食育

規則正しい生活リズムに、メラトニンで調整する。

規則正しい生活リズムが、良い習慣を作る

お腹を抱える女性

あなたは、しっかりとお腹が
空(す)くでしょうか?



朝、昼、晩としっかりとした
食事リズム」が習慣付いていると、
ある時間になると、お腹が空いてきます。



これが朝食を食べずに、一日の最初の食事が
お昼からという人は、
お昼間食おやつ夕食間食」と
このような食リズムを刻んだりします。

このリズムで食べていれば、
お腹の空く暇などありません。


これが俗に言われている、
メタボ」習慣。
お腹が空く暇を与えずに
常になにかを食べ続ける。


このリズムで食べていれば、
痩せる」ことなどできません。



そして、この食生活習慣を続けていれば、
寝る時間も不規則になりがちです。


夜遅くまで、なにかを口の中に
入れ続けていれば、寝る時間は遅くなり、
朝起きる時間も遅くなる。


悪い習慣、生活の乱れのはじまりです。
いまの食生活習慣が10年後の
あなたを作ります。



10年後には、もしかすると、
動けなくなるぐらい、大きなカラダに
なっているかもしれません。



朝起きて、朝食。仕事(学校)に出かけ、
働いたり、勉強したり、そうこうしている間に
午後12時ごろ、自然にお腹が空く習慣。


人間にとって、当たり前で健康的な
生活リズム」を作ることが
いま求められています。


とても重要かつ大切になって来ている。
生活習慣」ということが
言えるのではないでしょうか。



昔から人間は朝、起きて、
昼間に活動し、夜はゆっくり休む
という習慣が身に付いています。


子供のころから社会人になるまでに
習慣づけられた。とても大事な
生活リズム」です。

概日リズム(サーカディアンリズム)


人間の一日のリズムで
サーカディアンリズム(概日リズム)

という言葉があります。


サーカディアンリズム (circadian rhythm)とは、
「人間(生物)の運動」「生理現象」など、
24時間周期をリズムとし、体温やホルモン分泌も
サイクルで変化すると考えられていることを
内因性リズム(体内時計のようなもの)。を、
サーカディアンリズム(概日リズム)。といいます。



カラダの体温は昼間に、もの凄く高くなり、
夜、もっとも低くなります。



人間に自然と備わった、
眠りを誘うリズムです。




人間は地球の自転と同じサイクルで
内因性リズム(体内時計)を持っております。


24時間周期で、朝・昼・晩の
規則正しい食事や日の光に当たることが
人間の習慣です。



私たちは地球に生まれでたときから、
地球のリズム、地球による習慣、
地球のルールで生かされている。
ということになるわけです。



人間がもともと持っている体内時計、
睡眠リズム、食生活、規則正しい生活は、
地球のサイクルと一緒に作られている。
ということが言えます。



家に「カーテンのない生活」を心がけると、
あなたも「健康」になるかもしれませんね。

時差ボケ


普段から体内時計を正常に
保っている状態で、海外に行くと
時差ボケ」を起こします。



地球は丸いので、日の出の時間が
変わって来ます。なので、

時差ボケ」を治すには、その地で、
日の光のあるうちに活動し
規則正しい食事(朝・昼・晩)を摂ることで、
時差ボケを無くして行きます。



狂ってしまった「概日リズム」は、
その地の、日の光や食事の時間(食リズム)で
調整しなくてはなりません。



最近のスマホやパソコン、テレビ、
ゲームなどの普及により、「起床時間
食事を摂る時間」など、生活リズムの
乱れた状況ができあがっております。



幼少期から成長期のころの、
生活リズム習慣は、もの凄く大事であり、
子どものカラダの成長を妨げる
要因にもなりえます。



両親による規則正しい「早寝早起
食生活習慣」を親が、お手本となり実践し、
子どもたちに教えて行かなければなりません。

メラトニンについて

メラトニン分泌している

メラトニン』は日中、日の光を
浴びると減少し、夜、暗くなると
分泌量が増えて行きます。


メラトニンは、
朝、日の光を浴びないと、
分泌されないということです。


メラトニンは朝起きてから15時間後に
分泌されます。朝7時の起床であれば、
夜10時ごろということになります。


メラトニン』が脈拍、体温、血圧
低く保つことで、眠りに入る用意ができた。と
カラダが認識し眠りを誘います。。


また朝日を浴びて規則正しく生活することで、
メラトニン」の分泌量が調整され、人の体内時計や
生活リズムを整える働きが行なわれるのです。




不規則な生活で夜と朝が、逆転するような生活を
続けていると「メラトニン」は分泌されず
睡眠障害が起こり、『不眠症』の原因になります。




メラトニン』が一番多く分泌されるのが
幼児期(1~5歳)と言われており、
そこから歳を重ねるごとに分泌量は減って行き、
睡眠時間が短くなる傾向に。



よく、「歳を取ると眠れなくなる」と言います。
メラトニン」の分泌量が減ったということが言えます。



メラトニン 』は脳にある 松果体(しょうかたい)から
分泌されるホルモンで「生活習慣」「睡眠リズム」を整え
現地に合わせた、体内時計を調整します。



朝起きて、夜眠る。ことは、
人間が自然に備わった
体内時計」「生活習慣
ということになります。

 

分泌(ぶんぴつ)とは、
人間や生物がカラダから排出する特有の
代謝物のことをいいます。

分泌を行なう細胞を腺(せん)細胞といい、
ホルモンを体内に出す「内分泌」
汗を体外に出す「外分泌」などがあります。

皮をむかれたバナナ
バナナ好きの人だけが知っている?秘密の栄養成分とは

続きを見る

 

-食育
-