プラス思考は難しい?

メンタル

なんでもプラス思考

どんなときも『なんとかなるさ』と考えることは
けっこう簡単ではないです。


頭の中の思っている考えを
前向きだったり、ポジティブ、
楽天・楽観、おおらか、のんき、などなどプラス思考って、、
調べるとたくさん出て来ます。



そう考えると世の中の人は、

すべてプラス思考の人ばかりになるんです。


ということで、
人類みなポジティブ、プラス思考!ということなんです!
おわりです!(^^♪というわけにはいきませんね!


自分にも言い聞かす!という意味でも、
プラス思考について考えて行きたいと思います。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

自然にプラス思考

世間的にも最近では知れ渡っている言葉です。


しかし、
プラス思考ということを考えながら動く人は、
あまりいないのではないでしょうか。


自然とプラスに考えている



プラス思考の考え方が染みついている
言った方が正しいでしょう。。


両親の影響であったり、知り合いであったり、

友達であったりと、周りの環境にもよります。


人は成功を積み重ねて行き、プラス思考や

前向きな感情が持続している間は良いです。


人は良いことが続くと、今度は逆に不安になったり
しっぺ返しや嫌なことが起きるのではないかと
マイナスな感情が湧きおこって来ます。

そして、
人は『失敗します。


人は成功しているイメージよりも

失敗のイメージの方が残りやすいです。


失敗のイメージの方が数多く残り、成功のイメージは薄れ、
マイナス思考の連鎖・数珠繋ぎに陥ってしまうこともあり得ます。

目標設定でやる気(心)のモチベーションを上げる方法
目標を立ててからのゴールの設定は、とても大事です。人が何かを始める時、目標は?何にするのでしょうか?勉強やテスト・試合・大会などと目標達成を決めている人がほとんどではないでしょうか?

成功者だって

いまいろいろな分野で成功している方たちは、
成功に成功を重ねて、いつも常にプラス思考なのでしょうか。


そんなことはありません。


表では笑顔を見せていますが、裏では失敗に失敗を重ねて、

失敗の恐ろしさを嫌というほど知り尽くしてます。


いつもマイナス思考と隣り合わせな考えを持ちながら、
活動されていることでしょう。


想像、イメージして見てください。



もし、

あなたが芸能人やスポーツ選手、なんでもよいです
自分のなりたい自分のイメージを膨らませて、
成功しているイメージを浮かべて見てください。


成功している自分の姿をイメージできますか?



ガッツポーズに勝利を掴み取ったイメージが浮かびましたか?



それともまた、

たくさんの観客の前で失敗・敗北・負け、
惨めな姿を晒している自分の姿でしょうか?



勝利のガッツポーズであれば、
プラス思考でイメージ上手です

惨めな姿を晒している姿であれば、
マイナス思考でイメージ下手です。



もう少し、
思考の整理が必要かもしれません。



諦めずにイメージ力を
強化してください”!

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。

親しみのマイナス思考

私が思うにマイナス思考の何がいけないの?
なんて思う時もあるわけで…。。


もちろんスポーツ選手・アスリートなど、
勝敗に関わるような勝負師は、プラス思考の方が
良いに決まってます。


そうでないと、スポーツ選手、辞めたら?

になってしまいます。


普通に生活している私たちは、

マイナス思考であっても良いと思います。


マイナスの考えを持っていた方が

人間らしいです。

親しみやすく人間味を感じて、
良い所もたくさんあるように感じます。


しかし、
スポーツ選手アスリートプラス思考を望んでいる人は、

それではいけません。

では、どのようにすれば、
プラス思考になれるのでしょうか。。

プラス思考に改善する方法!特徴まとめ!
『プラス思考=人生の課題』プラス+プラス=どんどんプラスになる。プラスの山積み!良いことだらけです。いままでの考え方や行動の癖を一日で変えることは難しいです。少し気持ちを本気モードに入れないと変えられません。なぜ⁉

タイトルとURLをコピーしました