食育

「ブドウ糖」が、あなたの能力を高める。~朝食で、疲労回復。~

  1. HOME >
  2. 食育 >

「ブドウ糖」が、あなたの能力を高める。~朝食で、疲労回復。~

「朝食」食べて、疲労回復

あなたは、朝食で「学力」「体力」に
差がでることを知っているでしょうか。


朝食を食べて「いる人・いない人」でも、
集中力の高まり疲労回復力の速さに差がでます。


もっと言ってしまえば、ものごとに取り組む姿勢や
やる気、元気、笑顔、目の輝きにも差がでます。

ほんま
ほんま

あなたの周りには、いないでしょうか?
もの凄い行動力、実行力のある人。。

例えばもし、あなたが「朝食を食べず」に出かけ、
町中で大事な「人」と、遭遇したとします。

朝食を食べずに出かけた。「元気のない」あなたは、
まともに「元気」な挨拶もできなかった。としたならば、。


お相手のあなたに対する「印象」は、
だだ下がりになる可能性はあり得ます。



では、元気のない人には、
なにが足りていないのでしょうか?




それは、「朝食」です。

正確には「朝食」の中の食材に含まれている。
ブドウ糖」です。

>>ブドウ糖については、こちら<<


朝食を食べることは、パワーになります。


朝食」には、一日の始まりをカラダに伝える力、
カラダを目覚めさせてくれる任務を背負っております。

朝食を食べることで、寝ている間に
消費した「エネルギー」低下した「体温」の上昇
狂ってしまった「生活リズム」を整える働きがあります。


そして、眠っている「カラダ」刺激を与え、
行動力、活動力(元気)のスイッチを入れてくれます。



そしてさらには「朝食」を食べることで刺激し、
お通じ」を快調に、活発
にする役目も担っており、

便秘」傾向である方の、「風邪」予防に
免疫力向上も期待できることでしょう。


ほんま
ほんま

朝食を食べていない」という方は、一日のどこかで
栄養」を補わなくてはなりません。

その足りてない「栄養」を補おうと「カラダ」が
お菓子」や「甘いもの」などを欲してしまいます。

しっかりとした「朝食」であれば、ごはん、味噌汁、
納豆、玉子焼き、
または魚(鮭)などを食しているはずですが、


普段の「おやつ」のようなもので「空腹」を補うと、
カラダに異変が起き、風邪の要因にもなり得ます。


風邪をよく引くという方は、頻繫に免疫力が低下している。
ということが言えます。



あなたも「朝食」習慣を取り入れて、
「人生」のステージを上げて見てはいかがでしょうか。




あなたは、自分の「質」について、考えたことはあるでしょうか?
いま、私たちが考えなくてはいけないもの?それは、「質」です。
あなたの「質」を上げているもの?「クオリティ・オブ・ライフ」。
あなたが自分の「質」について考え始めたとき、
新たなる「人生のはじまり」を予感させる。のではないでしょうか。

「ブドウ糖」が実行能力を高める

生きて行く上で必要なエネルギーである「ブドウ糖」。


」にとって、必要不可欠な栄養素です。



ブドウ糖は「脳」に貯めて置くことができず、
眠っている間も必要とし、「朝」起きた時には、
エネルギー不足になっております。


なので、
寝起きは、カラダの「怠さ」や「疲れた」状態
なっており、食べものから「ブドウ糖」を摂る必要があります。

ブドウ糖」は、活動のエネルギー源であり、
」のエネルギーとなるのが特徴。
分解・吸収も「脂質」よりも早くエネルギー補給でき、
脳」活性化疲労回復に欠かせない「栄養素」です。

日常的には、4~5時間おきに「ブドウ糖」を摂取すると良い
と考えられ、血中に「ブドウ糖」が豊富にあると、
記憶力」を高める。との報告もあります。



ブドウ糖(グルコース)は、ぶどうなどの「果実」や「はちみつ」に
多く含まれ、「ごはん」や「パン」からでも摂取することができます。
食事として摂取した炭水化物は、体内の消化酵素によって細かく
分解」「消化」されて、ブドウ糖になります。



朝起きて、「朝食」から「ブドウ糖」を摂り入れることで、
」が起き始め、「」を元気にし、さらには「
集中力、記憶力、
学習能力、注意力、モチベーションアップ
」にも繋がります。


「ブドウ糖を多く含む食べもの

ぶどう、柿、イチジク、米、パン、麺類、
ラムネ、バナナ、ごぼう、いも など。



この中で手軽に「ブドウ糖」を摂取できるものが
ラムネ」になります。

勉強に疲れてきたとき」や「集中力を高めたいとき」の、
タイミングで「ラムネ」や「サプリメント」などは手軽に
摂取できるので「作業効率」をあげたいときにはおすすめです。


くれぐれも食べ過ぎには、ご注意ください
気付かぬうちに、カラダが巨大化(激太り)している可能性も。


ほんま
ほんま

ブドウ糖」は、筋肉を正しく動かすのに、
とても大切なものであります。



ブドウ糖が不足すると、

脱力感イライラしたり、集中力
維持することが難しくなってきます。

そしてまた、「低血糖症」にもなり得ます。

低血糖症」になると、こんな症状がではじめます。。

発汗、動悸、手指の震え、不安感、悪寒、
集中力低下、脱力感、めまい、眠気、疲労感、
目がかすむ、けいれん、無気力、元気がない、
混乱(パニック)、抑うつ 
など、


カラダが疲れてくると、「頭がボーっと」したり、
甘いものが食べたくなる」のも、
」が、ブドウ糖の「不足」を伝えるサインです。



仕事で息詰まったとき」や「頭がフリーズしたとき」など
」にブドウ糖を供給してあげると仕事の効率や
手際の悪さも改善できるかもしれません。

一粒でも「ラムネ」を摂取するだけで、
落ち着きを取り戻せる。なんてことも。



ブドウ糖」との「付き合い方」や「摂取方法」など
生活リズムに合わせて、過剰摂取にも気を配りながら、
自分の生活習慣に摂り入れて行かれると、よいのではないでしょうか。


自分の能力を最大限に発揮するには、



ただ、飲みものやサプリなどで「ブドウ糖」を摂っていれば、
大丈夫である。ということはなく「一 日 三 食」を
しっかりとした「主食・主菜・副菜・乳製品・果物」を
座って食べる」ことがとても大切です。


たまに、「歩きながら食事」をしているような人を
町中でも見かけますが、「ながら食い」では、
カラダ」の働きが悪くなります。


歩きながら食事をすると、

「咀嚼回数の減少」「咀嚼力の低下」により、胃や腸への負担、
消化吸収にも時間がかかり、「満腹感」を得ることができません。
そして、腹持ちも悪く、どんどん食べ続けてしまい、
ぼってり「肥満」なカラダができ上がるということに。。



早食い」「ながら食い」は、よい結果を生みません。
しっかり座って、よく噛んで、「食事」を楽しむことが大切です。




そして、
朝食を食べて「いる・いない」、子どもたちを比べると
学力テストの「点数」や「運動能力」の結果にも、
朝食を食べている」子どもたちの方がよい結果であった。
という報告もあるぐらい「テスト結果」に差がでるとのこと。


朝食をふくめ、「一 日 三 食」の生活習慣を摂り入れることで、
人生で一番の重大イベントを後悔することなく終える。
ことも可能になるかもしれません。



ほんま
ほんま

大事な日の、当日に「朝食」を抜いて、「集中力」もなく、
やる気」も起きず、呆気なく「夢」が破れ、
惨めな「負け方」をした。なんてことは、避けたいものです。

その日を良いパフォーマンスで終えたいのであれば、「一 日 三 食」、
よく噛んで、座って、楽しい食事を心がける。




一 日 三 食」しっかりとした食事を摂ることで、
あなたの奥深くにある。なにかがきっと、変化している。
ことを感じずにはいられません。


「朝食を食べない」選択肢は、ないですね。

地球とに空と3R文字画像
3R。~いま私たちが求められているものとは~

続きを見る

-食育
-