継続はプラスなり

メンタル

継続はプラスなり

プラス思考に必要なことは、
長い目でみた取り組みが大切になります。


人はいろいろな考えが、

消えては浮かびを繰り返す生きものです。



好きなものに関しては、
あまり消えることなく
記憶しているのではないでしょうか。


そして、自分の失敗や不安、間違いなども、
ずっと記憶に残ってしまうこともあります。


イヤになるぐらい残り続けます。


そのような自分にとって必要のない記憶は
どんどん捨て去れば良いのに、
人は記憶に残し続けてしまいます。


胸が苦しくなるまで。


困ったもの、です。

マイナス思考を改善する方法。吟味3選と特徴まとめ
マイナス思考の特徴まとめと改善方法、吟味3選を参考にされて見てはいかがでしょうか。


一流のスポーツ選手やアスリートは、
自分にとってマイナスなものは
追い出す習慣がデキています。


自分に原因のないことや
自分ではどうすることもできない
マイナスなことは、考えません。



マイナス感情は、早いうちに忘れ、
考えない習慣が出来上がっているのです。




頭の切り替えが、
素晴らしく早いのです。


一瞬で環境に適用する早さ、集中力、
自分にプラスか、マイナスかの判断力。




自分のいまいる場所で、
ベストを出し切ることだけに、集中しています。



いまの環境や自分をキライになるほどの、
集中状態であることは確かです。


いつも笑顔を心に、福来たる
カラダが疲れていたり、緊張、ストレス、体調不良のときには、笑顔などでません。笑顔は、見れません。一日の終わりに、一笑。一日一笑、習慣。

マイナス思考を忘れて行く

自分のマイナスな面を発見できたとき、
ここをプラスに直して行こうと
前向きな行動が必要になります。


人は成功の数より、失敗の数の方が、
断然多いです。


人生で数多くあるうちの失敗を
ずっと引きずっているのは、
本当に、もったいないこと。



「プラス思考は一瞬にしてならず、
マイナス思考は一瞬にして消えず。」



マイナス思考が一瞬で消えないのなら、
プラス思考をどんどん積み重ねる方を

好まれてはいかがでしょうか。


プラス思考は一瞬では、手に入りません。
日々の積み重ねで、できております。。



少しでもプラスに考えたもの勝ち。


個人の自由です。

自分を変えたい?はじめの一歩。(怒りの原因)
怒りをコントロールできる自分を手に入れたくありませんか?そんな真面目な、あなたに読んで頂けたら幸いです!

例えば

野球の試合で、アウトを簡単に取れるところを
自分の悪送球で逆転負け、なんてことは起こり得ます。


そんなとき、監督やチームメートから
小言をいわれることもあるでしょう。


そこで監督や仲間の言葉を真に受けて、
「自分はダメだ」と弱気になるのか。


次は必ず見返してやると、
練習に練習を重ねて、上手くなるのか。

ほんの少しの違いだけで、
もの凄く変わってきます。



どんどん良いほうへ考え、プラス思考を
出して行かなければなりません。


プラスの思考は、積み重ね。


日常、偶然に表れるマイナスな事を、
いかにプラスに変えて行けるかです。


私もそうでしたが、少しずつプラス思考を
取り入れて行くことをおすすめいたします。



始めは、10分。自分の楽しいことを考え、
20分、30分、と、少しづつ伸ばして行き、

最終的な目標として「常に、プラス思考」を
目指して見てはいかがでしょうか。


ボーっと、しているときも、電車に乗っているときも
プラス思考のトレーニングは行えます。


いつどこでもトレーニングできるのが、
プラス思考。



限られた時間の中で、いつでも行えるのが、
良い点・最高のメリットです。


メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

タイトルとURLをコピーしました