メンタル

魔法の言葉、『まいっか。』

魔法の言葉、『まいっか。』

ま、いいや。ま、いいか

いいのか。いいでしょ。

いいっしょッ?
どうでも、いいっしょッ。

どっちでもいいか?の、どれでもない!


『ま、いっか。』『まいっか。』
不思議な言葉『ま、いいか。』『ま、いっか。』



本日はこちらの『まいっか。』で、
行かせて頂きますので、よろしくお願いします。


私は『まいっか。
』というよりは
『いっか。』と使います。




『ま、いっか。』の『ま』を取り除き
『いっか。』を多発してしまいます。



ここでも面倒くさがりな所が

出てしまう始末です。


『まいっか。』の『ま』が面倒で
『いっか。』になりました。


『いっか!』という言い方、憶えて置くと
以外に使えます。


女性が使えば、男性に可愛く思われ、
男性が使えば、あまり細かいことを深く考えない、
男らしい人と思われ、好感度は抜群に上がります。




『いっか。』を流行らそうと、

目論(もくろ)んでいます。が、
もしかすると若者は、もう使っている?のかも。



それでは気を取り直して

『まいっか。』でいきましょう。


魔法の言葉、『まいっか。』

『まいっか。』の使用例

・遅刻したけど『まいっか。』
明日は遅れないようにしよう。

・今日はミスしたけど『まいっか。』

明日はミスらない。

・上司に怒られたけど『まいっか。』

今度は怒られないように頑張ろう。

・朝、ベットで目を覚まし、

また、ゆっくりと瞳を閉じたとき『まいっか。』

・起きたいけど、起きれない『まいっか。』寝よ。


・選択を間違えて少し後悔したけど、

『まいっか。』大丈夫。

※少しの悩みや不安を和らげてくれる時の

『まいっか。』摩訶不思議です。

『まいっか。』のメリット

・その日の嫌なことを忘れさせてくれる。

・失敗した出来事を楽な気持ちにさせてくれる。


・また、次も頑張ろうと思える。

・ちょっとした連絡や約束を、明日でも『いいや!』と
おおらかな心を持たせてくれる。



『まいっか。』には、今日一日の出来事を
忘れさせてくれる。不思議な言葉です。まいっか。


今日も一日、いろいろなことがあったけど、
一日の終わりを『まいっか。』で締めくくる。



また明日も、頑張ろう。」と、

意欲的なムズムズ感を与えてくれます。


『まいっか。』マジック!

とても価値のある言葉です。

笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

『まいっか。』のデメリット

・会社の先輩や年上の人には
気軽に『まいっか。』とは、使えない。

※「まいっか」を口にすると不思議そうな顔をされたり、

睨(にら)みが入った感じで、「馬鹿にしてるの?」などと思われ、
ニヤケ笑いをするような人もいるので、気を付けたいところです。


・何も考えていないように思われ、

軽い人間に見られる。


・出世や会社で上に行けば行くほど

『まいっか。』とは言えない。使えない。


責任ある立場になると、
『まいっか。』とは、言い難いものです。



この魔法の言葉『まいっか。』に

デメリットは、ほとんど見当たらないです。

あるとするならば会社や人が多く集まるような場所での
まいっか。」は、
周りにいる人から引かれてしまう?
こともあるので注意が必要かもれません。



不意の『まいっか。』はいけませんね。



自分に向けて、悩みや不安の軽減に

「まいっか。」を発するのであれば、問題ありません。

『まいっか。』と思えるとき

・天気がよいとき。

・いいことがあったとき。

・デートの後の、お風呂上がりのニヤケ顔のとき。


・給料日のとき。


・気分がスッキリしたとき。

・今日、好きな人と会話がデキたときの帰り道。


気持ち(心)が高ぶっている時やウキウキしたときなど、
勢い任せに『まいっか。』と叫びましょう



気持ちいい、笑顔が溢れます。
「まー、いっかぁ~~~~。。」って。。

『まいっか。』と思えないとき

・寝不足でイライラしているとき。

・休みも無く働き詰めのとき。

・限界寸前の疲労感のとき。


・『彼氏、彼女』と喧嘩したとき。


・彼氏や彼女に振られたとき
は、『まいっか。』と
思えないけど、時間が経つにつれ
『まいっか。』って、思えるとよいですね。



・激しい頭痛に襲われているとき。


・極度に機嫌が悪いとき。

・「彼氏、彼女」に会えると思って、
ずっと待っていたけど、
待ちくたびれたとき。

・物凄い寒さに襲われたとき。



・会社で責任を取れと言われたときでも、
『まいっか。』と思えるようになると大物です。


・長年、付き合った彼氏・彼女と
お別れしたとき。

・「生活・経済・仕事」に余裕がないとき。



本当に辛いときや悲しいときは『まいっか。』
なんて思えないときもあると思います。



それでも心に『まいっか。』を、
入れておいて欲しいです。



きっと、なにかが変わります。

座右の銘、『まいっか。』

自分の中で意見や考えの葛藤と
対峙した時に、人は悩みます。


そんな頭の痛くなるようなことを考えても

仕方ないと思った時に『まいっか。』と
使って見てください。



はじめは私もそうでしたが、『まいっか。』なんて、

言ってる場合じゃない。

まいっか。』なんて思っていたら生きて
行けなくなると考えていました。




20代です。まだ、ぜんぜん世間や

社会など理解していないとき

私の20代の時は、生きて行くだけで精一杯で
周りを見渡す余裕すらありませんでした。


なかなかそんなときに『まいっか。』とは、

正直、出てきません。


「まぁ、いいのかな~。」ぐらいです。
『まいっか。』なんて歯切れよく、言えません




世の中に存在するほとんどのことは、
大したことないと、思い始めるまで

まいっか。」と開き直るのは、なかなか難しいです。



もし、今いる場所が合わなくて、

耐えられない」ときは、逃げてください。


逃げても『いっか。』
変わっても『いっか。』

また次、頑張れば、『いっか。』です。



そうこうしている間に

居心地よい場所が見つかります。


そしたらまた、
ここで『いっか。』

笑いながらここで、
「いっか、いっか、まいっか。」と、。



まいっか。』の言葉一つで楽観的に、
どんなときでも『まいっか。』と、心の選択肢に
加えて見ても良いのではないでしょうか。




座右の銘、『まいっか。』に

なっているかもしれませんね。。

布で顔を隠す女性
めんどくさがりを改善する方法。「特徴まとめ」

続きを見る

 

-メンタル
-