メンタル

メンタルトレーニングはメモから始める!part 2

メンタルトレーニングはメモから始める

メモ書きを壁に貼り付けている

あなたはメモ書きする習慣を、
持ち合わせているでしょうか?




1週間ごとの目標や友だちとの約束、
予定などを手帳に記入する。



社会人になり、歳を重ねてくると、
メモ書きする習慣」が
生まれてくる人もいます。





ある程度の年齢になってしまうと、
メモ書きする習慣」は
作れないかもしれません。






ちょっとした、メモを取りたいときに、
メモを書くもの(ボールペンなど)がない。とか、
メモを書きたいときにメモ帳がない。ところから
めんどくさい」というワードが
浮上してくると、メモ書きする習慣は
一生、作れずに終わるでしょう。



メモ習慣のある人は、小学生のときから
もうすでに、できあがっています。





特に、女の子に多いかもしれませんね。
男の子でも「メモ書きする」習慣が
備わっている子もいました。が、
小学生のときの男子は、だいたい
外を駆け回っているので「メモ書きする
習慣を作るのは難しいかもしれません。





メモ書きする」習慣は、親御さんの
教育や影響によるところでもあります。
メモ書きする」習慣を小学生のときから
作っていると、私も勉強好きに
なっていたかもしれません?きっと、



このメモ書き習慣も早い方がよいです。
小学生のときの誕生日プレゼントに

手帳」を強制的に渡してしまう
のもよいかもしれません。



そして、記入方法や簡単な書き方の指導などは
必要になります。そしてそのとき一緒に、
将来の夢や叶えたい、やりたいことなど、
未来予想図も記入できるとよいですね。






多少、めんどくさがりな人は、

難しく考えてしまい、取り組むことが
困難という結果になるかもしれません。




ただ手帳を誕生日プレゼントに渡すだけではなく、
必ず、ご両親からのアドバイスは必要になります。





進め方や進行方法を教える必要はあります。

ここで優しい教えがないと、勉強することも
イヤになる可能性も生まれてしまいます。





小学生のうちから「自分のなりたい姿」を
イメージできると、将来、思わぬ大金を
運んでくるかもしれませんね。




まさに、メモから始める。
子どもの将来に期待です。

テニスに打ち込む少年
どんなときにも活用できる。 【メンタルトレーニングスペシャリスト】の資格を取得!

続きを見る

人間に生まれたからには

せっかく「人間に生まれた」からには、
人生を楽しみ、人間としてどのように
生きて行くか?を、
考えたことあるでしょうか。




私も「メモ書きする」習慣を
早いうちから取り入れて、実行していれば、
モチベーション」の一つになり、
生きる力」になっていたかもしれません。





私たちは生まれた以上、とある事情により、
また天に帰ります。





自分の子どもたちには、好きなことを
たくさん楽しんでもらいたいと

思うのが「」です。




子どものやりたいことを実現するためにも、
メモ書き」習慣をおすすめいたします。





学校では教えてくれないこと。
子どもの想像力は無限です。




メモ書き」習慣から
想像力を広げてあげることも
親の務め」ではありませんが、
優しさではないでしょうか。




未来予想を「メモ書き」習慣から行ない、
目標設定、目標達成を思い描く。




また一人、アメリカで活躍する選手が
生まれるかもしれませんね。

目標や未来設定の書き方

目標や未来設定の書き方として、
マンダラチャート」を使用されると、
スムーズに書くことが可能になります。が、




大きな目標に対して、小さな目標を書くことに
少し苦労、混乱することもありえます。ので



手帳で書く方法として、手帳に習慣(週間)予定から
週末までに達成できる小さな目標」の記入を行います。



小さな目標を積み上げることからはじめ、
一人で週間予定、週間目標を記入できるように
なるまで根気よくマイペースで行ないます。




週間予定を一人で書き込むことができるようになると、
大人でも、子どもでもだいぶメンタルの成長が
期待できます。




そうしましたら、週間予定~週末までの目標を書き、
目標を一つ一つクリアできるようであれば、
月間」「年間」と広めていってください。




月間」「年間」目標もクリアできるようであれば、
かなりメンタル強化されていることでしょう。




書くことで自分のメンタルについても理解を深め、
継続することで生まれる目標達成の楽しさを、

ぜひ、味わっていただきたく思います。



もう書くことをやめることが
できなくなる。かもしれませんが、
書くことをときにやめても構いません。




また、なにか壁にぶつかったときや
長期的な予定、目標設定が必要に
「なった。できた。」ときに、また戻って来る?
また、書き始める。という感じでもよいと思います。




いまや、どの分野でもメンタルについて考える人が
増えていることは確かです。




そのとき必要なメンタルは、場所によっても違います。
必要性を感じたら、またはじめる。




基本的には、長い継続を推奨しておりますが、
人間なので、なかなか難しいところも。



ただ一度「メモする」習慣をやめると戻って来る。のに
努力が必要になります。または、「遅かった」という
結末もありえます。




一番の失敗は「メモする」ことをやめたことではなく、
後悔しないことです。




ここ一番で本気を「出せたのか。出せなかったのか。」が、
もっとも重要になります。


後悔しない生き方がデキるのも「メモ」からです。





メモする」習慣で自分の中に

後悔が生まれなかったのであれば、
努力の甲斐があったのではないでしょうか。



メモ書き」で作られるメンタルは
いろいろな場面や分野でも、対応できる。


ことでしょう。



例えば、
将来の夢に『お嫁さんになること』と
掲げたとします。


お嫁さんとして、どうありたいのか?

何歳までに結婚するのか?


どのような「結婚式」「マイホーム」「料理の勉強」、
「部屋の整理整頓」「生活習慣」「経済状況」など
たくさんのイメージは膨らみます。




お嫁さんになる」までに途中の寄り道など、
入りながらも最終的に自分の考えたゴールに
近い形でゴールできれば、よい人生ではないでしょうか。

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1

続きを見る

 

将来の夢の書き方

手帳

子どもの将来の夢」ランキングで、
男の子の場合は、『スポーツ選手』が
多いようです。そして、

女の子になると、
保育士看護師パティシエ
などが多く、「芸能人」も上位を
競う結果になっております。




将来の夢を思い描くのは自由です。
しかし、夢を叶える。となると、
また、話しは別です。




思いを強くし、なりたい姿をイメージし、
朝から晩までずっと、思い込む。
そうすると、夢が現実となる
可能性は高くなります。




ずっと、将来の夢を思い描くことはできます。
その夢の実現は、いつでもよいのでしょうか?
いつまでにと、年月も思い描かなくては、
夢は叶わないことがあります。





あなたは、自分の将来の夢を上記のように
頭の中だけで思い描きながら、忙しい毎日を
過ごして行けるのでしょうか?
将来の夢を忘れることなく、忙しい毎日を
過ごして行けるのでしょうか?





忙しい日々の、たった一日の休みの日や
のんびり過ごしているときだけ
将来の夢を頭の中で思い描いても、
夢の実現は低くなるでしょう。




そんな叶うか。叶わないか。曖昧なことで
よいのでしょうか。それほどでもない夢だった。
ということでしょうか。





そんな小さな夢、たいしたことの無い夢では、
ここのブログ、この記事に出会うことはないでしょう。
少なからず、いまここで
この記事を読んでいるということは、
かなり「本気」であると言えます。





であるならば、書いてください。
書きましょう。「」と「夢を叶える日付け」も
一緒に記入してください。




例えば、
小学生で、将来の夢「野球選手」とします。

ここで将来の夢「野球選手」ですが、
野球選手にも種類があります。
ただの「野球選手」であれば、誰でもなれます。
「野球」を続けてさえいれば、
「野球選手」には、なれます。




ここで思い描くのは、
ただの一般の人でもなれる「野球選手」なのか?
それとも、
契約金1億で、テレビでも見ることのできる
プロ野球選手」なのか?を、しっかりと、
思い描く必要があります。




そして、プロ野球選手であれば、
もう小学生のときから「硬球」を使用する。
リトルリーグに所属した方が夢は、
叶いやすくなるわけです。





そのあたりも目標に書き込んでゆく必要があります。

小学4年生で「硬球」を使用する。

○○野球チームに所属。

①小学5年、セカンドでレギュラー獲得。
②小学6年で世界大会に選出され、海外で大活躍。
③中学生では、名門の○○中学校に入学。
④中1で○○。中2で○○というように
箇条書きでも良いです。が、もう少し細かく
小さな目標を一つ一つクリアして行くような
書き方の方がよいです。






例えば、
①の小学5年生でセカンドレギュラー獲得にしても、
いまはまだ、セカンドのレギュラーではないとして、


セカンドのレギュラーになるには、そのために、
どんな「練習」をして、なにが「必要」で
いつまでに、なにを「鍛えるのか」という目標が必要です。




いま、セカンドのレギュラーの○○くんより、
なにが足りなくて、どこが負けているのか?も
自分で明確にして行くとより、レギュラーに
近づきやすくなります。






もし、いまセカンドレギュラーの○○くんが毎日、
素振り200回」やっているのであれば、
毎日「素振り300回」を目標にするとか?
または、体力やパワーで負けているのであれば、
「筋トレ」「腕立て伏せ50回」「ランニング20分」
と、「今週の目標」にメモ書きすることです。






あまり、自分ができない目標は立てず、
できる範囲で考えて行くことが必要になります。




イヤになって、やめてしまうことの方が
のちのち後悔だけが残ります。
なにごとも継続です。





いまはまだ、小学生という立場で、
できることならば、ご両親と
一緒に相談されることを
おすすめいたします。



なかなか小学生に経済的な
判断はできませんからね。





将来の夢が「プロ野球選手」であれば、

早いうちに、適切な指導者に出会い、
一流の指導を練習メニューに取り入れて
行くことの方がよいです。





アドバイスのできる人が『近くにいる。いない。』

では、大きな違いにもなります。





何が適切なのか?不適切なのか?も分からず、
やる気のある人」であれば、どんどん練習を

やり過ぎてしまい「ケガ」をしてしまう。
ことも起こり、その逆で

やる気のない人」は、やらなさ過ぎる。あまり、
他の道を検討するという結果にも。




そのようなことを踏まえても、

習慣(週間)の目標設定をし
一つ一つ目標をクリアして行くことが
夢の実現への近道になります。




そして、早いうちに間違いに気付けた。のであれば、

軌道修正も行ないやすく、目標や夢を変更しても、
まだ間に合います。




将来の夢や目標は、早めに「メモ書き」する。
はじめは、一日の目標から記入しながら、週間の目標。
いまの自分に必要なコトやモノなどを書き出し、
自分は、「なにが好きなのか」「なにが嫌いなのか」で
悩み、考える。ことが必要です。






私も早く「メモ書き」習慣を行なっていれば
よかった。と思う、このごろです。

両親の『伸び伸び教育?』に、

どの道に進めば良いのか?
もの凄く悩んだことを覚えております。




私が思うところでは、壮大な「将来の夢」には

ご両親との確認作業が必要不可欠です。




将来、何になりたいのか?
どんなことに興味があるのか?
なにが好きなのか?』など、
確認する必要があります。




家の経済状況の確認。が、
目標や夢の変更を早く可能にします。




もし仮に、私の家の経済状況で、

私が「プロゴルファーになりたい」と、
言った日には、両親はどうだったのでしょうか。



汗、涙?どちらだったのでしょうか。

人によって心(メンタル)の悩みは違います。
いま、取り組んでいるモノやコトによっても、
あなたに「必要なメンタル」は、
あなたにしか分かりません。

歩んで来た道の確認作業

将来の夢の「メモ書き」は、
ゆくゆく歳を重ねた後に見直し、
振り返り、いまとの比較や

現実との違いも確認できます。。



この手帳の記録が増えて行くにつれて、
自分の自信にもなり、日々やってきたことが
財産にもなります。




その確認がなぜ?必要なのかは

将来、あなたが指導者になったとき、
後継者を育てる」ときに役立ちます。




自分の行なってきたことが、正しかったと。
指導することができます。



それと、目標設定の間違えたところも

確認できるので、第二の人生で
指導者」になったとき、選手に
アドバイスするのに役立ちます。




自分が、なにを行い、なにが出来たのか。

どんな夢を追いかけ、どの道を選ぶか。
人生は、いろいろな経験を積むことが目的です。



たくさん失敗に失敗を重ねて、失敗の財産を
積んで行き、大きな財産を手にする。



メモ書き」することで、

メンタルも鍛えられて、行きます。


やらない選択は、ないですね。

秘密の、イメージ呟きトレーニングとは?(セルフトーク)

続きを見る

-メンタル
-