食育

両親の愛ある調理方法で、子どもの偏食をカバーする? 

偏食とは?

食べる事は好きですか?

もちろん好きですよね。
私たちは食べることが好きであるがゆえに、
好きな物だけを食べていれば良いのでしょうか?

ただ好きな物を好きなだけ、お腹いっぱいになるまで
毎日、食べ続けていれば幸せですか?


幸せです!物凄い幸せ!この上ないです!


本当に人は、好きな物だけを食べ続けられる
のでしょうか?


私は、飽きます!さすがに毎日、同じモノを食すことは、
出来ません!飽きてしまいます。

それでは、飽きなければ!毎日、同じ食事を
摂り続けても良いのでしょうか?

いいんです。毎日、同じものを食べ続けてください!
好きなんですからしょうがないです。

が?『偏食』になってしまうようでは、いけません!
栄養も偏り、病気の絶えない人になってしまうことも。

そもそも、『偏食』とは、なんでしょう?



解りますか?偏食?

偏食とは=ある食品を好きになれず、食べない、食べれない。
決まった食品ばかりを食べているような偏った食事のことをいいます。

乳幼児による栄養の調査では、
3人に1人は偏食傾向にあると言われております。

子どもの偏食の原因?

子どもの好き嫌いは、激しいものがあります。
甘いものや旨いもの、美味しいものや好きなもので
偏ってしまうのは仕方がありません。

しかし、この食品の偏りには、
各家庭の料理、食事の影響もあることは否めません。

子どもにすれば、嫌いになるものの理由は、
たくさんあります。

例えば、
見た目はもちろん、味の不味いものから苦いもの、
食わず嫌いなものと、子どもたちにとって、
嫌いになる要因は極めて多いのは確かです。


そのために栄養不足を招き、多くの人たちが大人になってからも、
特定の食品を嫌い、極端に偏った食品しか食べない大人も増え、
健康を害するような食生活を繰り返しております。

栄養的な対策を講じなければなりません。
成長期の子どもの偏食は、人間形成に大きな問題となり得ます。

子どもの偏食の原因!9つ

1、親の料理や親の好みなどの影響。
2、「栄養」「頭に良い」「カラダに良い」という強要。
3、肉類・野菜類を嫌う。
4、食品を食べた結果、嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などを起こしたことが原因。
5、魚の骨が多くて食べ難く、魚嫌いになることも。
6、食品・料理のあまりの熱さに食欲減少。
7、食品や料理の大きさや香りなどの不快感。
8、親の嫌いなものが影響を及ぼすことも。
9、家庭が貧しい。

など、偏食になり得る理由も多く存在します。


子どもの好き嫌い改善には、
両親の力が必要不可欠なところでもあります。


私も好き嫌いの激しい子供でした。が、
ある年齢を境に、ほぼほぼ嫌いなものはなくなりました。

家族との食事はもちろん、いとこや身内などとの
食事や他人との会食、集団生活などの経験を積み重ねた結果、
嫌いなものは、ほとんどなくなりました。


ただ、作り手によっては、煮魚が苦手な時が
少しある程度で、大人になると環境にもよりますが?
ほぼほぼ改善されるのではないでしょうか。


偏食の傾向は離乳の段階から、その兆しが見え始め、
4~5歳までに、はっきり表れる傾向が見られます。。




肉・野菜・魚・卵、この4つのなかに嫌いなものがあると、
とても厄介であり、偏食になり易くなります。

美味しさの仕組み?

美味しさの仕組みには、味覚・嗅覚・触覚・視覚・聴覚『五感』から
舌で感じる、甘味・うま味・酸味・塩味・苦み・辛味・渋味などの
『味覚』です。

そして、『風味』

風味』とは= 飲食物の香りや味わい。
人が受ける好ましい感じ、味見をすること。
香り・質、温度・色やツヤ、形・音など。

食環境や食する周りの人など雰囲気・気温など、
すべてのものが、揃うと「おいしい!」と感じ取れます。

偏食をやめさせる、必要な条件になり得ますね。

遊び食べ


乳幼児が、食べ物や食器などで
遊びながら食事をすること。


離乳食をとり始め、食事行為に

興味を持ち始める年齢に多く見られます。

むら食い

毎回の食事量が一定でなく、
食べるときと食べないときの差があること。


この「遊び食べ」や「むら食い」も、子どもの成長や発育の過程の一つと考え、
両親による食生活・食環境のサポートも必要だと感じます。


両親の教育というものは、物凄く大事であり、
食事と食事の間の間食やおやつ、そして、
運動や食事の合間のテレビやオモチャの手の届く
食環境などの改善も必要になって来ます。


乳幼児から幼少期、成長期に両親から学んだ食生活のあり方や
味覚の影響などは大人になってからも大きな影響を与えます。

両親による「温かく見守る心」や「食事の時間の楽しさ」
食欲を湧かせるような環境・雰囲気作りは物凄く重要です。


食生活から私生活といろいろな面で人生の先輩です。
しっかりとした人生の教育をして行くことも
親の役目・親になることの役目なのではないでしょうか。

https://www.homma.group/rhythm/

まとめ

子どもたちが健康で、好き嫌いなく、
食生活を楽しみ、どのように偏食をやめさせて行くのかは、
料理の工夫や調理方法なども有効的な手段です。



見た目や味をどのように変えて、どの料理に、
細かく刻んだ食材を混ぜ合わせて調理するのか?も、
偏食ぎみの子どもたちには、とても大事になります。



決して頭ごなしに叱ったり、無理強いは、
やめて置いた方が良いでしょう。



親から怒られた記憶と共に
その食材をもっと嫌いになることもあり得ます。


なるべく、自然と食していた?ということが
多感な時期の子どもたちには、必要かもしれません。

追伸

食後の歯磨き』は、
しっかり教えてくださいね。
物凄く、大事です!


んん。。
親になるって、いろいろとたいへん?です。

-食育
-