メンタルの精度と数値化

メンタル

メンタルの精度と数値化

日本にもメンタルトレーニングが導入され、
精度数値化などの取り組みが開始されました。


アメリカや諸外国のような組織的かつ計画的で

規則正しく作られているものと比べると、
大雑把なところは否定できません。



米国オリンピック委員会の

トレーニング施設は、物凄いと聞きます。


栄養指導のための調理施設であったり、

酸素の薄い低酸素室などが兼ね備えられた、
素晴らしいほどの充実ぶりとのこと。


負けず劣らず、日本も近づきつつありますが、
設備投資などが、まだまだ進んでいないのが現実。


日本のアスリート、すべての選手が、
恩恵を受けられるまでには、もう少し時間が
掛かりそうです


しかし、
オリンピックの代表選手ともなると、
多少の違いは表れてくるのかもしれません。。



日本のアスリートに充実した設備の
利用提供が進むと日本のレベルも、
どんどん高くなって行くことでしょう。



近い将来、日本の選手がすべての競技で
上位に食い込んでくる日が訪れていることも。

メンタルトレーニングを取り入れる柔軟さ!
いろいろなフィールドで、ぶっつけ本番のテストや試合、状況に合わせた行動を柔軟に変えることが可能になります。

日本でもデータ分析

日本でも「データ分析」は、
かなり進んでおります。


海外のスポーツ施設を日本にも。


という考えは、土地の問題から、
経済的な問題や他にもいろいろな、
問題があるのかもしれません。




科学的に心を鍛えるメンタルトレーニングを、
諸外国から見習うことは可能に感じます。


すべての競技で日本の選手が上位争いするには、

身の回りにいる人の影響や環境、支えなどが、
とても大切になってくるのは、当然のこと。


日本の全国民で協力態勢が可能になると、
選手には、とても良い環境が
出来上がるのではないでしょうか。



現実的には、難しいというのが、
正直な所ですが、



競技種目によっては、日本も上位争いに
食い込んでいる種目もあるので、
本当に頑張っていると思います。

メンタルトレーニングで心を鍛える。
メンタルトレーニングについての、はじめの部分になります。心について、もっと知りたくなるかもしれません。

ときには、がむしゃら。

スポーツ選手やアスリートの「良き理解者」になり、
周りで支えてあげるだけで、選手には、
とても頼もしい存在になり得ます。



メンタルトレーニングは、スポーツ選手にとって、
未来予想や将来の見通しに、素晴らしい想像力を
膨らませるものになることでしょう。


ひと昔前の日本も根性論を
推し進めていたときがありました。


『根性だァー!』『根性見せろォー』
『やればできる』などと、なんの指導や
説明もないような罵声が飛び交う。

声がけ、発破をかけるだけのような指導法の
時代もありました。



ただ、このような根性論も良い方向に
向かう時もあり、

何も考えず勢い任せに、がむしゃらに
突っ走るのも、ときには必要ではないかと
思うようなときもあります。



いろいろと頭で考えて行動できないよりは、
一か八かの一発勝負で、思いきりブツかって見る。


なんてときもあって、良いのではないでしょうか。

自分を変えたい?はじめの一歩。(怒りの原因)
怒りをコントロールできる自分を手に入れたくありませんか?そんな真面目な、あなたに読んで頂けたら幸いです!

世界で戦うアスリート

アスリートは、自分の心やストレス状態などを
把握できていなくてはいけません。


大会前日や試合直前など、選手一人ひとりの、
心のあり方も、さまざまです。


物凄い緊張のあまりトイレばかり行く人もいれば、
昨晩は眠れなかった』『食事も喉を通らない』
『不安のあまり震えた』など、人によって違います。



そこで心のあり方やストレス、弱点などを
数値化して把握することのできる、
メンタルトレーニング」が必要になります。



体力や筋力、スピード(走り)などは、
記録として数字で残し、自分で確認もでき、
自分のレベルを把握することは出来ていました。



それがいまでは、目に見えない心の中、
メンタルを数値化できてしまうのです。




カラダの成長を実感できる環境、
メンタルトレーニングを取り入れる環境は、
世界と戦うアスリート』にとって、
とても頼もしい存在になり得ることでしょう。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。
タイトルとURLをコピーしました