マイナス思考を改善する方法。吟味3選と特徴まとめ

メンタル

マイナス思考を改善する方法。吟味3選と特徴まとめ

マイナス思考をプラス思考に
変えることはできないのでしょうか。

否定的な考えが先行して、
やるだけ無駄と消極的で
悪い方向に考えが向いてしまう。


自分自身の経験や行動に自信がなく、
他人からの反対意見に、もの凄く敏感。


「マイナス思考の人」と「マイナス思考の人」が
手を組むと、「プラス」に働き、お互いを支え合えて、
家族やビジネスパートナーには良いかもしれません。

そして、
「プラス思考の人」と「マイナス思考の人」が
一緒になると、プラス思考の人がマイナス思考の人に、
寄り添った結果、マイナスの感情が生まれ、
我慢を強いられることになります。

マイナス思考の人をプラス思考に
変えることができれば、プラス思考の人が
マイナス思考の人に惚れても
上手く行くということになります。


時間がかかってでも、プラス思考に変えたいと、
望めば必ず、プラス思考に変えられます。


もうこの記事をお読みになっていることが
もう、プラス思考なのです。


プラス思考へ一歩、踏み出したのです。
プラス思考になるとは、こういうことで、


プラス思考の人は、前向きの積み重ねで
出来ています。

自分のマイナス思考も受け入れながら、
少しづつプラス思考に変えて行きましょう。


この記事を読み終えた頃には、プラスよりな
考えに近づいることでしょう。

規則正しい生活リズムに、メラトニンで調整する?
「時差ボケ」にならないようにするには?その地で、日の光のあるうちに活動し、規則正しい食事(朝・昼・晩)を摂ることで、無くして行きます。

マイナス思考の人の特徴

・行動を起こす前から否定的な考え方なので、
なかなか行動できない。

・人と上手く接することが出来ないので、

集まりは避けがちになる。

・未来への不安が強く、迷いや悩みごとなどが多い。

・悪いことを想像してしまい、吐き出す言葉も
後ろ向きになりがち。

・急な出来事の対応に弱く、撃たれ弱い所もある。

・見ている範囲が狭く、目の届く範囲も狭い。


・少し柔軟さに欠ける所もあり、周りが
困惑することもある。

・夜型の人も多く、斜に構えているような所がある。

・どんどん人前に出て行くというよりは、
控え目である。

・人に迷惑が掛かることや頼ることを嫌う。

マイナス思考の人はまず、マイナスな感情が先に浮かび、
不安から迷いが生じ、結局は断る方向の返事を返してしまいます。


行動を起こした挙句の果てに失敗や思っている通りの結果に
ならないと忘れられないほどの、後悔の念に悩まされてしまうことも。


それだけ心への痛みや感情に敏感で、この結末になることを予測できるが上の
拒否反応でもあり、ある意味、先が読める能力が高いということも言えます。

先読みの能力を生かせる場所を見つけられると、活躍できそうです。
開発者や発明家、インターネット業界で、お役に立てるような気がします。

メンタルヘルス不調には、深い睡眠が必要不可欠?
メンタルヘルス不調を気にしていないあなた?もしかすると予備軍かもしれません。。メンタルヘルス不調に必要な睡眠時間とは?

マイナス思考のメリット

・怪しい勧誘などで騙されるようなことが少ない。

・大きな失敗をすることが、ほとんどない。


・繊細で人の気持ちに敏感である。


・良い方に鈍感さが出ると強みになる。(人間関係など)


・一人、黙々と行う作業に向いている。


・努力家で職人気質な所がある。


・他人の細かい所に気付くことが出来る。


・同じ間違いを犯すことがあまりない。

マイナス思考の人にも、物凄く良いメリットと
言えるものがたくさんあります。


マイナス思考を全て捨てるのは少しモッタイ無いところもあり、
他人の気持ちに寄り添え、大きな失敗や大きく騙される事も
少ないという用心深さがプラスに働きます。


このようなプラスの面に「気づけるか、気づけないか」でも、
マイナス思考に偏りがちな人には「生き方」や「考え方」にも
変化が生じて来るのではないでしょうか。

マイナス思考の人には、周りの人に気づかれ難い
プラス面をたくさん持っております。

どんどん活用されて行かれると、もの凄い力を
発揮されること間違いなし、でしょう。

マイナス思考のデメリット

・成功が遅く、大器晩成型になりがちで、
タイミングを逃しやすい。

・鈍感さが、悪い方に出ると孤立してしまう

可能性もある。(人間関係)

・階段から落ちる夢をみる。(失敗や挫折の暗示)


・人に迷惑が掛かることや頼ることを嫌う。


・ストレスを感じやすく、人見知りな所もある。


・マイナスな感情が進むと体調を崩しやすい。


・本当の思いを伝えることが出来ずに終わる。

マイナス思考がデメリットに運ぶとするならば、
チャンスを逃してしまうことだけではないでしょうか。


世の中にはさまざまな人がいて、
人それぞれ性格も容姿も違います。


それぞれのチャームポイントやセールスポイントを
「強み」「売り」「取り柄」にして行くことが大切です。


マイナスに考えている場合ではないときが、必ず訪れます。


ほんの数回、訪れるチャンスを掴み取れるのか、
それとも逃してしまうか?でも
この先、変わって来るのではないでしょうか。



少ないチャンスを必ず、手にできるよう、
私も願っております。

自分を変えればいいのに。(怒りのメリット、デメリット)
怒りの感情をコントロールできると、たくさんの得が舞い込みます。自分を変えるチャンスがここに。

マイナス思考の人の考え方と行動

・悪い情報などが、自分の身の回りでも
起きるのではないか?と、必要以上に心配になる。

・少し柔軟さに欠ける所もあり、

周りが困惑する事がある。

・他人と比べてしまう所があり、

自暴自棄になりがちである。

・自分の思惑と違う結果になることを

考えると、すべてが嫌になる。

・斜に構えている所があり、人の意見を

なかなか受け入れられない。

・知人が酷く落ち込んだ時は、優しく親切にできる。


・『浅い川も深く渡れ』なほどに慎重である。

人が何かを始める時には、勇気が必要です。
経済的なことや環境、時間など、
いろいろな所で変化が生じ始めます。


勢いで当たって砕けてしまう人もいれば、
慎重に慎重を重ねた上に、やっとの思いで
動き出す人もいます。


マイナス思考の人は、『浅い川も深く渡れ』の人が
多いのではないでしょうか?


浅い川も深く渡れとは、
ありきたりな事でも簡単に考えず、
気を緩めることは危険であるということ。



慎重に慎重を重ね、自分で納得の行くものであれば、
それは結果オーライで、素晴らしいことなのではないでしょうか。

楽しい人生を送るために必要な、未来設定とその後。
あなたは、路頭に迷いたいですか。なぜ、未来設定が必要なのでしょうか。未来設定の重要性とは。

マイナス思考の人の良い習慣

・結果を想像できる。

・用心深い所がある。


・コツコツ努力が出来る


・一つのことに、のめり込むと

抜群の集中力を発揮する。

・他人を鋭く観察している。


・場の空気を読むのが速い。

コツコツと努力できる人は羨ましいです。
最大の武器となり得るのではないでしょうか。


抜群の集中力に、場の空気も読める人。
本当に素晴らしいですよね。


どこかのスイッチに、軽く触れたとき
とんでもない人間になっていることも。



未知なる可能性を秘めている方も。
いるのかもしれません。

目標設定でやる気(心)のモチベーションを上げる方法
目標を立ててからのゴールの設定は、とても大事です。人が何かを始める時、目標は?何にするのでしょうか?勉強やテスト・試合・大会などと目標達成を決めている人がほとんどではないでしょうか?

マイナス思考の人の悪い習慣

・否定的なことや消極的なことを
ずっと考えている。

・他人の気持ちを
いつも気にしている。

・夜型なので、昼間は寝ている。


・朝、昼、晩の食事を摂らずに

お菓子を食べているような人もいる。

・どんなことにでも疑い深い。


・何もする気が起きず丸一日、

ずっと寝続けていることもある。

極端にマイナス思考の人は、他人の言動や
行動などを思い出して、消極的な事を
考えてしまうこともあります。


考えたくなくても、自然と
浮かんで来る感覚。


モノに対しての否定的な事は、
自分の感情や気分、癖でもあり、
改善の余地があります。


他人へのマイナスな感情に関しては、
相手とのイザコザを解消することが
先決です。

相手も何か、否定的な思いを
抱いているのかもしれません。


仲良くなれる可能性も。。

記憶にございません。では、通用いたしません。(記憶力)
記憶力を高める、事始めの歩みにいかがでしょうか。記憶力向上に大事な事とは。

マイナス思考の人の口癖

マイナスの言葉

・うまくデキなかったらどうしよう?

・私には無理、成功するはずがない。


・失敗しそう、間違えそう


・『自分なんか』と良く口にする


・どうせ私には出来っこない。


・どう考えたって無駄、無理。


・用事がある、忙しい、だって、だから、

でも、どうにもならないが口癖。

マイナス思考で本当に悩んでいる。という人は、
使う言葉も変えると良いでしょう。

始めは生活面での癖を変えて行くことも大事ですが、
口癖を変えて行くことも大切です。


いきなり全面的に変えることはやめ、
マイナスの良い面は残しつつ、
前向きな言葉も使いながら、

『プラス+マイナス=ゼロ』ぐらいを
目標にされて見てはいかがでしょうか。


『いいかげん』⇒『良い加減』ぐらいな
心がけが丁度よいでしょう。

プラスの言葉

・やって見せる・やって見る・やって見よう。

・必ず出来る・必ず勝てる・最高です。


・出来るのは、自分しかいない、成功する。


・楽しい・嬉しい・面白い・ワクワクする。


・興奮する・喜ばしい優勝するぞ。

・やるなら今しかない、今でしょう。


・やる・デキる・叶う・可能だ・ありがとう・勝つ
など。

プラスの言葉を口癖に、プラス思考も少しづつ取り入れて行けると、
なんとなく変わって行く自分に、気付くことでしょう。

なんでも、やって見る。を、大切にしたいですね。

ストレス要因をチェックする?(年代別)
ストレスに感じるものは、年齢によっても変わって来ます。ある年齢になると、どのようなストレスが待ち受けているのか?確認して置いても良いのではないでしょうか。

マイナス思考を改善する方法。吟味3選

1、マイナス思考で夜型の人は、朝型に直す

昼間寝て、夜に働き、
夜に行動しているという方で、

・気分の落ち込み
・やる気が起きない
・深く悩んだりする
・酷い頭痛や腹痛

このような症状のある方は、
間違いなく夜型が合っていない。
または、
ストレスを感じていることもあり得ます。


朝、目を覚まし、夜眠る。という習慣に
変えることをおすすめいたします。

かなり改善できるのではないでしょうか。

2、自分に、ご褒美を用意してから運動に出かける。

なんでも良いのですが、自分の得意な運動を
取り入れてみましょう。

まずは、ウォーキングから始められても良いです。

近くの公園や今までに行ったことのない街に行って見たりするのも
ビックリするような発見もあって、楽しいこと間違いなしです。

しっかりと時間を決めて歩くよう、心がけましょう。
楽しさのあまり時間を忘れてしまいます。


もちろんランニングでも良いですが、
初めは、10分から20分!
どんどん増やしても良いですし、
10分と決めても良いです。

そして、その10分間のウォーキングが終わった後に
ケーキでもプリンでも、なんでも食べて良いという
ご褒美を作りつつ始められて見てはいかがでしょうか。


人が何かを始めるときには、理由が必要です。

その理由が、マイナス思考の改善と
ご褒美となれば、一石二鳥で楽しみ倍増になります。


前向きな楽しみが出来て、とても良いこと間違いなし。
時間が来るのが待ち遠しくなるかもしれませんね。

※ただし、食べ過ぎには注意しましょう。

3、お風呂に浸かりましょう

運動して、いろいろなモノを発散してきた後に、
もう一度さらに、いろいろなモノを洗い流し、
捨て去りましょう。


嫌な思いをしたこと、
失敗して恥ずかしかったこと、など、
「湯船に浸かり」ゆっくりと汗と共に
追い出してしまいましょう。


自分なりのルーティン作り、
行動を繰り返している内に
いろいろな考えや思いに、
よい変化が訪れる日が必ず、来ます。

継続は力なりです。。

自分を変えたい?はじめの一歩。(怒りの原因)
怒りをコントロールできる自分を手に入れたくありませんか?そんな真面目な、あなたに読んで頂けたら幸いです!

まとめ

マイナス思考の人は努力が出来て、
行き当たりばったりや
当たって砕けろなところがあまりない。

という事を考えると、成功の可能性を
秘めたものをお持ちになっていると
言えるのではないでしょうか。



いつもマイナスなことを想定しているので、
プラス思考も取り入れ、臨機応変な対応が可能になると、
もの凄い人になっているのではないでしょうか。



さまざまなことを受け入れたという習慣は、
自分の中で反省することもでき、

次のステップへ繋げることを可能にします。



マイナス思考をほど良く残し、
プラス思考を上手く使いこなせたとき、
今までに見たこともないような笑顔に、
出逢えるかもしれません。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

タイトルとURLをコピーしました