新着記事

2022/10/1

あなたの「質」を上げているもの?「クオリティ・オブ・ライフ」。

「柔軟性にあふれた」心を育てる いま成長期にいる子供たちには、「発育」「発達」に必要である科学的に基づいた、たくさんの栄養を体(からだ)に取り込まなくてはなりません。 成長期でもある子供たちの「栄養の偏り」「栄養の不足」が、「発育」「発達」「健康」に支障をきたし、思わねトラブルを招くなんてことも、あり得ます。 目まぐるしく変化する社会に対応して行くには、体(からだ)の健康が有ってこそ成り立ちます。 さまざまな「出来事」に、自分の意思で立ち向かって行く「能力」や他人と一緒に「協力」して作業する「柔軟な心」も ...

ReadMore

2022/9/24

その「食生活」が、イライラを抑える!メタボになる原因と「着色料」について。

その食生活が、イライラを抑える。メタボになる原因とは? 生活習慣病の一つに、「メタボリックシンドローム」が挙がります。 メタボリックシンドロームとは、なんでしょう? 10代~30代までの太り方と、40代からの太り方に、違いが生じる? 食事後のお腹周りが違う感覚?少量の食事でも、お腹に「ズン」と、のしかかる。「満腹感」「張り」の違いを、覚えはじめたならば、それがまさに「メタボ」です。 10代のときの太り方は、「表面的」に太っている?感じですが、40代になると、お腹周りに「身の厚み」を感じる感覚。 どちらかと ...

ReadMore

2022/9/11

笑顔とファッション。あなたの魅力を高めているものとは、

笑顔とファッション、あなたの魅力を高めているものとは? 私たちは、人を外見で判断しがちです。 耳にピアス!鼻にピアス!ある人は、ヘソにピアス?ホントに、痛くないのでしょうか? ファッションを極める?のは、いつの時代でも「命がけ」です。 「女性のファッション}で言わせて頂くと、「真冬にミニスカート」 「中学生・高校生」であれば、真冬に股下15センチ程の「短パン」や「キュロット」、こちらも寒さを感じてしまうほどの短さです。 少し心配ではありますが、風邪など、引かないことを祈りつつ、、 「男性のファッション」で ...

ReadMore

2022/9/7

魔法の言葉、『まいっか。』

魔法の言葉、『まいっか。』 ま、いいや。ま、いいか。 いいのか。いいでしょ。いいっしょッ?どうでも、いいっしょッ。 どっちでもいいか?の、どれでもない! 「ま、いっか。」「まいっか。」不思議な言葉「ま、いいか。」「ま、いっか。」 こちらでは、この「まいっか。」で、行かせて頂きますので、よろしくお願いします。 「ま、いっか。」の「ま」を取り除き「いっか。」を多発してしまいます。 ここでも面倒くさがりな所が出てしまうほどの、ありさまです。 「いっか!」という言い方、憶えて置くと以外に使えます。 女性が使えば、 ...

ReadMore

2022/9/6

3R。~いま私たちが求められているものとは~

環境を考えた、食を管理する能力を身に付ける 最近の子どもたちの「食生活」を考えると、社会の環境、変化に伴って「食事を摂らない(欠食)」や「ひとりぼっちの食事(孤食)」が増えています。 それにより、「栄養の偏り」が大変、目立っているとのこと。。 将来的にも生活習慣病になり得る可能性を秘めており、主な「生活習慣病」として、「肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症」などが挙がります。 「栄養」「食事の基本」を学び、自ら「食べるものを考え」「食」を管理する能力が、いま求められております。 そして、食品ロス(フードロス)、 ...

ReadMore