結膜炎やものもらいよりも、目は口ほどにものを言う。

行動

目は口ほどにものを言う

目は口ほどにものを言うとは昔の人はホントに上手いことを言ったものです。

さすが、賢いです。。

目は口ほどにホント良くしゃべるんです。ものを言うんです。。

しゃべり過ぎなぐらい良くしゃべる?笑。


目というのは人によって、いろいろな印象を作りあげます。

人の印象は目の感じでホント?変わります。

私も良く騙されました?笑。可愛い目に…。
スッピンにびっくり??ショッキング…。。なんてことも…。。

良い思い出に変わります。笑。

ホント、目の印象は大事です。


目を大きく見開いている時などは誠実で話を
楽しそうに聞いているなど、良い印象を与えます。



目を細めると気まぐれやエス的な要求、
相手を疑うようなイヤらしい目の感じを受けます。


よく女性向けの雑誌などには目の化粧法や可愛いメイク、
パッチリ見開いた感情豊かなメイクの方法など良く取り上げてますね。。



ホント、目のメイクだけで人まで入れ替わったのかと?
思うぐらい与える印象は変わります!!

寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

朝、起きたら可愛く、アップデート?

目の動きだけでもいろいろな心理状態

自分で目の動きを理解してますか??

お話しされている時の他人の目の動きなどは、
気になるところではあります。。

上や下・横などけっこう動きます。

まず、上を見上げる上に泳ぐ?感じでしょうか?

過去の思い出や過去のことを
思い出そうとするときに目が上に泳ぎます


そして、下に目が泳ぐのは、何か考えたり、
不安に感じている時によく下に目が泳ぎます


職場や大事な商談などに良く目にしたりします。。

私もそう言われると何か考えている時は上!
追い詰められたり・悩みごとがある時などは
下を向いているかもしれません。。

けっこう自分では気づき難く、無意識な動きがほとんどです。。

目が左右に動くことは考えたこともなかったですが、
誰かから攻められたり、大事な決断を要求されたりする時に
左右に動かして、いろいろなコトを考えているようにも感じます。

アロマテラピーが心と体のバランスに効果的な訳とは?
『ラベンダー』の香りには安眠効果やストレスを感じた時のイライラや不安、悩みなどを和らげる「鎮静効果」などもあり、気分的にもゆったりと落ち着きを与えてくれます。 なぜ?でしょうか。

目を閉じる

目は多くの情報を受け取る場所でもあります。

情報を一番に捉えれる場所です。


目の視力などは落としたくないですよね!

いろいろな情報がキャッチ出来なくなりますし、
見えないというのは恐怖でもあります。

目を閉じる仕草は眠い時や集中する時
あまり考えたくない時に強く目を瞑る
ように思います。

一度、脳・頭で考えたい、整理したい時に、
目を瞑っているように思います。

目を閉じる仕草には、
一時停止や不安・不快・恐怖や意見の違いなどの意味があります。

一時的に脳を停止して、心にゆとりや余裕を
取り入れようと無意識に行っていることがほとんどのようです。


目を閉じる仕草には
ネガティブ・不快な感情が含まれています。

いつも笑顔を心に、福来たる
カラダが疲れていたり、緊張、ストレス、体調不良のときには、笑顔などでません。笑顔は、見れません。一日の終わりに、一笑。一日一笑、習慣。

目を触る

例えば、大事な商談や話し相手が目を
手で触れているような時には注意が必要です。



相手が不快に思っていたり、
不快な感情が込み上げている時のサインです。



まぶたを触るようなときは目の疲れや強く不快に感じる出来事などや、
今の内容は聞きたくなかったような時に現れます。



目を閉じたり、目を触る仕草はネガティブな感情です。


男性に多いと言われ、結婚式の新婦側のお父さんに
良く見られる仕草と言われております。


少し不快な感情でもあるのでしょうか。。苦笑。


複雑な感情も含まれているのでしょう。


あまりにも目を触るしぐさには注意する所もあって、
あまり指で目を触るしぐさには結膜炎ものもらいの原因にもなりますので、
目に触れるようなときはハンカチなどで拭うことをおすすめ致します。


結膜炎は目の結膜が炎症を起こし、目の充血や目ヤニの原因にもなり得ます。
そして、涙が出るなどの症状も起こります。。


ものもらいは、マブタがぷっくり腫れるような症状で痛みやかゆみなどを伴い、
よく眼帯などされている人はものもらいの方が多いのではないでしょうか?


大事な商談や面接などには、
相手の目の動きを見落さないよう!

注意が必要に思います。。

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。

タイトルとURLをコピーしました