アロマテラピーが心と体のバランスに効果的な訳とは?

リラクセーション

アロマテラピーが心と体のバランスに効果的?

日々の暮らしの中で、時間に追われ、人に追われ、
電車に揺られること一時間?なんて、ざらな
生活を送られているのではないでしょうか? 


人には追われないか..人込みに揉まれかな?



大変、忙しい日々を過ごし、時間に
追いまわされているのではないでしょうか。。



仕事のストレスや煩わしい人間関係などや
主婦の方であれば、家事や子育てを含めた夫婦仲の問題など
ストレスによるイライラも募るばかりであります。



普段のリラックスタイムは、どのように
過ごされているのでしょうか?



なかなか分刻みでハードなスケジュールで
行動されている方は、あまりゆっくりは、
できないですね。。


そんな時のお風呂上りやティータイムの時などに
アロマ』に触れて見るのも良いかと思います。

アロマ』で、最近は楽しむ人は少ないのでしょうか。

アロマオイルやお香などは、ただ香りが良いだけではなく
脳にも刺激を与えて、ホルモン分泌にも影響を与えます。


そして、、
『心の落ち着き』や『高揚感』などの効果もあり、その効果や香りを
楽しむ為に使用される方も増えております。

  恋愛が成就する、コミュニケーション術とは?
感情も人によって、変わって来ます。第一印象で、『なんか?この人とは合わない?』と感じたことはありませんか?その感じはだいたい正解で、当たります。なぜ?

私は『アロマ』というよりは『お香』の煙の感じが
好きでお香をたまに焚くのですが、「アロマテラピーの資格」を
一度、考えたぐらいハマった時もありました。



今は忙しいさもあり、ラベンダーの香りのする
『お香』を使用しています。

『ラベンダー』の香りには安眠効果やストレスを感じた時の
イライラや不安、悩みなどを和らげる「鎮静効果」などもあり
気分的にもゆったりと落ち着きを与えてくれます。


ラベンダーには「虫よけ効果」もあり、「蚊取り線香」に
ラベンダーの香りもあり、夏場は大変、助かっております。



夏場はラベンダーの香りで蚊も撃退し、
香りに癒されて、一石二鳥なアイテムで、必需品です。



セルフコントロールを行うのにも、
香りは良い効果があります。



自分に合う香りと効能などもたくさんありますので、
少しだけお付き合い頂けるとありがたいです。。



アロマテラピーのお話しをして行きたいのですが、
忘れかけているアロマテラピーの記憶を思い出しながら
進めて行きますので、宜しくお願い致します。

アロマテラピーにもセルフコントロール的な要素も
含まれていて、ほんの少しではありますが、
ご紹介して行ければと思います。

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。

アロマテラピー 

『アロマテラピー』には、やる気や安らぎ・記憶力、集中力などに
良いというものもあります。


アロマオイルには、たくさんの種類があり、
200~300種類ぐらいあると言われています。



たくさんの種類があるだけあって、
物凄く奥深いです。。



まず、『アロマオイル』でも『お香』でも、どちらでも
取り組み易い方から始めて見てはいかがでしょうか。


アロマオイルには自分を癒し・リフレッシュ・気分転換
・集中力アップなどたくさんの効果が期待できます。

たくさんの種類があり、たくさんの効能・効果も期待できるので
自分の体のコントロールにも役立て行けることでしょう。

『アロマ』とは

アロマ(aroma):香りや芳香などという意味や芸術的な気品で上品。
極めて良いおもむきや素晴らしい味わいという意味でも使われます。

『1920年フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが実験室で
火傷(やけど)したときに、ラベンダー油を傷口に塗ったところみごとに
回復したことから、精油(エッセンシャルオイル)研究をきっかけに、
ルネ・モーリス・ガットフォセによって、1927年「アロマテラピー」が
世にで始めたとのことです。』

「アロマセラピー」は1937年頃,精油(エッセンシャルオイル)の研究をしていた、
フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによって生み出された言葉で、
アロマ(Aroma=芳香)テラピー(Therapy=療法)を合わせた造語であります。



そして、
アロマテラピー(Aromatherapy=芳香療法)と言われるようになりました。

フランスの発音は『テラピー』で、イギリスの発音は『セラピー』ですが、
本来は意味が異なると言われております。

日本でも同じ芳香療法として示されることが多いようですが、
なかには違うモノであるという方もおり、『アロマ』は、
奥深いということでもあります。

『アロマテラピー』は植物の香りで、嗅覚を刺激することにより、
身体に安らぎとエネルギーを与え活動的にさせ、
身体のコンディションを整えて行く療法。


鼻から嗅いだ香りが、鼻の中の細胞を通り、脳を刺激することにより、
『元気になったり』『眠くなったり』『落ち着いたり・静まったり』と
効果をもたらします。

また、ストレスにより、心身症、呼吸器官、循環器官、消化器官や美容、ホルモン、
免疫などの治療にも効果があるとの報告もされており、非常にメンタル面でも、
あなたの支えになること間違いなしです。

いつも笑顔を心に、福来たる
カラダが疲れていたり、緊張、ストレス、体調不良のときには、笑顔などでません。笑顔は、見れません。一日の終わりに、一笑。一日一笑、習慣。


アロマテラピーには、
杉・檜などの『樹木系』オレンジ・レモンの『くだもの系
ラベンダー・ジャスミンの『フローラル芳香系
ローズマリー・ペパーミントの『ハーブ系』などがあります。



『花・葉・茎・根・樹皮・果皮・種子』などに存在する天然の液体を
抽出した100%天然オイルの精油(エッセンシャルオイル)が使用されています。



最近ではエステ化粧品などに取り入れらていたり、
アロマバスとして利用されている方もおります。

身体のリフレッシュ美容・虫よけスプレーにも
取り入れている方もいます。


アロマオイルは幅広い用途に用いられ活躍されていて、
最近では、『ドン・キホーテ』の一角にも置かれており、
たくさんの方がお目にかかれるほど身近になってまいりました。

これからますます拡大して行き、多くの方へ浸透して行くようになると
人間関係による、いざこざも多少は軽減できるようになるかもしれません。


アロマの習慣、香りを楽しむリラックスタイムなど、一日一回、日々の暮らしの中に
取り入れて行ける余裕のある環境が理想の暮らしではないでしょうか。



居心地の良い空間を手に入れた後は、、

婚活もしたい!ダイエットもしたい!そんなあなたを…

柔かいぬくもりを感じさせてくれる、ロマンスが待っています。。

『アロマの効果・種類』一覧

※胃腸の不調に

オレンジスイート、ブラックペッパー、ローズマリー、ベルガモット、
フランキンセンス、ローマンカモミール、ラベンダー、グレープフルーツ、
フェンネル、マンダリン、レモングラス、ジンジャー 、ペパーミント、
スイートマジョラム

※冷え性に良い

グレープフルーツ、ジンジャー、ヒノキ、ゼラニウム、
ラベンダー、ローズマリー、スイートマジョラム、ジュニパー、
ローズマリーシネオール、

※辛いむくみに

ゼラニウム、レモン、グレープフルーツ、ローズオットー、クラリセージ、
サイプレス、ブラックペッパー、オレンジスイート、ジュニパーベリー、
サンダルウッド

※便秘の緩和に

ジンジャー、パチュリ、ネロリ、オレンジスィート、ブラックペッパー、
マンダリン、ペパーミント、ローズマリー、レモン

※花粉症による鼻のグズグズに

ユーカリラディアータ、ペパーミント、ティートリー、サイプレス、
ローマンカモミール、ラベンダー、フランキンセンス

※集中力を高めたいときに

ペパーミント、レモン、ローズマリー、ユーカリ、ベルガモット、
ゼラニウム、グレープフルーツ、ジュニパーベリー、シダーウッド、
ジンジャー、バジル、ユーカリラディアータ

※眠れない時や静かな安らぎを感じたい時に

カモミール、ネロリ、スイートマジョラム、ラベンダー、ベルガモット、
フランキンセンス、サンダルウッド、イランイラン、クラリセージ、
ジュニパー、ゆず、ローズウッド、ゼラニウム、オレンジスィート、
ジャスミン、プチグレン、マンダリン

※やる気が出ない時に

クラリセージ、グレープフルーツ、ユーカリ、ジャスミン、
ベルガモット、レモン、ローズマリー、ジュニパー、シダーウッド

※元気がない時に

グレープフルーツ、カルダモン、レモングラス、
ローズマリー、ラベンダー、ネロリ、マンダリン

※気分の落ち込みやイライラする時に

シダ―ウッド、ベルガモット、マジョラム、ゼラニウム、オレンジスイート、
レモン、ジャスミン、ジンジャー、フランキンセンス、ユーカリ、カモミール、
グレープフルーツ、クラリセージ、ジュニパー

※ストレスを感じた時に

ラベンダー、スイートマジョラム、ヒノキ、イランイラン、マンダリン、
ベンゾイン、カモミールローマン、ネロリ、ゼラニウム、サンダルウッド、
フランキンセンス、ローズオットー

※疲れが取れない時に

スイートマジョラム、ローズマリー、ジンジャー、ジュニパー、
マージョラム、ラベンダー、カモミール、サイプレス

※風邪などの予防に

ユーカリ、ジュニパー、パイン、サイプレス、ラベンダー、カモミール、
ティートリー、ペパーミント、レモン、ローズマリー、レモングラス、
ライム、ジンジャー

※免疫力を高めてくれる

カモミール、ローマン、サンダルウッド、ティートリー、ユーカリグロブルス、
ラヴィンサラ、タイム、ローズマリー、ユーカリラディアータ、ベルガモット

※のどの痛みや咳などに

フランキンセンス、ゼラニウム、ユーカリ、ジャスミン、ティートリー、
ユーカリグロブルス、クラリセージ、サンダルウッド、レモングラス

※女らしさをアップさせたいときに

ローズオットー、ゼラニウム、クラリセージ、サイプレス、
ジャーマンカモミール・イランイラン

※スキンケアに良い

パチュリ、ローズオットー、ローズアブソリュート、オレンジスイート、
ゼラニウム、サンダルウッド、ネロリ、パロマローザ、カモミールローマン、
ラベンダー、ジュニパーベリー

※生理痛の緩和に

ローズオットー、ラベンダー、ローマンカモミール、ジャスミン、
イランイラン、ゼラニウム、サイプレス、クラリセージ、
グレープフルーツ、ネロリ、フェンネル、マンダリン

自然な眠りへ導いてくれます。

香り、光、音で睡眠へ誘うカートリッジ式アロマディフューザーとは?

優しい心を取り戻せるかもしれませんね。。

注意事項!

アロマオイルにはしっかりとした正しい使用方法があります。


好みもありますし、なかには使用できないものもあります。
必ず!香りの確認は必要です!


アロマオイルは一つ一つで香りや効果・効能にも違いがあります。


アロマオイルであれば何でも大丈夫だろうというものではありません。


しっかりとした使用方法や自分の好きな香りはもちろん、
効能・効果なども理解されたうえで、ご使用ください!



アロマバスやマッサージオイルとして使用されるときは
肌荒れやかゆみ、皮膚の炎症が表れることもあります。


せっかくのアロマオイルで癒し効果を得られるのに
使用法の誤りにより、肌トラブルや症状が悪化しては意味がありません。


正しい使用方法で癒し、楽しみ、喜びを
たくさん感じて頂けることを願っております。

女子のおまもりアロマオイル

ケンカのない、恋愛が出来ますね。。

※注意事項!
・原液を肌につけない!
・割合をしっかり量る!
・香りの確認は絶対する!!
・100円均一のアロマは使わない!
・病気治療中のときは医師に確認する!
・乳幼児に使用するときは注意する!
・飲用しないようにする!
・オイルの保管・保存には十分注意が必要である!
・敏感肌、高血圧、生理中、乳幼児、妊産婦、授乳中の方には
使えないアロマオイル(精油)があります。
・妊娠中でも使用可能なものもありますが、
なるべく使用されない方が良いかとも思います。


よく確認の上、自己責任のもと、
ご使用くださいますよう、お願いいたします。



その他でも使用の避けた方が良いという方もおります。
アロマをご使用になるときは必ず注意事項の確認を行い、
ご自分の体質などと、ご相談の上、ご使用ください!

アロマテラピー使用方法!一覧

・希釈濃度を確認し、スプレーとして、
いろいろなものに吹きかける
・マッサージオイル
・フェイシャルスチーム
・手浴・全身浴・半身浴・足浴・芳香浴
・セルフトリートメント
・アロマバス
・アロマディフューザー
・吸入・湿布  など

アロマテラピーについて

「アロマテラピー」とは、植物から抽出した精油を利用し、
香りの効果により心やカラダの不調を改善し、
癒しやリラックス・ストレス解消などに良いです。

その香りを楽しみ、香りによって心身共に癒す人のことを、
「アロマテラピスト(アロマセラピスト)」や
「アロマコーディネーター」と呼びます。

資格取得にチャレンジされて見てはいかがでしょうか。

改善可能!な「貧乏ゆすり」、足を揺らす理由とは?
『貧乏ゆすり』は不安やウソを付いている時の後ろめたさを紛らすしぐさ?として私たちの目には見えていた所もあります。『貧乏ゆすり』に改善策など、あるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました