食育

子供たちのクオリティ・オブ・ライフの向上を考える?

柔軟性にあふれた心を育てる

ただいま成長期の子どもには、発育・発達に必要で
科学的に基づいた、たくさんの栄養を体に
取り込まなくてはなりません。

成長期の子どもに「栄養の偏り」や「栄養の不足」による
発育、発達や健康などに支障をきたしたり、
思わねトラブルなどを招くことも起こり得ます。

ここ最近の目まぐるしい社会の変化に対応して行くには、
体の健康が有ってこそ成り立ちます。

さまざまな出来事や物事に自らの意思で立ち向かって行く能力
他人と一緒に協力して作業する柔軟な心を身に付けることが求められています。

楽しく食事をする心を育てる

楽しく食事を摂ることだけで、心を育てることを優先に、
健康な体」を作りあげます。

子どもにとって「楽しんで食べる」ということを学んでもらうことにより、
さらなる食欲を呼び、たくさんの栄養を体に運び込むことで、
「健康な体づくり」に大きな効果を生みます。。

そして、
子どもにとって食べることは生活の中心にあり、
食べることで生きていることを感じてもらい、
心のあり方精神面にも「目を向ける必要がある」と、
言われて来ております。

楽しい食事が食欲をそそり、食欲をそそることにより、たくさんの栄養を取り入れ、
たくさんの栄養を取り入れたことにより、体調や健康に良く、食事環境が、
食生活の向上・生活の質(オリティ・オブ・ライフ)を結果的に上げることに繋がります。

クオリティ・オブ・ライフ

クオリティ・オブ・ライフ( quality of life、QOL)とは、
「人生の質・生活の質」一人ひとりの人生の質や
社会から見た生活の質のことをいい、人が人間らしく暮らすことで
人生に幸せを感じとれているのかを目安として考えることが
コンセプトであると言われております。


いろいろな場面でクオリティ・オブ・ライフ
取り入れて行きましょう。ということを言われております。


生活・社会・医療などの環境、生活全般に「質」を求め、
「充実を感じ」「考えた行動」などに取り組み、
人生を豊かなものにということで、私たちの背中を押してくれています。



私たちの生活の質を上げる?
何を持って生活の質をあげることが
出来るのか?を、考える?のです。。


簡単なように思えて、なかなか難しいことを、
求められている感はあります。



生活・仕事・住まい・教育・人間関係・健康・趣味
・余暇などにおける生活の質、豊かな人生を考えることを言うのですね。



私はこの言葉が好きで、本当に素晴らしく
良い言葉です!『クオリティ・オブ・ライフ


ただ、生活の質を上げなさい!と言っているのではなく、
人間らしく幸せに暮らせてますか?と問われているのです。



クオリティ・オブ・ライフ』これからは
とても大事な考え方のように感じます。



生活の質に関心が向き始めているということです。
量ではなく、質。。

生活・社会・医療を考えることで、どのような広がりを見せるのか?を、
クオリティ・オブ・ライフで考えると生活の中にもたくさんあります。

そして、
社会にもいろいろな問題・疑問にも
感じる所は、物凄くたくさんあるのではないでしょうか?

これから変わる社会環境に、私たちは考えさせられたり、
悩まされることは、物凄く多く存在します。。。


クオリティ・オブ・ライフを考えた時、家族との食事や
友人・知人たちと食卓を囲むことにより、生きる楽しさや
知識、文化、礼儀作法など、さまざまなことを
学んで行けるのではないでしょうか。。


『薄れて行くことと、守って行かなくてはならないものの、
狭間に立たされているのかもしれません。。』

https://www.homma.group/health/

-食育
-