『快・不快』感情

行動

『快・不快』感情

人の心の気持ちや気分・思いの中には楽しい気分の時の『』感情と、
イライラと気分の悪い時の『不快』感情があります。


人が人とかかわり合って行く中で、とても大切な感情になります。


人は『』感情を受け取ると『愉快』で笑顔あふれる人間関係を

作ろうという考えが生まれやすくなるのです。

なぜ?

その理由はもうおわかりですね。

隣にいても気持ちが良く、居心地も良くて、

ずっと一緒にいたいという感情が沸いてくるからです。

そして、逆に相手にも自分にも『不快』な思いを与えたり・受けたりすると、

人は口も聞きたくなくなります

その『不快』な感情がさらに進むと挨拶や目を合わすこともなくなり『不愉快になり

イライラして怒りの感情が先行
てしまいます。

そして結果的に、いつながりの関係性を作って行くことすら、
難しい状況が出来上がってしまうことになります。

その、瞬きが!心の嘘をすっぱ抜く訳とは!
人は風が吹いたり、埃っぽい環境や乾燥など目に違和感を感じるような時に目を瞑ったり、瞬きします。目に不快なことが起こることを察知して無意識に『目を守る』という意味合いが大きな理由でもあります。本当の所はいかがなのでしょうか?

距離・空間

たまらなく好きなモノやコト』が欲しいと思ったものには自ら近づいて行きます。

また、逆もしかりで『嫌いなモノやコト・臭いニオイ』のするものには

あえて遠ざかり、距離を取ろうとします。

他人や嫌いな人・好きな人との『快・不快』な感情を

確かめるには二人の間にある『距離』『空間』が非常に重要です。

センチメートルで測るぐらいの気持ちが必要になります。

そして、腰の入りかたもそうですし、目の輝きや会話でのうなずき方にも、

『快・不快』はあるものです。。

プラス思考に改善する方法!特徴まとめ!
『プラス思考=人生の課題』プラス+プラス=どんどんプラスになる。プラスの山積み!良いことだらけです。いままでの考え方や行動の癖を一日で変えることは難しいです。少し気持ちを本気モードに入れないと変えられません。なぜ⁉

不快感情

人はどんなに会話や顔・うわべだけを取り繕っても、
カラダや腰がひるんで積極的に振舞うことが出来なくなったりもします。


そしてまた、相手を遠ざけて接触回数が減ったりもするので、

人間の感情は、相手には分かりやすく、気づかれやすいです


顔や会話で、うまく誤魔化し接していると不快感情を、
相手に悟られない可能性もあります。

近頃では、不快感情にまったく気づかずになりふり構わず、

いろいろと伝えすぎてしまう人が多いとも言われています。

継続が記録に、記録が自信に繋がるとしたら。サボりますか
継続することを諦めてしまうと、自信が持てません。では、自信を付けるには、どうすれば良いのでしょうか。

まとめ

雰囲気や状況・空気などを感じて、自分からトイレに行ったり身を引き
遠ざかるような行動も人間関係には必要に思います。


快・不快』感情は日々、日常生活の中でさまざまな人に出会う以上、
必ず!と言っても良いほどおこりうる身近なモノ・コトです。


人をゆっくりと観察して長い目を持って、
必要なときに役立てて行けると良いかと思います。


例えば、男女がテーブル席で『お茶』をしている時に

イスの背もたれに背中をつけて座っているのと、前のめりに
お話しなどされている光景にも『快不快』な感情が表れています。

ただお互い疲れているだけという可能性もあるので、
この『快・不快』感情もしっかりとした判断力が必要になって来ます。


感情を判断する力が、とても大切です。。

【参照:資格のキャリカレ行動心理士講座】

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。
タイトルとURLをコピーしました