食育

食育を学ぶ環境が、心とカラダ(健康)に生きる力を与える

食育を学ぶ環境が、心とカラダ(健康)に生きる力を与える

生きて行くために普段、
なにか考えていることは、
あるでしょうか?


日々、お腹が空けば何か食べ、
眠くなれば眠る。生活を日々、
送られているのではないでしょうか。




何もなかったかのようにグッスリと、
いびきでも搔きながら。。



もしあなたが、普段の食生活が原因で、
病気になったとしたら、いまの食生活を
継続するでしょうか。


食べることは生きることの基本であり、
人間を作る土台』になるものです。




食生活が人間を作る」と、
言っても過言ではありません。


いま、
食べることへの「変化」が
起こってきております。


健康で楽しく、「食環境」を
考えて食べる必要性や子どもの
幼少期から成長期にしっかりとした、
食べるものへの選択力や偏りのない
食生活習慣が求められております。


それは子どもたちだけの力では難しく、、
親御さんの、お力添えがないと、
難しい判断であると言えるでしょう。




家族全員で、力をあわせて、
食育」を学ぶことが必要に
なってきている。と、
言えるのではないでしょうか。

『反抗期』

私の周りには、成長期に起こる
反抗期が無かった」という方も
なかにはいたりもします。



私が生きてきたなかで、
ほんの数人ぐらいですが
反抗期がない」という人は、
本当にめずらしいです。


親御さんの教育、努力が
功を奏した結果ですね。



また、一方で、「反抗期」のときは
もの凄く荒れていた。
という方もなかには。


ごく一般的な結果ですが、
どこの家にも「反抗期」は、
「何かしらある」と言われています。




「親の言う事を聞かない」とか、
「いつもイライラしていた」など、、
反抗期」の言動や行動には、
人それぞれ違いがあります。



ある主婦の方は、
各家庭の教育の違い
食生活や食べているものの違い
またある主婦の方は、
夫婦間の問題や家庭環境の違い」などと、
言う方も。。

子供のころの食生活や教育、健康、
人格形成は、子どもの頃の環境が
影響を及ぼしていると言っても
よいのではないでしょうか。

辛いエピソード

私の中学校では、
少し荒れていた者もいました。



その一人にいろいろと「おかしな言動」が
会話の中に混じっていたので、一度、
腹を割った話しをしたことがあります。



中2の夏ごろ、学校帰りに近くの公園で
その彼と少し話しました。聞くところによると、
両親の仲も悪く、おばあちゃんの家で
暮らしているとのことでした。


両親の仲は少し問題ですが、どこの家庭でも
両親の喧嘩の一つぐらいあります。


そして、
おばあちゃんに関しては、物凄く彼を可愛がり、
決して叱(しか)ることはなく、過保護に
育てられていたとのことです。




それはそれで、なにも問題の無いことです。
幼少期は「おじいちゃん子」や
「おばあちゃん子」の子どもは
たくさんいます。



しかし、
私の同級生にとって、そのことが
彼の「反抗」の始まりでした。

 

両親の仲が悪いというだけでも、
子どもにすれば、もの凄い「ストレス」です。

寂しさもあったのでしょう。

そこからの彼は、
夜も夜な夜な自由に遊び回り、
両親も、おばあちゃんも「何も言わない」
という野放し状態。


そして彼は、学校の給食以外は、
しっかりとした食事も、ろくに摂らず、
お腹が空けば、一人で外食、コンビニ弁当、
デザート代わりにスナック菓子を
「ほお張る生活」を繰り返すという環境でした。



 

当時、荒れている原因を聞いて、両親の問題、
食生活、食環境に問題があったと、いま思うと、
考え深いものが込み上げてきます。


もの凄く彼は悲しさ、寂しさを紛らすことで
両親に反抗し「自分の居場所」を求めて、
夜な夜な出歩き、食べたいものを
自由に食べ歩き、さまよっていたのです。

 

幼少期のころから、食環境や食生活を
人間らしく楽しく、健康に食べる。ことを
学んで行ける未来を、切に願うばかりです。

彼のような寂しく、哀しい経験を
いまの子どもたちにさせない。ことを、
未来へ訴えかけて行かなくては
なりませんね。


その後、風の便りで、彼は高校は行かず、
たくさんの仲間とバイクを乗り回す道を
選んだと聞いております。。んん、、。


【頑張る子どもたちを優しくサポート、
>>家族の健康は、食育から。
あと、一歩踏み出す勇気を、応援です。】

食育とは

子どもが野菜を取っている

様々な経験によって、「食に関する知識
食を選択する力」を身に付け、
丈夫で病気のないカラダを作る。ことを、
いま求められています。



そんな人間を育てる「食育」を
多く広めて行くことが求められ、
定義されているのが「食育基本法」になります。



食育』は、その中でも子供の「カラダの成長」や
「人格の形成」に大きく関わっていると言われております。



人生の一生涯にわたり、豊かな人間性と
健康な心とカラダを作って行くための基礎となる
ものであるとしています。



私たちはいま、日本に居ながら
いろいろな国のものを食すことが出来ます。



私たちはその、数ある情報、食材の中から
正しいもの、新鮮なものを選び取る目を
持ち合わせているでしょうか?



家族や友人の健康、幸せを考えたときに
悪いものや不要なものを避け、
質の良いもの」「カラダに良いもの」を
選び取る力を身に付けて行くことも
食育」では求められております。


例えば、
私たちの普段、炒めものに使っている油にも
カラダに良いものとそうでないものが存在するわけです。


調味料の、
「さ(砂糖)・し(塩)・す(酢)・せ(醤油)・そ(味噌)」にも
カラダに取り入れて、良いものと悪いものが存在します。



良いものを選び取る力は、カラダの健康、
体調、気分、性格にも影響を与えます。


また、反対に良いものを選び取ることが出来ず、
カラダに悪いものばかりを口にしていると、
どうなるのでしょうか?



極端なことを言いますと、いつも「風邪をひいている」
「不健康」「気分にムラがある」「カラダが優れない」
「カラダが重い」など、たくさんの症状があらわれることも。


いま私たちは、カラダに良いもの、
食べる環境、生きて行く力となるものを
選び取る力を『食育』から学んで行こう!と
言われているのです。

人参を食べる女の子
自分の食リズムを知り、栄養を取り入れる(食欲)

続きを見る

-食育
-