メンタル

あなたの心は見透かされている。(目は心の鏡)

あなたの心は見透かされている。(目は心の鏡)

あなたは会話の途中で、話し相手の態度に
異変を感じたことはないでしょうか?

例えば、話しをしっかり聞いているのか?と、、



目は心の鏡」とは、昔の人は
上手いことを言ったものです。



さすが、賢いです。。

目は口ほどにホント、よくしゃべります。
心の内を明かしてくれます。。



しゃべり過ぎなぐらい
よくしゃべる?


目は人によって、いろいろな印象を
作りあげます。


人の印象は目で、変わります。



私もよく騙(だま)されました?
誘惑の目に…。
 
 ☆
 ☆

そして、次の日のあさ、

え、ほんとに、、
それ、スッピン?

なんてことも…。。

いまでは良い、、思い出に。



気を取り直して、目線を下向きに、

行かせていただきます。

ホント、目の印象は大事です。



目を大きく見開いている時などは
誠実で話を楽しそうに聞いている、
良い印象を与えます。





目を細める』と、「気まぐれ」「エス的な要求」
相手を疑うようなイヤらしい目」を、
感じさせます。。

怪しくもあり、多少の恐怖心すら
覚えます。





よく女性向けの雑誌などに
可愛いメイク術でパッチリ見開いた
感情豊かなメイク法などを取り上げてます。。



が上下する

あなたは、自分の目の動きを
理解しているでしょうか?



お話しされているときの
他人の目の動きは、気になります。



上や下、横、斜め上下と
けっこう動きます。



目が上を見上げる/上に泳ぐ
過去の思い出や過去のことを
思い出そうとするときに目が上に泳ぎます。




目が『下を見下げる/下に泳ぐ』のは、何か考えたり、
不安に感じている時に、下に目が泳ぎます。



職場や大事な商談のときに
よく目にします。。

悔しんだり、困ったとき、
悩み、考えごとをしているとき、など。




私もそう言われると、
「なにかを思い出そうとしている」ときの
」は、上に。


誰かに、「言葉攻めにあっている」ときや
「悩みごとがある」ときの」は、
下を向いていることが多いです。


「無意識な動き」のようにも感じますが、



「目」が左右に動いている。とは、

少し恥ずかしくもあります。



大事な決断のとき」
「なにかを要求された」ときに
目を左右に動かし、解決策をいろいろと
探している。のかもしれませんね。


笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

目を閉じる

目は多くの情報を受け取る場所です。


目を閉じると、何も見えません。
当たり前ですね。




目が見えなくなると、いろいろな情報が
キャッチできなくなります。


ほんと、怖いです。
目が見えなくなることは。



人は眠いときや疲れ、考えごと、
集中するときに、目を閉じています。



頭を使って悩み考えたいときや整理したいときに、
閉じているという人が多いのではないでしょうか。




目を閉じる』しぐさには、

一時停止や不安・不快・恐怖、意見の食い違い
などの意味があります。




一時的に脳を停止させ、心にゆとりや余裕を
持たせようと無意識に行っている。ことが

ほとんどのようです。




目を閉じる』しぐさには、
ネガティブ、不安な感情
含まれております。

まぶたを触る

例えば、大事な商談のとき、話し相手が
手でまぶたを押さえているときは、注意が必要です。



相手が不快に思っていたり、
不安な感情が込み上げているときのサインです。



まぶたを触る』しぐさは、目の疲れや
不安に感じるような出来事、
「いまの内容はあまり聞きたくなかった。」
というときに現れます。



目を閉じたり、まぶたを触るしぐさは
ネガティブ感情」です。





男性に多いと言われ、結婚式の新婦側の
お父さんによく見られるしぐさになります。



少し不安に感じるところでも
あったのかもしれませんね。




複雑な感情でもあることは、確かです。


それはもう、目がしらも熱くなりますよ。

大事な娘を、、と、。



※注意事項として、

まぶたを触る』しぐさには、
すこし注意が必要です。

まぶたや目を指で触るようなしぐさは、
結膜炎』『ものもらい』になってしまう
可能性もあります。ので、


まぶたや特に、目に触れるときは
ハンカチなどで拭うようにすることを
おすすめ、いたします。


結膜炎』は、目の結膜が炎症を起こし、
目の充血や目ヤニの原因にもなり得ます。
そして、涙が出るなどの症状も。。



ものもらい』は、まぶたがぷっくり腫れるような

症状で痛みやかゆみを伴い、よく眼帯などされている人は、
ものもらいの方が多いとも聞きます。



大事な商談や面接のときに、
結膜炎」「ものもらい」には
気を付けたいものですね。

唇から人の心を読み取る (リップコミュニケーション)

続きを見る

 

-メンタル
-