記憶、その弐!短期記憶から長期記憶に変わる保存の瞬間!

メンタル

記銘(記憶の初めの段階にあたり、新しく経験したことを
受け入れて、そのことを暗記・覚え込むこと)する。


記銘に成功すると次は保存に入るわけですが、
記憶の始めの段階で記銘をしました。

記銘には残る記憶と忘れ去られてしまう記憶があり、
情報を捕まえて置く
ところになります。

そして、その捕まえた記憶の情報を忘れないように留めて置く、
保持(保存)
に入って行きたいと思います。ここですよ、

ここが一番の難所、苦戦するところです。笑。


なんどもなんども同じことを繰り返し記憶して行きます。
たしかに同じことを繰り返すことは大変です。

量の多さもさることながら時間を必要とされます。

プレイべートがなくなるくらい?の、努力が必要になります。

バナナ好きの人だけが知っている?秘密の栄養成分とは?
バナナには、たくさんの効果・効能・栄養が含まれています。そんな栄養成分を感じて食して見てください!きっと!バナナの美味しさを実感できることでしょう。

『好きは上手のもと』

まず努力する前に『好き』になること、
本当に熱中できるものには努力を感じないぐらい、
すらすら記憶に残ります。



芸能人のように自分の時間のほとんどを芝居の台本の暗記・記憶に
費やすぐらいの本気度が必要不可欠です。


いろいろな分野で自分の進んだ道を究めているような人には、
この言葉が似合いますね!


道は好むところによって安し
興味を持ったものに熱心に取り組めば、努力することも容易い



もちろん芸能人は好きな仕事への楽しさもあったり、
イヤらしい話、お給料にも我々庶民とはくらべものに
ならないほどの違いもあります。笑。


やはり、自分が楽しめるものについての暗記や記憶は
凄まじいほどの実力を発揮するものです。

目標設定でやる気(心)のモチベーションを上げる方法
目標を立ててからのゴールの設定は、とても大事です。人が何かを始める時、目標は?何にするのでしょうか?勉強やテスト・試合・大会などと目標達成を決めている人がほとんどではないでしょうか?

何度も何度も繰り返す!

眠い目を擦りながら暗記した記憶!

皆さんも経験ありますよね!そうです!


試験やテスト!の時の感じです。受験に向けて記憶します。


少しでも記憶しようと何度も紙に書いたり、
一夜漬けで記憶して見たりと記憶の定着に力を注ぎます。


私には無理でした。

学校で教わる勉強や嫌いなモノには頭が働きません!



成績がもっとも良かったのは体育です。定番の!
体育に関しては私の脳も本領を発揮します。。


この体育もそうなのでしょうけど、楽しくて・面白いことを
身体を動かしたりしてルールなどを記憶する!


身体を動かしてカラダ全体を使って記憶する!記銘!です。

記憶にございません。では、通用いたしません。(記憶力)
記憶力を高める、事始めの歩みにいかがでしょうか。記憶力向上に大事な事とは。


神経系や感覚器官(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・皮膚など)に
よって覚え込みます。



感覚としては身体全体を使って記憶するのです。


例えば、歩きながら記憶したり、音楽を聴きながら暗記したり、
また私の知り合いには家族が多くて周りが騒がしい環境に
慣れきってしまい騒がしいところの方が記憶ができ、
逆に図書館のような静かな所では落ち着いて勉強ができないという人もいます。



暗記・記憶の定着には人それぞれで場所や
環境、状況などさまざまです。



この何度も繰り返し記憶に残そうと
努力することが保持(保存)になります

どうしても覚えられない!暗記・記憶出来ない!という人へ、




頑張ってください!!




ファイト!!



なんて、無責任なんでしょう・・?すみません。。


ということですが。。。記憶は、

やはり、、


記憶するものを好きになることから、
初めて見てください。そして、

昨日、勉強した・記憶したものを、
次の日にも記憶の時間に費やす。

そして、まだ自信ないかな~?と思ったら、
また次の日にも記憶の時間に費やす。



自分に自身が持てたその時、短期記憶(すぐに忘れてしまう記憶)から
長期記憶(長い期間定着する記憶)に変わっていることでしょう。


私から少しのアドバイスではないのですが、
私が普段から意識して行っていることを、
少しお話しして終わりたいと思います。




目を速く動かす??


はて❔ですよね…。。


目を上下・左右に出来るだけ早く動かす!そうすることにより、
脳も活性化され、少しは記憶の速度を上げられる人もいるかもしれません。。


それにより一つでも記憶に残れば儲けものです。笑。。


身体全体を使って覚える!!
使えるところは全部使って見る!


これは人にもよるところもありますので、
可能性の1つとして考えて頂けると幸いです。

記憶の方法は人それぞれで、独自の方法を
いろいろとチャレンジ・挑戦して見るのも良いかと思います。

そして、
一番良い方法を探って行くことが、一番の方法になることでしょう。

【参照:資格のキャリカレメンタル心理カウンセラー講座】

タイトルとURLをコピーしました