコースのような
ところがあれば、その日のウォーキングの
最終関門としてアイスでも食べながら挑むのも
よいかもしれません。


嫌な事を忘れることができる

普段、他人と無駄な争いをしていることに
気付かされます。


長時間、歩いた。経験が自信になり、
凝り固まった考え方にゆとりができます。

歩くことで体力も付き、自然にも触れ、
ゆったりと大きな心を手に入れ、小さなことで

悩んでいた自分に、気が付くことでしょう。

夏場のウォーキングはものすごく汗を掻くことが
デキるので、普段のストレス解消やカラダの毒素、
老廃物を流し去る。デトックス効果も期待できます。

歩き始めた頃の私は、体重80㎏ありました。
持ち前の「めんどくさがり」が災いしての、

有り様です。

食べることが好きで好きで、
どうしようもなかったあのころ。
長時間・長距離、歩いた。甲斐あって、

いまでは50㎏台まで落とせました。

長時間、長距離、歩く。ことで習慣、価値観、
いろいろなものを削ぎ落して行けました。

歩くことで、変わって行く自分に気がつき、
変化していることが、楽しくてワクワクして来ます。



あなたも気持ちのよい変化を体験されてみては
いかがでしょうか。


きっと、歩くことが「癖」になっている
ことでしょう。「かき氷」ではないことを
祈るばかりです。。

未来をイメージする女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

-メンタル
-