メンタル

笑顔の中に隠れているポイントで、優しいウソを見抜く?

カラダに隠れている、ウソを見抜く?

人はウソ吐(つ)きです!なぜウソを吐くのでしょう?

人がウソを吐くときはどんな時でしょうか?

失敗やミス、間違いが他人に見られた時、
人はウソを吐(つ)いてしまう時があります!

なぜ?

その心理は如何に?
恥ずかしいさ!」が一番に来るからです!

人は間違いを恥ずかしく思うのです!

人間は間違いを犯した人間を下に
見てしまう傾向があります!

人というのはどうしても他人と自分を
比べてしまう生き物です。

哀しい、生き物です。

会社や職場でも起こり得ることですが、
会社や社会というものは他人に順位を付けたがります。

上司・部下と上下の関係を大事にすることで
生き永らえていると言っても過言ではありません。

めんどうな社会?世界です、会社とは。。


人はどこへ向かい、どこを目指せばよいのでしょう。
目指した先に見えるものとは?


少し違う方向へ行き始めているので、戻します!


皆さん、相手のウソは見破れますか?
女の勘は、恐怖!です。ホントに??

ほとんど、男のウソは、
女性には、気づかれているのではないでしょうか?


ウソは口ほどにしぐさに表れ、
バレてしまうことも。。


ウソを吐(つ)いている時
人は何をしているのでしょうか?

男性が女性に会いに行くときの背中には、
羽が生えている?と、ある女性は、言っています!


もしくは、背中が踊っている?ようだとも、
言っております。

心当たりのある人?は、いないかもしれません。が、

ウソは吐いている時の人間のカラダは、
不器用です!

私たちはウソを吐いている時、
相手に解ってしまうのではないか?とか、

なんか? ウソ吐くことで、
悪いことでもしているのではないか?と、
考えが浮かんでしまい、自分のカラダを
落ち着かせようとします!


例えば、ウソを吐くことに罪悪感を感じ、
汗を拭うようなしぐさ顎(あご)を触ったり、
鼻を触ったりするしぐさを行なっています。

あとは以前にもお話ししたように
瞬き貧乏揺すりをしてしまうという行動が
顕著に表れます。

ウソ吐(つ)く人の特徴!

【場を和ませる】

場を和ませるために、面白い話を盛り盛り気味で
ウソを交えながら話す!

例えば、
お酒が入っている場を盛り上げるために、ウソを交えながら
盛り上げているのであれば、相手も明日には忘れている可能性もあるので、
「今夜は無礼講だ!」で、多少のウソを吐いても良いでしょう?

ただ場を和ませるために、あまりにもみんなが喜んでくれているので
ウソにウソを重ねて、ウソの上塗り加減が酷くなると、ウソ吐きの「汚名」を
着せられてしまうこともあり得ます!ので、多少の注意も必要になります。

やり過ぎには、
気を付けなくてはいけません!

何事もやり過ぎ注意!です。

ウソは口を走らせます??

【プライドが高い】

ウソを吐(つ)いてしまうという人には、
プライドが高く、見栄っ張りの人が物凄く多いです!!

人に良い恰好を見せたい!とか
良く思われたい願望!が強いのでしょう?

自分の弱い部分を他人に見せられない!

他人に自分の凄さをアピールする!という
プライドがウソを吐かせるのです。

【自分に自信がない】

たまにいますが、あまりにも自分に自信がないために
大風呂敷を無理に広げてしまう人?

ウソを吐いている時は自信満々に話しているのですが、
なんか?ウソ臭さが漂っている人?可哀想な人?が、
この世の中には、いるのです!

ホント、聞いていて可哀想に感じてしまう人!
自分の弱さ馬鹿にされないように
虚勢を頑張って、張っている人?

みんな、生きる為に必死です。。
必死でウソを吐き、必死で生き抜いています!

【視線が泳いでいる】

人は、やましい考えが湧いたりうしろめたいこと
ウソを吐いている時に目がうろうろ」と泳ぎ始めます。

相手に間違いや過ちの根本的な原因を
知られたくない思いがウソを吐かせます。

吐いたウソが目を泳がせ、後々の後悔を生み出します。


「覆水盆に返らず」で、やり直すことの出来ない!
後悔だけは、出来ればしたくないですよね!潔くウソを吐く前に、
謝てしまった方が楽かも?しれませんね!

覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)とは、
一度起きてしまったことは、二度と元には戻らないということ。

【 口を隠すような仕草】

ウソを吐いてしまった?という思いから
口の周りをゆっくりと触ります。

そして、口の周りを触りながら、相手の様子も
伺っている?というようなことでもあります。

昔で言う所の武将であったり、策略家などの
ような立場や態度の方に多く見られます。

または、相手にウソを悟られないように表情を隠している?
心の内を知られないようにするための仕草になります。。

【優しいウソ】

人間界では時折、吐(つ)いても良いとされているウソがあります。
相手を思い、相手を考えての「ウソ」がそれに当たります。

相手をキズ付けずに、お互い無事に解決を迎えれるようにと
「気遣いのウソ」を吐くというものになります。

相手を気遣うウソを吐いた時は無事に事なきを得たつもりでも、
のちに、そのウソが明るみになった時の相手の顔ときたら?

この世の終わり?を感じるかと思えるほどの、
物凄い恐怖を覚えることでしょう!

もしかすると、
心の優しい人とは、ウソ吐きなのかもしれません。

相手の気持ちを察する能力が高いので、
相手のことを一番に考えた答えを模索した結果!が
ウソを吐かせてしまいます。

あなたも相手の「優しいウソ」を
汲み取って挙げるほどの技量が
有っても良いのではないでしょうか。

●【キズつきたくない】

こちらもある意味、プライドが高いという事も
言えるでしょう。

自分がキズつきたくないので、
ウソを吐(つ)くのです。

ウソを吐いて自分がキズつかないのであれば、
みんなウソを付きます?

人は何かを、間違えたり、ミスしてしまった!時には、
ウソを吐いても、吐かなくても、どちらにせよ、
キズつくものです!

何か?失敗や間違えてしまったような時には、
先に謝ってしまいましょう!

そして、
同じ間違いを二度と犯さない努力を、
すぐに始めてしまった方が、気持ち良いと思われます。

ウソを考える暇があるなら、先を見た方が賢明です!

●【良い印象でありたい】

これは誰でも、そう思います。

人は悪い印象より、
良い印象で一日を終わりたいものです!

頭の中に悪い印象が残ったまま、布団に入っても
良い眠りに就ける訳がありません!

気にする人は、ずっと気になる!という
人もおります。

物凄いウソというものは、いけません!が、ウソを吐かなくては、
後々、本当に自分が苦しむ?というのであれば、『軽いウソ』ぐらい
たまには吐いても、周りは見過ごしてくれるのではないでしょうか?


嘘も方便」とも言います!

・嘘も方便とは、
嘘をつくことは悪いことでもありますが、
時には嘘をつくことも必要であるということ。

【相手よりも上の立場でありたい】

どこの会社でも必ず、1人はおります!
自分を大きく見せようとする人?

無理に頑張って、ウソを吐(つ)いている人?

だいたいこのような人の話には、ほとんどの方が
聞き流しているのではないでしょうか? 


例えば、「私は、○○大学を出ている!」
「前職は、大手の○○会社にいた!」とか、
「○○会社の部長だった!」など
どうしても、あなたとは立場が違いますよ?と、

アピールをする人がおります!
それも事実なのか?ウソなのか?も
調べようのないお話し?

まったく、興味?も湧きません。

こちらとしては、不快感しか残らないので、
気を付けたい所ではあります!

そのウソ?必要ですか?

ウソを汲み取るときのポイント!

ウソを吐(つ)いている相手の気持ちなども考えると、
見破る、見抜くなどの言葉の方が正しいのかもしれません。

どうか?ウソを汲み取るような大きな心で
受け止めてあげても良いときもあるのではないでしょうか?

ウソを汲み取るときのポイント!』として、

人はウソを吐いたとき、気づかずに
手の動きを止めようとします。

例えば、
両手を脇の下にしまったり、ポケットに手を入れたり、
または両手を後ろに回して「休めのポーズ!」を取ったりします!

それに加えて、急に黙り始める人、おとなしくなる人もおりますし、
または逆に、
急に慌てふためく人であったり、
急におしゃべりになる人もおります。

そしてまた、
顔の表情にもウソを汲み取るときの
ポイントがあります!

人はウソを吐くと、瞬きの回数が増えたり、
目を大きく見開いたり、急に視線が覚束(おぼつか)なくなり、
急に視線が合わなくなる人もいます。

それに、笑顔も減り始め、目の奥が笑っておらず?
顔の表情もぎこちないので、違和感しかない!という方も、
なかにはおります。

人を良く観察している人には、
分かり易いのかもしれません?

趣味!人間観察?
なんて、人には、
ウソ吐けないかも。。

≪ウソを汲み取る(見抜く)14のポイント≫
●汗を拭うしぐさ
●胸元を触る(ノド付近)
●口に手を当てる
●鼻を触る
●貧乏揺すりが始まる
●ポケットに手を入れる
●両手を脇の下に入れる(腕組みをする)
●「休めのポーズ!」を取る
●瞬(まばた)きし始める
●視線が合わなくなって来る
●笑顔が少なくなる
●目の奥が笑っていない笑顔
●ぎこちない動き
●右斜め上を見ながら話す
(右脳が想像やイメージを司っているため)

まとめ

ウソを吐(つ)くことは、後々ストレスになることもあり得ます!

よくウソを吐く人というのは、ウソを吐いた後の、
後悔やストレスに苦しめられたり、周りの目や視線に
押しつぶされてしまうこともあり得ます。

ウソを吐いてしまうという人は、
注意しなくてはいけません!

ウソを吐いてしまうと、ウソを吐いた内容も
覚えて置かなくてはいけませんし、ウソの話が
独り歩きして、とんでもない広がりを見せ、
取り返しのつかない所まで行ってしまう可能性もあります。

出来れば、
ウソは、吐かない方が良いです!


経験者は、語る?ではないのですが、
私もけっこう痛い思いをして、かなり疲れました!

相手を考えた「優しいウソ!」というのは、
時と場合や相手によっては、良いことのように感じます。


吐いたウソで
後々自分が追い詰められたり、苦しめられて、
ストレスを貯め込んでしまうようでは、辛さしか残りません。

人には、いろいろな他人がいて、
正直に本音を話すことが嫌な人もおりますし、
相手のことを思って、ウソを吐く人もおります。


嘘つきは泥棒の始まり!
なんて、言葉も。。

『泥棒呼ばわり?』は、されたくありませんよね。。

嘘吐(うそつ)きは泥棒(どろぼう)の始(はじ)まり!とは、
平気で噓を吐ける人というのは、泥棒することも平気であるということ。

笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

-メンタル
-