メンタル

メンタルトレーニングとは、七転八起。

メンタルトレーニングとは、七転八起。

もし、なにかで「失敗した」とき、あなたなら、
どのような感情が、湧いてくるでしょうか?

ほぼほぼ、悔しい」「惨め」「恥ずかしい」など
マイナスな感情が沸いてきます。

これはそばに「他人」がいたときに
思い当たる感情です。

ほんま

他人に見られたときの「失敗」や「負け」は、
結構、心に響きます。

恥ずかしさや悔しいさが込み上げて来る。ような経験、
あなたも、一度はあるのではないでしょうか。


たとえば、

これが「一人で行動しているとき」だと、どうでしょう?


もし、一人で歩いているときに転んだり、
躓(つまづ)いたりしたとき、
あなたならどうしますか?




道を歩いているときに、もし転んでしまったら、
すぐに立ち上がり、周りを見渡し、さっさと逃げるように
立ち去るのが、ほとんどではないでしょうか。


ほんま

最近は、大々的に転ぶことはあまりないですが、
人生では転んでばかりです。

七転八起(しちてんはっき)で生きてます。。

七転八起(しちてんはっき)=7回転んで8回立ち上がることから。
何度、倒れても起き上がる。何度、失敗を繰り返してもへこたれず、
戦い抜くこと。



たまに「靴の重さ」に疲れてきたとき、5㎝ぐらいの段差に
躓(つまづ)く?ことはあります。笑。

あの時のこっぱずかしいさ?は、たまりませんね。
穴があったら入りたいぐらいです。。



「道」で、ちょっと転んでしまったときに、周りに
知っている人もおらず、ケガなどもなければ、
「なにもなかった感じを装い、素知らぬ顔??」で、

服の汚れを払い除けて立ち去る。」感じで、
そんなにマイナスな感情は起こらないのではないでしょうか。



起きますか?起きる!という方がいたら、すみません。。
しかし、これは「気にすることのない」、失敗です。


これは自分に原因があったのでしょうか?
自分の原因による可能性は少ないです。



例えば、道が凸凹で歩き難かった?
地面が水で濡れていて滑った? など、
これは自分ではどうすることもできない原因です。



あまり、考えるに値しないことが分かります。
とっとと、忘れてしまいましょう。

人生では、イレギュラーなことがたくさん!起こり得ます。


結構な確率の高さを感じてなりません。


テニスに打ち込む少年
どんなときにも活用できる。 【メンタルトレーニングスペシャリスト】の資格を取得!

続きを見る

計画を練り直す

たまに、頻繁によく「転ぶ」という方がいます


それはメンタルトレーニングの要領を、
少し取り入れることが必要な「例」になります。



なぜ?よく「転ぶ」のか?を

考える必要があります。



「凸凹の道をよく歩いている?」
「サイズの合わない靴を履いている?」など
ちょっとしたことですが、このちょっとしたことにも、
少し目を向けることが「メンタルトレーニング」になります。


※自分なりの「マイナス面」に、目を向けることが、
かなり有効的
です。


それでは「悔しい負け」「恥ずかしい負け」
「失敗して負けた」ことなどは、どのようにして、
やる気を維持して行けば良いのでしょうか。

ほんま

それは簡単です!ゆっくりグッスリ寝て、
スッキリ忘れてください。これが一番です。

うまく解決できました。解決に導けた。。
ということで、なによりです??

あまり冗談ばかり言っていると、お叱りを受けそうなので、
この辺にしておきます。。すみません。

(※眠ることでスッキリできる人がいるのも確かです。)




それでは、この悔いの残る「失敗」や「負け」は、
どのように処理すればよいのか?です。


なかなか立ち直ることができない人ほど自分を追い詰めてしまい、
どんどん下へ下へと、落ちて行く?ようではいけません。

人はどんなに、練習に、練習を重ねても
失敗してしまう生きものです。



確実にこれだけのことをやっていれば、

これだけの「結果」「成果」が出る。
というものはありませんし、分かりません。



普段の細かな「目的」や「予定」していたことでも、
「バランスの崩れ」は起こります。



「体調不良」や「天候」によっても
多少、「ペース配分」にも「ズレ」が生じます。


そんなとき考えることは、

「なぜ?予定通りに行かなかったのか?」
「なぜ?できなかったのか?」と、自分を責めるのではなく、
「この予定(内容)に!するべきだった。」

「この練習に!取り組むべきだった。」
というように考えて行きます。


例えば、
毎日のランニングを5㎞走ると目標に掲げたはいいが?
三日目に休んでしまいました。

それは、
やる気がないからだ!」体力がないからだ!」と、
自分を責めるような考えを持つのではなく、

「目標の掲げ方」に問題があり、ランニング5㎞と設定したものを
「3㎞」ゃ「2㎞」にすべきだったと考えて行きます。

※自分を責めるのではなく「目標設定」が、
単に下手だっただけです。



無理のない「目標設定」に気が付けたなら、
自分自身と会話を繰り返し、もっとも自分に合う
効果的な「目標設定」を考えて行きます。



メンタルトレーニングで大事なことは、

プラス思考です。


失敗したときに「なぜ?失敗したのか?」を

考えることも大事です。が、
思考を切り替えて、計画を立て直す・練り直す」ことも
大事になります。




現時点の自分と相談して、最も効率的な「解決方法」を

探って行くことが、「目標達成」を早めて行き、
自分で思っている以上に成長している自分を感じることが
できるのではないでしょうか。



考え方を少し変えてみる。「柔軟さ」も、
いまのあなたには「必要」なのかもしれません。



笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

-メンタル
-