メンタル

感情をコントロールするのに必要な17項目。

  1. HOME >
  2. メンタル >

感情をコントロールするのに必要な17項目。

感情とは


感情とは、人が出合うさまざまな状況に、
対して生じる心の内に秘めた思いや偏見、
その体験に関連する生理的・心理的な反応
を指します。


感情には喜び、怒り、哀しみ、恐れ、驚き
など、さまざまな種類があります。


感情は、人間にとって必要不可欠なものであり、
人間が生きる役割を果たすために進化してきた
ものと考えられてきました。


感情は、人間の行動や意思決定に影響を与える
ことがあり、感情を認識し、コントロールする
ことは、精神的な健康に、とても大切なもので
あると言えるでしょう。

文化や社会的背景、家庭環境によっても感情は、
人間にさまざまな影響をもたらします。



感情は、言葉やジェスチャー、しぐさなど、
多様な方法で表現され、人間関係や社会、職場
での連携を取り合うために重要な役目を
果たしているということは言うまでもありません。



怒るサラリーマン
自分を変えればいいのに。(怒りのメリット、デメリット)

続きを見る

感情をコントロールするのに必要な17項目。



あなたは感情をコントロールすることはできる
でしょうか。

思うがままに、あるがままに感情をむき出しに
されている。というかたもいるでしょう。

感情を思うがままに出していたら周りの人は、
自分勝手、ワガママ、なんて思う人もおります。
または、素直でかわいい、魅力的などと、
言う人もいるかもしれません。


自分の感情を理解するためには、いくつかの
テクニックがあります。


たとえば、イライラしたときには、
「イライラしている。」と、認識する。

あなたが感じている感情の原因を探ることで、
感情をコントロールすることができように
なります。


あなたの感情を知り、認識を高め、客観的に
見る。などさまざまなテクニックがあります。


あなたに合うテクニックを1つでも吸収し、
いざというときのためにポイントを押さえて、
頂けると、心強い味方になりえるのではない
でしょうか。


1、感情をラベリングする

あなたは、自分の感情にラベリングしたことは
あるでしょうか。

ここで言う「ラベリング」とは、感情の種類を
明確に認識することをいいます。



感情をラベリングすることは、あなたが
感じている感情を言葉で表現し、その感情を
より具体的かつ明確にします。

簡単に言わせて頂くと「名札」を付けて認識を、
確かなモノにし、感情をコントロールして行く
イメージを持って頂けるとよいでしょう。

たとえば、いまの感情が「怒り」であると、
ラベリングすることで、その感情があなたに
とって、どのような意味を持つのかを認識する。



このように、感情にラベリングすることは、
あなたが感じている感情に対する理解を深め、
整理ができ、適切な対処方法を考えて行く
ことができます。

もし「ストレス」や「不安」といった感情が
生じたときに、その感情に対する適切な
レベリングができていれば、対処方法を
考えることが容易になります。

感情をラベリングすることが、感情に
支配されないあなたを作り、冷静な感情を
表現し保つことができるので、ある出来事や
状況に過剰に反応しない。支配されない。
あなたを作り上げることもできるのではない
でしょうか。


2、感情の原因を探る

感情の原因を探る余裕を持てると、あなたが
感じている感情を深く理解し、その背景に
ある原因に気付くことができます。

感情は、あなたが経験した出来事や状況によって、
引き起こされるため、その原因を理解することが、
感情に支配されずに、冷静な判断をすることに
なります。

感情を、あなたがどのように解釈したかによって
生じるため、その出来事に対するあなたの思考を
分析することが、感情のコントロールです。

たとえば、失敗したときにネガティブな感情が
生まれ、その失敗に対するあなたの思考を分析し、
ポジティブな思考で見ることができれば、感情を
コントロールしたことになります。

感情は、あなたが感じているだけのことで、
あなたが正しいという証拠ではありません。
あなたがそのように感じているということを
表しているだけに過ぎないのです。


感情の原因を探ることを深めて行ければ、あなたが
感情に支配されず、適切な行動を取ることを可能に
します。

もし、怒りを感じたとき、その怒りの原因を
探り、原因に対して適切な対処法を考え、感情に
支配されることを防げれば、あなたの人生を、
有利に「楽ちん」にするのではないでしょうか。


3、感情を書き出す

感情を書き出すことは、感情を表現するための
有効な手段であり、それが感情をコントロール
するために役立ちます。

あなたは感情を書き出すことで、自分の感情を
冷静に観察し、理解したことはあるでしょうか。

感情を書き出すことは、心の中にあるモヤモヤ
した感情を吐き出し、ストレスを解消すること
につながります。

自分を客観的に見つめ、感情にとらわれること
なく、冷静に問題を対処できるようになるので、
頭の中でグルグルと回っている感情を整理し、
明確にすることを可能にするでしょう。


また感情を紙に書き出すことで、適切な感情を
適切な場面で抑え込まずに、適切に表現し、
考えた行動が取れるので、人間的に成長した
あなたを実感できます。


つまり、感情を書き出すことは、自分と
向き合い、感情を整理し、理解することが
できるので、感情のコントロールを容易に
すると言えるのではないでしょうか。



4、感情を認識する

感情を認識することは、感情をコントロール
するための第一歩です。

「感情的になった。」あなたの感情を抑える
ことができるのか。感情を認識することは、
とても大切な能力です。

感情を正し理解し、適切に扱うことができる
ようになると、良好な人間関係を築く
ことを可能にします。



相手の感情を認識するには、相手の表情や
言葉、声のトーン、カラダの動きなどから
情報収集できるでしょう。

感情を認識することは、コミュニケーションや
人間関係の改善に役立ち、感情を理解できると、
他人の気持ちに寄り添い、共感することができます。

職場や学校、家庭など、あらゆる場面で感情を
コントロールできなくてはなりません。
自己認識や他者理解を高め、より良い人間関係を
築き上げると、あなたを成功へと導いて行くの
ではないでしょうか。


5、瞑想や深呼吸をする

瞑想や深呼吸をすることで、心拍数が
落ち着き、ストレスが軽減されることは、
けっこう知られております。

瞑想を行なうと、自分自身を客観的に見る
ことができるので、感情的になったあなたを
コントロールできることでしょう。

そして、深呼吸もまた、自律神経を整え、
心拍数や血圧を下げ、リラックスした状態を
作り出します。

このリラックスした状態を作れなければ、
感情コントロールのハードルは上がります。

瞑想は、集中力を高めたり、心を静め、
ストレス解消、自分の感情に気付き、
受け止める。ことができるようになるので、
自己理解を深めるのに、とても便利です。


瞑想や深呼吸は、いつどこでも簡単に行う
ことができるので、感情が高まったときに、
すぐに目を閉じ、「立ったまま瞑想」でも、
自分のモノにできていれば、かなりの効果を
期待できます。

感情の浮き沈みなどが激しく表れたときに、
瞑想や深呼吸を習慣化できていると、
より穏やかな心を保ち、スムーズな
感情コントロールを可能にするのではない
でしょうか。


6、十分な睡眠を取る

睡眠不足は、ストレスを上昇させ感情を
コントロールする能力を低下させることが
あります。


十分な睡眠を取ることで、感情を
コントロールする能力は改善されること
でしょう。

十分な睡眠時間を取れる保証がされて
いないときには、就寝前にリラックス
できるルーティンを作っておくことも
大切です。


日々の生活の中で、ストレスや仕事の負担が
多い場合には、十分な睡眠を取ることが難しく
なることもあります。

十分な睡眠を取ることは、ストレスホルモンの
分泌を抑え、感情を安定させる効果もあり、
集中力や判断力の向上にも期待を持てるので、
心地よい感情のコントロールが臨めるのでは
ないでしょうか。


しかし、十分な睡眠を取ることは簡単な
ことではありません。

寝る前にリラックスする時間を設けたり、
睡眠に適した環境を整えたりすることで、
睡眠の質は改善できます。

睡眠は、心身の健康を維持するために
必要で、三大欲求の1つにもあがるほど、
大切な要素の1つです。

十分な睡眠を取り入れることで、感情を
コントロールする能力も向上し、より穏やかな
心を持つこともできるので、日々の生活の中で
睡眠を優先されることをオススメいたします。


7、ポジティブな考えを持つ



ポジティブな考えを備え持つことは、感情を
コントロールするのに、必要なスキルです。


ネガティブな考えや心配事を持ち続けると、
ストレスは上昇して行き、感情的になることが
多くなります。

ポジティブな考えを身に付ける方法をいくつか
ご紹介いたします。

・ポジティブな言葉を使う
自分や他人に対して、ポジティブな言葉を
使うことで、気持ちが明るくなります。
ネガティブな言葉を使わないように心がけ、
前向きな言葉を使うことで感情も、人生も
コントロールすることを可能にします。

・ポジティブな人と過ごす
周りにポジティブな人がいると、あなたも
自然と、ポジティブな考えを身に付ける
ことができます。ポジティブな人と一緒に
過ごす時間を増やし、その影響を受ける
ことで、感情をコントロールする
テクニックを学べることでしょう。


・失敗をチャンスと考える
失敗や挫折は、生きていれば必ず起こりえる。
避けることのできないことです。
失敗を経験することで、次に向けての学びや
成長につながり、いままで間違えていた
感情を改めるのに失敗は、よい学びになります。

どんなことでもポジティブに捉えることが
できると、感情のコントロールも楽ちんです。

ポジティブな考えを持つことで、ネガティブな
感情にとらわれず、積極的な気持ちを持続する
ことができます。


ポジティブな言葉やイメージを持ち、
自分自身を励まし、希望を持つ。など
ポジティブ思考の習慣が、感情の
コントロールには、最も効果的な方法の
1つになりえるのではないでしょうか。

ネガティブな感情に陥ったときには、
ポジティブな考え方をすることによって、
積極的な気持ちや前向きな思考に切り替える
ことができます。
>>ポジティブ思考になる方法。24選
有効に活用できると、大きな武器になりえる
のではないでしょうか。


8、周りの意見を取り入れる

感情をコントロールするためには、友人や
家族などに意見を求めることも大切です。

周りにいる友人や家族と話したり、相談する
ことで、ストレスを軽くし、感情的になった
あなたの心を静められるかもしれません。

人は孤独感やストレスなどで感情的になる
ことがありますが、周りにサポートを求める
ことで、その感情的になった考えを改める
ことができます。


感情的になってしまった。ときには周りの
意見を参考にされるとよいでしょう。

・知り合いや職場の人に話を聞いてもらう
ことで、ストレスや悩みを共有できる。知り合いや
職場の人に話を聞いてもらい、あなたの弱い部分を
見せることで親近感が湧きます。
それにより相手が優しく話を聞いてくれる
ようになり、あなたの気持ちも整理され、感情を
コントロールできるようなアドバイスが頂ける
かもしれません。

あまり感情的にならないように注意して、冷静な
判断を下すことを学びにできるとよいですね。

友人や家族と過ごすことで、孤独感を解消する
ことができます。 心が乱れて感情的になったときには、
「あっけらかん」とした友人や家族の存在に救われる
のではないでしょうか。あなたを理解する人の存在が、
明日をポジティブに変えてくれることでしょう。

専門家に頼ってみることが必要なときも。
たとえば、心理カウンセラーなどに相談することで、
感情をコントロールするためのテクニックを学ぶ
ことができます。少し敷居が高いと感じるところも
あるかもしれませんが、ある程度の金額を払い
問題解決の糸口を見つけることが可能になるので、
最終的な手段としてはよいかもしれません。




誰かに話を聞いてもらったり、アドバイスを
もらったりすることで、自分の気持ちを整理し、
ポジティブな気持ちを取り戻すことを可能に
します。
感情的になった心をスッキリできたのであれば、
よい睡眠も取り入れて、明日の感情コントロールに
役立てたいですね。


9、自分を癒す方法を見つける

あなたは、日々の疲れを癒す場所、コト、
アイテムをお持ちでしょうか。

あなた自身を癒すことは、感情をコントロール
するための大切なステップです。

マッサージや温泉に行ってカラダを労ったり、
好きな音楽を聴いたり、好きなモノを食べる
ことで、脳に刺激を与え、あなた自身を
癒すことにつながります。

自分を癒し、ストレスを緩和できると感情を
コントロールする能力も改善できます。


自分自身を癒す方法には、人によっても
さまざまです。たとえば、

・カラダをケアすることで、ストレスを
軽減できます。 十分な睡眠、バランスの
よい食事、運動、リラックスした時間を過ごす
ことなどが、カラダを癒します。

・自分自身にご褒美を与えると、自分を癒す
ことができます。 好きな食べ物を食べたり、
好きな映画を観たり、お気に入りの音楽を
聴いたりする。などと、自分にご褒美を与える
ことは、ゆったりとした落ち着きをもたらします。

・あなた自身が楽しいと感じることをする
趣味や興味あるモノゴトに没頭できると、
自分のために時間を使い、充実感も得られ、
ポジティブになれます。この充実感があなたの
感情コントロールをスムーズにします。




あなた自身を自分で癒し愛することが、より健康で
幸福な人生を送るためには、必要不可欠になりえる
のではないでしょうか。
>>アロマテラピーが「心」と「からだ」の
バランスに効果的。
日常生活に取り入れて、アロマを楽しんでみては
いかがでしょうか。きっと、あなたのカラダも癒され、
やすらぎ、集中力も高まりを感じることでしょう。

10、マインドフルネスを行なう

あなたは、いま目の前で起きていることに
集中できているでしょうか。


集中できていない。というかたは
マインドフルネスを実践することで、感情を
コントロールする能力が向上して行きます。

マインドフルネスを実践するには、呼吸に
意識を向け、周りの状況を受け入れる。

いま現在の瞬間に注意を向け、その状況や
感情を評価・判定せずに受け入れることで、
感情のコントロールを可能にします。

マインドフルネスで、感情をコントロールする
方法はいくつかあります。たとえば、

・マインドフルネスは、現在に集中する
ことです。過去のことや未来のことを考えず、
現在の状況に注意を向けます。
感情をコントロールするために、現在の
感情に意識を集中させ、それを受け入れられ
なくてはなりません。それでなくては自分の
感情を間違えてしまうということにも。

・マインドフルネスを実践するときは、
深呼吸をした後に行なうのが効果的。
深呼吸をすることで、心を静め、気持ちを
落ち着かせることができます。
深くゆっくりな呼吸を入れることにより、
感情をコントロールするための余裕も
生まれるでしょう。

・自分や他人を評価するのではなく、
受け入れることが大切です。
自分自身や他人の行動や感情を評価する
ことなく、ただ受け入れることで、無駄な
感情が思い浮かばなくなるので、自分の
感情のコントロールが容易になります。

マインドフルネスを日常に取り入れる。

たとえば、歩いているときの足音や風を感じる
ことに注意を向けるなど、小さな瞬間に注意を
向ける。集中する。ことで、感情を
コントロールするためのスキルを習得する
こともできます。

現在の状況に注意を向け、深呼吸し、
ジャッジメント(評価・判定)をせず、
ありのままを受け入れて行けると、あなたの
感情コントロールのスキルも向上するのでは
ないでしょうか。



11、自分自身に優しくする

感情をコントロールするためには、
自分自身に優しく接することが大切です。

自分自身を批判したり、責めたりする
ことは、ストレスを高め、感情を
コントロールする能力を低下させます。

あなた自身に優しく接することは、感情を
コントロールするための重要なスキルの
1つです。

自分自身に対して優しく接するには、
いくつかあります。


・自分に対して優しい言葉をかけることで、
自分自身を励ますことができます。

たとえば、自分に対して「あなたは素晴らしい」
「頑張っているね」といった言葉をかけることで、
あなた自身を励ますことができます。

・自分自身に対して自分の感情を認めることで、
あなた自身の理解を深めることができます。

たとえば、「今は悲しい気持ちである。」と
自分自身に対して認めることで、感情を認識し、
それに対して適切な対処をすることができます。

・自分自身に対して適度に休息を取ることで、
ストレスを軽減することができます。

たとえば、適度な運動や良質な睡眠を取ることで、
自分をリフレッシュさせることができます。

・自分自身に対して思いやりを持って接することで、
自分に対する信頼感を高めることができます。

たとえば、自分自身に対して、
「こんなこともたまにはあるよね」
「誰にでも失敗はあるよ」といった言葉をかける
ことで、自分自身を肯定的に捉えることができます。



自分に優しい言葉をかけたり、感情を認めたり、
適度に休息をとったり、思いやりを持って接する
ことで、自分を励ますことにつながります。

これらの方法を実践できると、自分自身に対する
理解を深め、感情をコントロールするための
スキルが身に付いて行くのではないでしょうか。



12、自分を客観的に見る



感情をコントロールするためには、自分自身を
客観的に見つめることができなくてはいけません。

自分自身を客観的に見ることで、あなたの感情を
理解し、感情をコントロールするための対策を
練ります。

自分を客観的に見ることは、あなたを第三者の
視点で見ることを可能にします。

自分自身を客観的に見つめ、感情を
コントロールするには。たとえば、

・自分自身を観察することで、あなたが
どのような感情を持っているのかを把握する
ことができます。そして、あなたの感情に
対する理解を深め、感情をコントロールする
ためのスキルを身に付けて行きます。

一歩引いて見る。俯瞰(ふかん)で、
あなた自身を見つめる。ことです。
自分自身を客観的に見るためには、あなたが
持っている感情や行動を見て、あなたに
どのような結果をもたらすのかを冷静に
分析することが大切です。


・自分自身に問いかけ。ことで、あなたの
感情や行動を客観的に見ることができます。

たとえば、「自分がなぜ、このような
感情を持っているのか」「自分が
今やっている行動は、将来どのような
結果をもたらすのか」といった問いかけを
行なうことで、いまの感情を理解できます。

感情と行動を分ける。ことができると、
客観的な視点を持てます。
自分自身が持っている感情に対して、感情に
支配されずに「冷静」に行動することができる
ようになると感情をコントロールしたことに
なります。



あなた自身を観察し、一歩引いて見る。
自分自身に問いかけ、感情と行動を分ける
ことで、感情をコントロールするための
スキルを身に付けて行けるでしょう。



13、ストレス環境を整理する

あなたにとって「ストレス」となる環境を、
持っているでしょうか。


あなたにとってストレスとなりえる環境を
整えることで、感情をコントロールすることが
できます。

たとえば、自分にとって居心地の悪い場所から
離れることや、ストレスを感じる人から距離を
おくことができると効果があります。

また、自分にとって居心地のよい場所を作り、
リラックスできる空間を作ることも、もの凄く
大切です。

ストレスは、私たちが日々直面する問題や
課題、または環境からの刺激によって
引き起こされます。


あなたはストレスが続き、感情的な不安や
怒り、疲れ、不眠などの症状を経験したことは
ないでしょうか。



ストレスを引き起こす問題や課題を解決する
ために、たとえば、定期的な運動や健康、
質のよい食事、睡眠、ストレスを解消するための
ヨガや瞑想などのリラックスする習慣を
身につけると、ストレス解消に期待できることは
周知の事実です。


あなたにとって「ストレス」を減らす環境を
整えることができると、より健康的でバランスの
とれた生活を送ることを可能にし、感情を
コントロールするスキルも向上、改善する方向に
結果、向かうことになりえるでしょう。


14、好きなことに集中する

あなたは、自分にとって大切なことに集中する
ことができているでしょうか。


あなたが目標や夢を持ち、日々努力することで、
感情をコントロールする力を向上させることが
できます。

また、自分の時間やリソース(収入源)を大切にし、
あなたにとって重要なことに集中することも
有効的です。

あなたが好きなことに集中できると、
感情は抑えられ、精神的にも
エネルギッシュになり、自分自身に対する
自信や満足感を高めます。

自分の興味や情熱に向かって時間や労力を
費やし、または家族、友人、社会にとって
意義のあることに取り組むことも、感情を
コントロールする上でも効果があります。


自分にとって重要なことに集中することは、
感情を管理することを助けるだけでなく、
時間の有効活用や生産性の向上にも
つながると言えるでしょう。

ストレスやネガティブな感情を管理するために、
強力なツールとなり、あなたをポジティブな
気持ちに、感情をコントロールすることが
できます。


15、健康習慣を取り入れる

健康的な生活習慣を取り入れることで、
ストレスや不安を軽減し、感情を
コントロールすることができます。

身体的健康は、心理的健康に密接に関係しており、
適切な生活習慣を取り入れることや適度な運動、
食生活の改善は、ストレスやネガティブな感情を
軽減し、免疫力を向上させます。

健康習慣を取り入れるには、いままでの生活習慣を
改善する必要があります。たとえば、ストレス環境から
離れることであったり、いままで毎日飲んでいた
お酒を週2~3に改めるなど、少しずつ改善しなくては
健康的にはなれません。

趣味や興味のあることに時間を割くことで、
自己成長や満足感を得られます。また規則正しい
食生活に、早寝早起きなどを習慣にできると、
あなたの感情も落ち着きを取り戻し、コントロール
できるようになるのではないでしょうか。

心身ともに健康であることは、感情を
コントロールする上で必要不可欠な条件です。

日常的に健康な生活習慣を取り入れ、自分自身に
対するカラダのケアができなくては、感情を
コントロールするのは難しいかもしれません。


16、目標設定をする

目標を設定することで、あなたが望む方向に
進むことができ、その過程で発生する様々な
感情に対処することができるようになります。


あなたが望んでいる明確な目標があると、
あなた自身がどのような行動をとるべきかが
分かってきます。


あなたが自分の行動や思考に焦点を当てる
ことができるので、感情のコントロールが、
スムーズになることでしょう。

たとえば、目標を達成するためには、努力や
忍耐が必要となることが多いため、達成する
ための行動を意識することで、挫折や失敗に
よって生じるさまざまな感情にも対応できる
ようになります。


そして、自己評価も上がり、ポジティブな
感情を抱くことができるようになると、
ストレスも軽減して行くのではないでしょうか。



明確な目標を持ち、その目標に向かって
前向きに取り組むことで、自己評価を高め、
ストレスを軽くできると、スムーズな
感情コントロールが、可能になります。
>>未来で自分のなりたい姿をイメージする方法
目標を立てて、感情のコントロールができれば、
あなたの夢に近づけるかもしれません。

17、専門家のサポートを受ける

感情をコントロールするためには、専門家の
サポートを受けることも有効です。

心理療法やカウンセリングを受けることで、
感情をコントロールするための技術を
学ぶことができます。

また、専門家のサポートを受けると、感情を
理解できるようになり、より効果的な
感情コントロールができるようになるでしょう。


感情をコントロールする能力が向上すれば、
必然的にストレスや不安も軽減できますが、
感情をコントロールすることは、簡単では
ありません。

しかし、専門家によるサポートで、感情を
コントロールするための新しいスキルも
習得できます。


専門家に相談することで、自分自身に対する
洞察力、自己理解を深め、感情を
コントロールするスキルは、もちろん
コミュニケーションスキルの向上も期待できる
かもしれません。

-メンタル
-