人が目標設定をして生きて行くには、軌道修正が必要?

メンタル

夢の道のり

あなたの夢の設定は完了しましたか?

なりたい自分の設定が決まり目標の設定が出来ましたか?

今度は目標にたどり着くまでの道のりの考え方を少し思い描いて見ましょう。

ただ目標の設定は完了したけど、
その目標までどのように描いて行けばいいのか?


わからない?』という方のために、
少しの参考にして頂けると良いかと思います。

いままでいろいろと目標設定の記事を書いてきました。が、
いままでの数々の方法では『目標設定ができない!!』

どうやってやるんだ!方法がわからない!などなど、
いらっしゃるかと思います。

そのような方に向けて、とてもシンプルな目標の
道のりを歩いて行くための方法を少しお話ししたいと思います。

計画通りに行かないのが、人!
人は計画通りや予定通りには、なかなか行かない!動けない!ものです。目標の一つ一つをクリアすることに専念するあまり、その目標や夢が嫌になったり、自信すら無くしてしまっては意味がありません。


目標の設定はなんでも良いです。

25歳までに結婚!や、20歳までに○○会社に入って、
音楽活動したいなど、なんでも良いです。

例えば、30歳でオリンピックに出て、
金メダルを獲ると目標の設定をしたとします。

そうすると、25歳ぐらいまでにはある程度の
レベルにいなくてはなりません。

日本でトップ3に入っていた方が確立は上がるでしょう。

プロチームのあるような競技などで
プロになっているに越したことはないです。


もっと遡れば小学生から中学生でどこかのチームの下部組織に加入して、
高校や大学でもあらゆる大会で少しの名前ぐらい知られていると
グッと目標に近づくことは間違いないでしょう。


年齢の箇条書きでもかまいません。
16歳:○○高校入学
20歳:○○大学で、○○大会優勝、などなど


自分の年齢ごとに描いた設定を
一つ一つクリアして行くことが必要です。



年々の道のりの設定をし、今現在の年齢で描いたものまで、
たどり着けていればとりあえずは完了です。

継続が記録に、記録が自信に繋がるとしたら。サボりますか
継続することを諦めてしまうと、自信が持てません。では、自信を付けるには、どうすれば良いのでしょうか。

紙(ノート・手帳)に記入する!

そして、これも紙(ノート・メモ)に書き出して、記録して行きましょう。

これから先の設定も時折、見直しては修正を加えながら
どんどん紙に描きましょう。

あなたの人生のストーリーを描きましょう。

そして、どのように終わりを迎えるのか?

引退セレモニーなんかでスピーチしている自分を
思い描いても良いかと思います。

その描かれた道のりはすべて上手くいったときの
人生の道のりです。現実は多少の変化も起こるでしょう。

例えば、
20歳の時に怪我をして丸一年を
怪我の治療に費やした!とします。

もしかすると、その怪我は選手生命をも脅かすほどのもので、
ここでその目標の設定は断念しなくてはならないという
決断も迫られるかもしれません。

人生の目標設定には所々で壁にぶつかります。その度に修正を
加えて行く柔軟さも必要です。

『目標の設定やなりたい自分』の人生ストーリーが描けましたら、
それを行動の『スローガン』に掲げ!目標を目指しましょう!

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。

人生のストーリーを思い描くのは、
『スポーツ選手やアスリート』だけに限らず、

会社の社長になって事業に成功する!
一流の選手を育てる監督やコーチになる!
ジャッジする側で主審・審判を目指す!』など、
いろいろな人がいます。


人間、一人ひとり、それぞれに人生の役割があります。
たくさんの人の協力のもと、スポーツ選手やアスリートが
輝けるのです。

人生の物語は』あらゆる成功者が、
いつも心に持っている考え方なのです。


人生は、
成功することは難しく、失敗することは簡単で、
なかなか思い通りには行きません。


重い通り道を軽くして行くために、
軌道の修正が必要!』ということを
片隅に置いておくことも必要になります。

『やらない、という考えは浮かばないですね!!』

音楽で体をセルフコントロールする?(スポーツ編)
自分の感情で体を自発的に動かして行かないと、どんどん弱くなってしまいます。ウォーキングをしたり、ランニングをしたりと『下半身を鍛える=長生き』というぐらい下半身は大事です。

タイトルとURLをコピーしました