一日3食のはじまりは、トースターがきっかけ?

食育

一日3食で、便秘を解消!

一日3回の食事は摂れていますか?摂れますか?
一日に必要なエネルギーや栄養を摂ることの重要さは
理解できていると思います。

しかし、一日3回の食事を摂るとなると、
少し難しい時もあります。


美容院で努めている人や不動産関係の人、
他にも医師や病院で努めている人などは、
時間どうりの食事やしっかりとした一日3回の食事摂取は
難しいのではないでしょうか?

毎日の行動や決まり、習慣が乱れると朝の目覚めが遅くなり、
毎朝の朝食を食べれないことも起き得ます。

必要なエネルギーの不足、必要な栄養の不足が起き、
風邪を引いたりと病の始まり、病気の始まりになります。


一日に必要なエネルギーは年齢や性別、行動量や身長、
体重にもより、多少の違いはあります。

例えば、
・男性 12~14歳 身長160.1cm 体重50.1kg の方ですと【2650kcal】
・女性 12~14歳 身長154.1cm 体重45.7kg の方ですと【2300kcal】

一日に必要な摂取カロリーになります。

このカロリーを一日2食で補おうとすると一回の食事で
男性の場合であれば、【1325kcal】
・女性の場合であれば、【1150kcal】

摂らなくてはならなくなります。

けっこう、たくさん摂らなくてはなりません。


この食事量を一日3食、摂取出来ないと?おやつなどの間食
夜の食事後、真夜中の夜食お菓子などを欲してしまい、
過剰摂取になり、激太り・メタボ食欲のコントロールが出来ず
過食症」などの原因にもなり得ます。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。


このことを踏まえても、最も身体を大きく、太らなくてはいけない
職業の方たちの食事の摂り方になってしまいます。


それの職業は?『力士』です!お相撲さん!です。
お相撲さん、と同じ食事方法になります。

いざ、ダイエットするぞ!なんて試みて、
まず食事量を減らす所から始めて見る⁉


なんて、一日2食に減らすことを考えていると?
物凄く力強く、ひと回り大きな体を自然と
手に入れているかもしれません。


この世の中、力の強いものが勝つ!そうかもしれません。が、
力士以外の一般人は身軽に動けた方が何かと良いような気もします?
こればっかりは?人それぞれで、自由です。


一日3食の重要さ、少しは理解して
いただけたのではないでしょうか?


一日3食バランスよく食べ、生活習慣も整え、よく噛んで、
よく眠ると便秘が解消されるということもあり、
だいぶカラダにも、生活にも良いことに感じます。

私だけ、かな。。

規則正しい生活リズムに、メラトニンで調整する?
「時差ボケ」にならないようにするには?その地で、日の光のあるうちに活動し、規則正しい食事(朝・昼・晩)を摂ることで、無くして行きます。

一日3食のはじまり

一日3食はいつから始まり、
続いているのでしょう。

いろいろな説が囁かれておりますが、
昔の日本の食生活は、朝、夜の2食だったそうです。

江戸時代、力を使う職業で『大工さん』がいました。

城(しろ)が壊れれば、大工さんやら左官屋さん、
石や木を運んだりとたくさんの人が大活躍し、
かなりの肉体労働でありました。

その大工さんが体力の消耗により、昼時にお腹が空き、
食事を摂っていたことから一日3食になったと言ういわれもあります。

昔の夜は物凄く早く眠っていました。

人も町もどこもかしこも眠るのが早く、
一日3食、摂取する必要がなかったのです。

しかし、一日3食が世間的に広まったのが江戸時代後半と言われており、
庶民の間でろうそく行灯(あんどん)提灯が普及され、夜の時間を
楽しむことが出来るようになり、昼に1食摂る習慣が出来たということです。

それに伴い、1日働くためには朝・夜だけの食事では体力的に持たず、
朝・夜の間のお昼に食事を入れ、3食が広まったとも言われています。

食のサイクルを知り、栄養を取り入れる必要性!食欲とは?
三大欲求の一つに挙げられている『食欲』人によっても違いますが、数ある欲の中でも、上位に挙げている方も多いのではないでしょうか?

一日3食のはじまりは、トースターがきっかけ?


ある人は『トースター』を発明したエジソン
よって一日3食が広まったという人もいます。

エジソンは、自分で発明したトースターを売るために
朝食を食べることが必要であると言い始めたのです。

そして、当時のマスコミに
『あなたのように頭が良くなるには、どうしたら良いですか?』と質問され、
一日3食、食べる事だ!」と言い放ったことから一日3食が
始まったとも言われております。。



なかなか今の現代社会で一日3食、
確実に摂ることは難しいのではないでしょうか?


一日に必要なエネルギー、カロリー、栄養などを
考えると一日3食は必要になります。



私も経験はありますが、一日3食を摂取するとなると、夜早く眠り、
朝早く起きる習慣!小学生や中学生、高校生のような生活習慣に
戻さなければ難しいです。



社会人になってしまうと、一日3食は無理が生じます。



普段の生活で無理をせず、体に負担の掛からないような
食事方法を考える事も必要です。

例えば、朝は野菜ジュースやスムージー、などや
私は朝食に軽く豆腐、わかめやもずくの
入った味噌汁だけで済ませたりしています。

味噌汁であれば前の晩の残り物や前日に味噌汁だけでも
作り置きができ、忙しい朝のカロリー不足や脳の働きを助けてくれて、
豆腐みそで腹持ちも良く、とても良いこと間違いなしです。



それにバナナなんてプラスした日には、
やる気スイッチも上昇して行きます。。



一日3食で栄養を摂り入れ、老化・ボケ防止、ダイエットにも役立て、
規則正しい生活習慣や食生活を考えて行くことは物凄く良いですね。

食生活の環境が、心と体の健康に生きる力を与える!
「食に関する知識」と「食を選択する力」を身に付け、「丈夫で病気のない体を作る」ための食生活や食環境を実践することを私たちは求められています。人を育てる『食育』とは?

まとめ

一日3食についてお話ししましたが、
これは正直な所、人にもよると思います。

例えば、朝しっかりと朝食を食べて、
お昼までにお腹が空きますか?という問題も起こります。



朝食をしっかり食べて、運動でもする人や
物凄くエネルギーを消費する人でもないと
朝8時に食事して、昼12時にまた食事するとなると
けっこう大変です!


 
自分の一日のスケジュールにもよって、
一日2食にしたり、食べる物を工夫しながら、
エネルギー補給されて行かれると良いかと思います。

最も良くないのは空腹を甘いものやお菓子などで、
お腹いっぱいに満たさないような食べ物を
選んで行かれると良いかと思います。


例えば、、
お菓子よりパン(野菜入りのもの)、パン(野菜入りのもの)よりは
おにぎりやくだもの、サラダなどを優先して食していると良いと思います。

あくまでもこれは参考ですが、
「ホントにもう?何かお腹に入れないと死んでしまいそう⁉」
なんて時は?なんでも良いです、食べてください!

なりふり構わず、食べてください!

普段の生活で余裕のある時には、栄養やバランスを考えながら
一日の食事を摂取されることをおススメいたします。


考えた食事を摂ることがダイエットから健康に、
健康から長生きに繋がって行くのかもしれませんね!

メンタルトレーニング
自分の中の心・脳(思考・考え方)、身体を鍛えることや本番での場数を踏むことなどお話しして来ました。年齢の違いでもあったり、男性・女性でもメンタルの感じ方や捉え方や迷い・不安・困難なことというのは本当に人によって、さまざまに違いはあります。

タイトルとURLをコピーしました