メンタル

腕組みが右脳左脳を刺激する理由とは?腕組みの心理11選

腕を組むしぐさ

腕を組む男性従業員

腕を組むしぐさには、何らかの問題が起きた時の
解決策を考えている時に良く取ってしまうしぐさです。

また、寒さや体を守る時や権力を示す時や
自信の表れなどの時に行っている人が多いのではないでしょうか。

私が思う所では、会社の『偉い人』のイメージが強いです。が
本当に成功されている人や会社の社長さんなどにはあまり見られないしぐさですね。。

上の上に登りつめたという人は、ほとんどの方が
謙虚であるので、あまり人前での『腕組み』は
されないです。さすがですね、

その辺が一流の方と私たち?との違い?なのかもしれません。

腕組みの理由には、男女でも違う?

腕組みは男性の方が多いという感じも受けますが、
私の印象では、女性の方が多いと感じます。

特に職場では女性の腕組みを良く見ます。
偏見でしょうか?

これでは語弊がありますが、デキる女性や女性の上司などが
悩んでいる時、女性の愚痴を聞いている時や解決策を
考えている時などに多く見えます。

それでは一般的には男性の方が多いと言われています。
なぜ、男性のイメージの方が多く感じるのでしょうか?

男性が腕を組んでいる場合は、権力・強さ・支配・威圧・問題追及などが
多いので男性のイメージの方が多いと言われる所以です。

体調がすぐれている時、気分も良く意欲的な時や元気で
ノリにノっている時に、腕を組んで考えることが多いです。

前向きに脳が働く感じが
腕組みを誘発させるのですね。。

女性が腕を組んでいる場合は、不満・苦しい・辛い・不安・苦痛な時
自分の身を守る意図も隠されているということです。

女性は不快や不安な時に腕を組むこともありますが、
バックやクッションなどで不安な事や苦手な事、苦手な人などから
身を守るという意味でも見られることがあります。



男性の腕組み:権力・圧力・強さ・支配・問題追及 など
女性の腕組み:不満・辛い・苦しい・不安・魅力のアピール などが、
考えられます

腕組みの心理!11選   

怒り顔で腕を組む女性

1、何かを隠している


何かを隠していて見破られないかと心配心から
腕を組んでしまいます。不安の現れです。

痛い所を突かれないように、腕を組み、壁を作り、
中に入って来られないように自己防衛の姿勢ともいえます。

また、スポーツの試合の時のコーチや監督などに多く見られ、
作戦やサインを見破られないようにと腕を組んでいたりもしています。。

2、警戒心からの腕組み


失敗や間違いなどを探られるのではないかと警戒してしまうことから
警戒心が強く働き、腕組みをして、自分を守るという防御本能でもあります。

初対面であまり、まだ信用できていない相手に対して、
身を守るという意味で腕を組み、体をかくまい、少し距離を取っているのです。

心臓の高まりや鼓動の速さを抑えようとするしぐさでもあります。

本人は感じていないかもしてませんが、
照れ屋の人人見知りの人はやりがちです。組みがちです。。

3,リラックスの効果


人によっては、本当にくつろいでいる時のリラクセーション
腕のストレッチリラックスに腕を組んで柔軟性を
取り入れていることでもあります。

腕を組んで体をクネクネするのも
良いストレッチ効果があり、とても気持ちが良いです。

腕の組み方でも脳に影響があると言われており、
『右腕が上は左脳』を『左腕が上は右脳をコントロール』しております。

いろいろな場面で変えて行くのも
有効的かつ効果的に働くこともあり得るでしょう。 

4、カッコつけで行っている


男性はやりますね!職場の会議の終わった後会社の食事会の時
団体行動の時に男性はカッコつけで腕を組むことがあります。


これは寒さや照れ隠しの所もあるので、
あまり、『何、カッコ付けてるの?』なんて言われると、
不快、不機嫌になったりもしますのでお気を付けください。


そのカッコ付けを褒めてもらえると、喜び、嬉しくなり
気分が良いことでしょう。


女性に褒めてもらえると、
惚れてしまいますね。

5,怒り、イライラしている


怒っている時は腕を組みます!

何から話そう?とか、何を注意しよう?と
怒りのあまり考えがまとまらない時に出ます。

この怒りのやり場に困った時に貧乏ゆすりにプラスの
腕組みがセットになり、とても歯がゆいです!


腕組みの回数が多くなるのは、
イライラしていたりストレスを抱えているサインの場合も。



人は怒り・恐怖・緊張・不安の時に大きなストレスを
感じると、安心感を得ようとします。


腕組みで上半身を隠すと守られている気持ちになり、
心が落ち着く効果があるので、イライラした時に
腕組みをしてしまう人は少なくないのです。

ストレス・怒り・不安・不満なことが溜まると
イライラが多くなります。



腕組みの多い人は、日々のストレスをきちんと解消できているのか、
一度考えてみたほうが良いのかもしれませんね。

 

6、腕組みが癖になっている


寒さをしのぐ時に良く腕を組む人やリラックスしている時に
腕を組んでしまうような人は、自然といつなんどきでも
腕を組んでしまうことが習慣になっているかもしれません。


結局、腕を組んでいる時の姿勢がとてもラクに感じて、
腕を組むことで脳を軽く刺激しているということも。。

手を動かすと脳の血流の流れが良くなり、活性化されます。
人と会う時や行動をする時の準備体操のような効果から
自然とおこなっていることもあり得ます。

 
腕組みでリラックスできることを知ってしまうと
癖になっている可能性があります。

7、相手の会話に呆れている


相手の話しが何を言いたいのか解らずにいたり、
困惑している時にしかめっ面と一緒に腕組みをします。

相手の話を理解はしているけども、内容的に考えさせられるような時に、
一緒に悩んでいるようなしぐさ。。

長く生きているといろいろあります。

人に泣かされ、自分の行動・決断に泣かされ、
苦労の毎日です。

それでも、生きていたいと人は望むのです。
数少ない幸せや喜びを知ってしまったが為に。。

人間は腕組みで難しさを表現していますが、
腕組みで、難しさの表現を全身に巡らすことによって、
目の前の問題を軽減しているのです。


迷った時の腕、頼み?ですね。

8、不快な感情


腕組みの中の理由でも一番!は、これではないでしょうか?

どんな時でも人間は不快に感じる場面や感情は起こります。


買い物のレジ待ち』『注文したものの到着が遅い』
など、レスポンスの遅さには、
少し腕を組んで呆れてしまうかもしれません。


生きていると人生は不快・不愉快・鬱陶しいが
物凄く多いのではないでしょうか。。


頑張って、私と一緒に残りの人生、
生き抜いてやりましょう。笑。

不快な思いの腕組みは、有りですね!

9、権力の誇示


これは会社の上司に多いです。


部下を上から見下す、そんなことも出来ないのか!と

パワハラ・コンプラに、値しそうなぐらいの威圧感を与えます。


私の意見は絶対!周りが黒と思っていても、私が白と言えば白になり、
周りが白と思っていても、私が黒と言えば黒になると思っている態度は否めないです。


最悪な上司です。過去にこんな上司も。。


相手あっての腕組みは見苦しいですね!
気を付けなくてはいけません。。


同じ人間の取る態度とは思えないぐらい横柄に感じます。


このような人間にはなりたくないです。

10、誰かを待っている時


人との待ち合わせで誰かを待っている時や、
相手が少し遅れている時に表れます。

少し待ちくたびれているのか?


少しイラついている可能性も
あるかもしれません。


もし、相手を待たせているような時には
多少、お詫びの気持ちを持ちながら
待ち合わせ場所に向かうことをおすすめします。



本気で怒っている場合も。。

11、相手の話しに飽きてきた


お話しをただ聞いて欲しい!という方に多いです。


ちょっとの話しや会話をすることに問題はないのですが、
話しを聞いて欲しい人にありがちなことが、
同じような話しを何度も繰り返していることが多いです。


同じような内容の話をなんども聞かされる方の
身にもなって頂きたいものです。


相手も『藁にも縋る』思いであってのことなので、
何とか解決してあげたい気持ちはあります。が
難しい時もあります。。
 

そんなときに腕組みをして、
アピールをしたくなったりもしますね。。

自然現象です。。



藁にも縋る(わらにもすがる)=
(切羽詰まると普段は頼らないモノでも、頼りにしてしまうことのたとえ。)

 

腕組みが右脳左脳を刺激する!

ラッパーのように腕を組む男女
右の腕が上になる腕組みは「左脳」を刺激する

右の腕が上になる腕組みをする人は『左脳』を働かせています。
理論で攻め立て、言葉で伝えることが上手な人です。

・数学や科学が得意。
・言語を使って思考する。
・論理的に考えられる。
・コミュニケーション能力に長けている。
・計算することが得意で冷静。

 

左脳の働き:言語の思考や計算・論理的・冷静、
 読む、書く、会話、デジタル脳など、
知的能力の働きを司っているのが『左脳』であると考えても良いでしょう。

大脳の左半球のことをいい、右半身をコントロールしており、
人間が日々使用しているものが左脳の働きであるということです。

この左脳の進歩により人間が他の生き物との
線引きが出来ているところでもあります。 

左の腕が上になる腕組みは「右脳」を刺激する

左腕が上になって腕組みをする人は、『右脳』を働かせています。
センスが良く、言葉よりも直観や感覚で行動する方が多いと言われています。

・芸術(音楽・絵)の才能がある。
・物事のイメージが得意。
・表現力が豊か。
・記憶力がよい。
・天才肌である。

右脳の働き:クリエイティブな思考や直観、ひらめき、
感情表現の豊かさ、想像力、図形や音楽、映像の認識など
イメージ力や記憶力などの働きを司っているのが『右脳』であると考えて良いでしょう。

大脳の右半球のことをいい、左半身をコントロールしており、
創造的なことや突然のアイディアやオリジナリティなどに
関わっているのが右脳の働きであるということです。

この右脳の発達により、たくさんの便利なモノやコトが
人間のひらめきや発想力で、発展や進化を遂げて来たと言えます。


右脳と左脳をいろいろな場面で上手に稼働できるようになると
生きて行くことも楽に感じるかもしれませんね。




 

腕組みのメリット


・悩んでいるように見えて、心配されることも。
・デキる人だと思われる。
・脳の活性化に有効的である。
・強そうに見える。

腕を組んでいる時の、人を寄せ付けない感じや
寒さしのぎな所もあって腕を組んでいると
良いこともあるように感じます。


あまり、人と会話したくない時や
一人で考え事をしたい時などに良いかもしれませんね。


一人で居る時の『腕組み』は、おすすめ!です。

腕組みのデメリット


・人を寄せ付けないオーラ。
・話しかけ難い。
・偉そうに見える。
・機嫌悪そうに見える。

腕を組んでいる人に対しての印象は、怖い・威圧的であるや
威嚇などと言われ、マイナスイメージな面もあります。


人間関係を築いて行くには、警戒心も強くなり、
相手への印象も悪く、あまり良い関係には、
なり難いこともあり得るかもしれません。


腕組みにも、時と場合やタイミングが
大切になりますね。

理解できない腕組みとは?

一人寂しく腕組む女性

腕の持って行き場に困った時恥ずかしさを隠す寒さなどでも
腕組みされている人もおり、判断に迷うこともあります。


イライラしている時や権力を示すときだけに
表れるしぐさではないことも理解しておいた方が良いかもしれません。


人間は難しい生きものです。いろいろと。。


まとめ

腕を組む!というしぐさにもいろいろな心理も
隠されていて、判断に迷うこともあります。


決めつけ!という感情は少し心にしまい込み
疑いの眼差しで見るのではなく、相手の感情を
理解することが必要かとも思います。



腕を組むことで人は悩んだり、ストレスを抱えていたりと、
複雑な感情を抱いています。


優しい心と、救いの眼差しで接して挙げることが、
相手にも、自分にも良好的な行動なのではないでしょうか?



好きな人には、心のこもった愛情を捧げてください!ではでは。。。

笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

-メンタル
-