メンタル

笑顔とファッション。あなたの魅力を高めているものとは、

笑顔とファッション、あなたの魅力を高めているものとは?

私たちは、人を外見で判断しがちです。

耳にピアス!鼻にピアス!ある人は、ヘソにピアス?
ホントに、痛くないのでしょうか?

ファッションを極める?のは、
いつの時代でも「命がけ」です。

「女性のファッション}で言わせて頂くと、
「真冬にミニスカート」

「中学生・高校生」であれば、真冬に股下15センチ程の
「短パン」や「キュロット」、
こちらも寒さを感じてしまうほどの短さです。


少し心配ではありますが、
風邪など、引かないことを祈りつつ、、


「男性のファッション」でも、
「白」スーツや「黒」スーツまたは、
「金の絵柄」や「和柄のダボついたジャージ」を
着た人が前から来ると、「おっ来たなー、」なんて、
感じますよね。


「ヤンキー系」の服装がカッコよく感じたり、着やすさもあり、
常にヤンキー系ジャージで行動している知り合いがおります。


その知り合いは、いつの時代も、学生の時も、まったくの
真面目に!秀才くん!で「ヤンキー」とは、ほど遠い感じの人間です。


服装や外見で、その人のイメージというものを,
「人」は勝手に印象だけで判断してしまうものです。

ただ、そのような服装を選んだのが着ている本人であれば、
イメージ通りの「心持ち」や「素質」「憧れ」みたいなものは
備わっている。ということが言えます。


服のイメージというのも、
あながち間違っていないところも。。


ほんま

初対面で「好みの異性」を逃さない。と、思うのであれば、
外出時の「服装」や「外見」は、かなり大切です。


いつ?どこで?好みの「人」に逢うか?
すれ違うか?解りません。


いつどんな時でも、多少なりとも「小奇麗」にして
外出された方が好意的な眼差しで見ている人が
近くにいるかもしれません。



あまりにも「服装」や「外見」を気にせず、
ノーガードで出かけていると、最大のチャンスを
逃す可能性も。。


気を付けたいですね。

あなたが感じる魅力的な人とは?


僕はあまり「カッコイイ」とは、無縁だ?
私は「美人」でもないし、
「魅力的な女性」になんて、なれない?

なんて考えている人は?

ほんま

けっこう、多いのではないでしょうか。

皆さんが思う「魅力的な人」とは、
どのような人を言うのでしょうか?

魅力とは、
人の心を「夢中」にさせ、人を
「引きつける力」のことを言います。

「外見的」な魅力だけに限らず、「内面的」な部分も
合わせて魅力的な「人」に付いて、探って行きたいと思います。


魅力的な人とは

髪の毛に清潔感がある。(身だしなみ)

髪型や服装、身だしなみが整っている人には
清潔感があり、とても魅力的です。

髪の毛の清潔感とは、色や健康的な見た目、
生き生きとしたツヤのある髪の毛の人をいいます。


「男性」であれば、髪の毛の清潔感であったり、
髭の手入れであったりと不精にしていると
清潔感は失われ、

「女性」であれば、髪の毛のお手入れだけでも
かなりの清潔感が生まれます。


お風呂に入った時のシャンプーやリンス、
トリートメントなどを行ない、パサつきを抑え、
お風呂上がりのドライヤーなどのお手入れは、必要不可欠。



髪の毛を清潔に保つという意欲が、カラダの
他の部分も清潔にする気持ちが湧きおこります。


匂い(香り)や肌(ツヤ)、爪(ネイル)、
メイク(化粧)などに気を使い始めたら、
あなたの「魅力」は、どんどん湧き上がって
行くことでしょう。相乗効果です。



男性も女性も髪の毛の清潔感で、
あなたの印象は、かなり変わります。


髪の毛が不潔な人と一緒に歩きたい。
一緒に暮らしたいと思うでしょうか。


ほんま

髪の毛のお手入れは、必須!かもしれませんね。


程よく真面目である

仕事とプライベートの切り替えがデキる人は
魅力的な人が多いです。

たまにいるのですが、休憩の時と同じテンションで仕事に入り、
けっこうな時間を「そのテンション!」で
仕事している二人ないし、三人組。


プライベートと仕事を意識的に、切り替えのできる人は
冷静で安心感や落ち着いたイメージを感じさせ、とても魅力的です。。



たまに私の職場に出勤時間ギリギリで
パンやお菓子をかじりながら急いで来る人がいるのですが、
もの凄くマイナスなイメージ?な感じがしてしまいます。


とても、残念な方ですね。

その人は、とても可愛く、見ると安心できる存在ではあるのですが、
魅力的か?と言われると、魅力を感じません。


これは、あくまでも私は、ですが、
他でも同意見の方が、けっこうおります。

ほっとする?安心感みたいなものを持ってはいるのですが、
自分の魅力に本人が気づいていないのかもしれません。


年齢的な所でもありますが、食事を歩きながら食べるのは、
胃腸や消化の問題、歯などにもあまり良くありません。


食事は、座って、ゆっくり、よく噛んで、
食べることを、おすすめ致します。


時間の配分ができないのですね。残念なひとですね。

きもちよく「挨拶」ができる

「挨拶」は当然、当たり前という人は多いのではないでしょうか。

この当たり前で、当然なことができない人がいるのも確かです。


ただ「会社」であれば、ほぼ毎日同じ人と会うので、
たまに忘れることがあっても仕方ありませんが、

ただ魅力のある人は、会うたびに挨拶します。
その辺の違いなだけですが、大きな違いにも取れます。


人間的にしっかりしている人は、確かに
礼儀正しいです。


ほんま

私も見習わなくては、イケナイところですが、
いがいに曖昧、適当、優柔不断なところも。

私に関しては、少しづつ気を付けて行くといたしまして、、


この前、入社した人がまったく挨拶のできない方で、
何でしょうか。緊張しているか?

もしくは、会社を判断している?

緊張している?にもほどがあるくらいな感じで、
挨拶できない人が「人の親」になれるのでしょうか?
なんて、考えてしまいます。

または、長く続けて行けそうな「会社」なのか、
様子を見ている?のかもしれませんね。



挨拶できない人には、そんな「心理」も隠れている可能性も?

早く人間的魅力をたくさん身に付けて、
たくさんの幸せを「人生」で感じて頂きたいものです。

「ありがとうございます。」「おはようございます。」
「お疲れ様です。」「お疲れ様でした。」など、

最低限の挨拶ぐらいはできない人に、魅力を感じる人は?
いない。かもしれません。



もし、「挨拶もできない人」に、魅力を感じる人が
いるとするならば、低いレベルで励まし合っている?
としか言えない。のではないでしょうか。

性格の良さが垣間見える


性格の良い人は、魅力的で人を引きつける。
人が集まって来る。結果、「人」を呼ぶ。
ことになります。

自然に、他人への気遣いはもちろん、相手の変化にも気が付き、
広い視野や優しい心の持ち主でもあります。


自然と、このような行動ができるのですから、
周りが放っておかないです。


他人への気配りや思いやりのある人に
魅力」を感じない人はいません。



常に周りを意識することは、
なかなか難しいです。

「噓偽り」「その場しのぎの優しさ」や
分かりきった「気遣い」というものは、
他人には伝わり、「わざとらしさ」というものは、
バレバレだということです。

根っからの良い性格の人というのは、
勝手に、無意識に行動できてしまう
カッコ良さを持ち合わせています。

自然に、無意識に、気取らず、飾らず、
他人の為に行動できる人は
「男・女」関係なく『魅力的』です。

逆の見方をすると
他人の良い所を探せた?というあなた、
あなたも良い性格の持ち主であることが言えます。

人は他人の「欠点」に目が向きがちですが、
他人の良い所に気付ける視点が
備わってる自分を褒めて上げてください。

「他人の良い所を探せる人」にも、
性格の良さを感じてなりません。


魅力的な人という噂になるまで、
あと少しです。

自然な「笑顔」を持っている。

笑顔には、力があります。相手を幸せにします。


「笑顔の人」は、話し易く他人からすると、
私も受け入れてもらえるような
感じがして、近づき易かったりします。


笑顔の人には、「ポジティブ」に、
どのような会話にも、柔軟に対応でき、
「プラス」な気持ちにさせてくれます。

男性女性でも笑顔の感じ方に違いはありますが、
男性であれば、優しさであったり、女性であれば可愛さが
際立ったり、笑顔には魅力的な力があります。


ひとりの笑顔がパッと周りを明るくし、仏頂面だった人も、
泣いていた人も、悲しみにさよなら、できます。       


笑顔には、人それぞれに違いはありますが、
他人を魅了する「魔法の色気」がある。
のかもしれませんね。

綺麗な肌を持っている。

いつ見ても「キレイな肌」に、「ツヤ肌」の方には、
見とれてしまうほどの魅力を感じずにはいられません。


これは女性に多いですが?なかなか男性で透明感、
清潔感や健康的な「美肌」を守っている人は少ないです。


女性で肌の綺麗な人には、スキンケアから食事の管理、
睡眠などで美肌を守る。など、陰ながらの努力の賜物が
自信となり、「人」を引きつけます。


面と向かって話しているときに、「人」は、
必ず「顔」を見ます。


「綺麗な肌」には、自然と見とれるほどの素晴らしい魅力があり、
男性でも女性でも綺麗に越したことはないです。が、


綺麗な肌を保つのは、大変です。

ほんま

私も一時、「美」を志した時がありましたが、
生活習慣の悪さやあまりの不健康さに、
「秒」で挫折しました。



少しのストレスなどを感じれば「おでき?」や
「ニキビ?」などの吹き出物が表れ、睡眠不足に
暴飲暴食などでも、お肌に影響を与えます。


そのことだけでも大変なのに、それでも肌の綺麗さを
キープできるのですから、他人を「魅了」する訳です。



「キレイな肌」を持っている人には、
魅力を感じてなりません。


チャレンジが精神旺盛である。

何かにチャレンジすることは、
「人」を魅力的にさせます。


何かに夢中になっている人は、輝いてます。


一度、チャレンジ精神に火が付くと、
次から次へとチャレンジの習慣が身に付き、
チャレンジすることが当たり前になります。

常に何かに挑戦しているという人は、
外見的にも、内面的にも成長でき、
メリハリのある生活を送ることが可能です。


何かに挑戦し、顔つきが変わった人には、
魅力しか感じません。

チャレンジすることが自信になり、自信が付けば、
大きく胸を張り、背筋も伸びて、カッコイイとしか
言えないほどの魅力が、カラダ全体に表れます。


挑戦することで、「自信」と「魅力」「幸せ」など、
他にも多くのものを手にすることができるでしょう。

「自信が魅力を育て、魅力が自信になる」。
ということですね。

 

自然にポジティブ思考が生まれる。


自分の殻に閉じこもり、相手に
コミュニケーションを取るスペース
すら与えないほど、生き難そうな人をたまに見かけます。

大丈夫?って思ってしまいます。


そしてまた、
いつも落ち着き、冷静でゆったりと
緊張感を緩めた人がいます。



前向きで、時折、明るい雰囲気も持ち合わせており、
とてもポジティブな考え方の人。



隣にいても安心できて、もの凄い影響力に、
元気付けられ、こんな人もいるのだと、感心するばかりです。




言葉のチョイスも「最低」ではなく、
素晴らしい・ベスト・最高・素敵・凄いなどを
多様します。


いつも自然な「ポジティブ」が
魅力的。



いつも、自然に「ネガティブ」に陥りがちな人も、
自然な「ポジティブ」を手に入れる。ことが大切ですね。


「品」があり知性的である。

「品」があり、知的な人には、
私が生きてきたなかで、出逢った試しがありません。


知的であっても、「品」がなかったり、
「品」はあるけど、「知的」ではない?
バカっぽい人?という方はおりました。


私の出逢った!「品」があって、知性的な人とは、
「言葉使い」も綺麗で、「所作」「行動」「身なり」も
整い「下品」な印象がなく、もの知りです。


ホント、魅力的!でしかありません。


「内面」の美しさ、歩いているときの「姿勢」の良さ、
「ヒップラインの美しさ」や他人(ひと)よりも高い
「腰」の位置は、とても魅力です。


そして、
「品の良さ」プラス、「頭の回転の速さ」「知識欲旺盛」で、
貪欲な「教養・教育」の精神には、「男・女」関係なく、
「魅力」を感じます。


「人」と「人」が接して生きて行くには、
多少、「品」が無くてはなりません。

ほんま

そう感じているのは、私だけでしょうか?


ここで言う「品」とは、
「人」や「モノ」に備わる。好ましい品格、
品質のことを言っております。

「階級の高い人」のことを言っている?のではありません。ので、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。



私たち一般人でも、持っていなくていけない。
「品」というものが存在するということです。


一般的な常識などは、備えておきたいものですね。

まとめ

人はどうしても「見た目」
「外見」で判断してしまいがちです。

魅力的な人は、「人」を呼びます。
たくさんの「人」を呼び込みます。




「人」の魅力には、「人」それぞれいろいろです。


ファッションセンスであったり、性格の良さ、
身体的な能力、笑顔など、さまざまです。

ということは、

自分の自信のあるものを磨けば
魅力的な人間に、誰でもなれる。という事です。



持って生まれたもので魅力を出して行く「人」もいれば、
この先の自分の努力で磨きを掛けることで、
「魅力」を磨くこともできる訳です。


「人」はいつも「男性・女性」お互いに、安心・安定を求め、
冷静で落ち着きを持ち合わせた「人」に魅力を感じます。



男性・女性でも「魅力的」な部分は違うものです。
「優しい人」に、魅力を感じる「人」は多いのではないでしょうか。


優しさは、魅力です。




人それぞれの個性で自分の魅力を、ひとり一人が、
磨いて行けると自然とあなたに魅力を感じる人が
表れるのではないでしょうか。


●色の心理

=やる気・リーダーシップ
=平和主義・クール・冷たいひと
=明るくて・天真爛漫・元気・知識欲旺盛
=平和主義・穏やか・生命力
・白=完璧主義・純粋・まっすぐ
=芸術家・ミステリアス・セクシー
=我が強い・ストイック・孤独
水色=繊細・器用貧乏・飽きっぽい
紺色=真面目・リーダーシップ・集中力
灰色=適応能力・努力家・穏やか

茶色=安定・堅実・頑固
ピンク=優しい・協調性・母性・思いやり
オレンジ=親切・社交性・支配欲

「他人(ひと)」はあなたの着ている「服の色」でも、
人間性を見ています。



「着ている服の色」でも、いま現在の「心理状態」を
探ることもできます。


好みの人のサポートや精神、心境、性格にも役立ち、
外見的な所と内面的な部分でも、たくさんの判断材料になり得ます。

相手の隠れた魅力に、気付くことも、
可能に。



努力を欠かさない、あなたのストイックさも?
「あなたの魅力」です。

笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

 

-メンタル
-