メンタル

天下分け目の戦いには、情報収集が鍵になる

天下分け目の戦いには、情報収集が鍵になる

未来を切り開く鍵穴

あなたが何かを始めるとき、
なにを見て始めるのでしょう?


何をキッカケに行動し始めますか?



動機となるものは、

なんでしょうか。



世間一般的であれば、
楽しくて、心が動かされた」ときや
ワクワク、ドキドキ」が止まらないときに

行動を起こすのではないでしょうか。




しっかりと計画的な人であれば、
「ずっと頭に残り続けている」とき、
やっとの思いで行動に移す方も。



人によって動き出すタイミングは、
さまざまです。




あなたが行動を始めるときは、
勢い任せでしょうか?

それとも、しっかりと下調べをして、
情報を集めてから行動を
起こす。のでしょうか?



ときには、勢い任せも必要ですが、
おおよその勝敗は、この時点で

決まってきます。



「勝敗は、情報収集あり」、
です。

情報収集が鍵

学生であれば塾に通ってる人も
いることでしょう。なぜ?



学校の勉強だけでは

物足りないのでしょうか。



なぜ?塾に通うのでしょうか。


もう少し勉強が出来るようになりたい。
という理由でしょうか。



もう少し誰かに教わりながら勉強できれば、
もっと成績も上がるのではないか?と、
期待を込めての塾通い。



そしてまたは、行きたい高校や大学に入りたい
という理由で、塾や家庭教師に勉強を
習っている方もいるでしょう。



将来の就職先を見据えての
勉強でもあるのかもしれません。




自分の目指す所や方向も決まり、
たくさんの情報を集める。




この高校には、何科があって、何を学べて、
どんな資格が取れるのか?




この大学には何学部の何科があって、

何が学べる。などの情報収集は
大事です。



いまでこそインターネットの普及により、
たくさんの情報を集められるようになりました。




行きたい会社などの情報収集も
簡単に手にすることが出来ます。




もの凄く便利になりました。




ポケベルからPHS、携帯電話に

変わりかけていた90年代頃、
高校の偏差値やどんな高校なのかを

調べるツールも、すべて『本』でした。



当時はインターネットという環境が
存在していたのかも分からず、
もの凄い大きなワープロが主流?

主流だったのか?すらも解らない環境。




少しイタズラにキーボードを操作して
遊んだような記憶しかないですが、




情報収集」は、いまとなっては
もの凄く楽になりました。





まだしかし、情報の集め方は、

とても難しく、もっと上を目指して
何としても「合格したい

勝負に勝ちたい」と
思うのであれば、情報収集です。



情報収集」が鍵になります。

情報の集め方で決まる。と言っても
過言ではない時代なのではないでしょうか。

敵は情報収集で攻略

空に浮かぶ一本の綱渡りを攻略する

いかにして「敵を知り
敵に勝つ」のか?は傾向と対策です。



高校入試であれば、何月何日に

「試験日」などと情報を集めて行きます。


ここからもう勝負は始まっています。



例えば、高校入試であれば、中学3年生の冬、
2月から3月ごろでしょうか?


早い人であれば、中学一年生のころから
受験する高校や学校の過去問(敵)の

情報収集を始めているのではないでしょうか。



過去の傾向と対策を練りながら、
試験の特徴を探る。


過去問(敵)を知らなくては、

何も始まりません。


過去問(敵)の情報収集から始まり、敵を知り、
敵を攻略することができなくては、決戦の日まで、
何をして過ごすのでしょうか?




傾向と対策、情報収集は

もの凄く大事になります。


「備えあれば憂いなし」
(普段から前もって準備して置けば、

いざというとき、何の心配もない)ということ。



敵を知り、己を高め、情報を集める」ことが、
いかに大事か?というお話でした。




大事な場面で悔いの残らないよう、
情報収集に集中する

ことをおススメいたします。



人は他人を知ることは容易ではなく、
また自分を知ることも容易ではありません。




たくさんの情報を集めることも
また容易なことではありません。



メンタル面の強さも多少、

必要になります。



情報収集に貪欲になり、自分を高めて行くことが、
自分を知る近道」でもあります。



情報収集に、

ひた向き」になって見るのも
良いのではないでしょうか⁉




人が何かを始める時、
何を見て始めるのでしょうか?


何をキッカケに

行動し始めるのでしょうか?

動機となるものとは?




敵は、
情報収集」。




※少し注意として、
「情報」の集め過ぎ!にも注意が必要です。
情報収集に夢中になり過ぎる。あまり、
肝心な自分の技術を怠るようでは意味がありません。

情報収集もある程度、集めたなら、
ゴールに向けて、ひた向きに
努力しなくてはなりません。

勉強に、スポーツ、ゲームに、料理など、
技術を高めなくてはいけませんね。


例えば、
「情報→技術→情報→技術→技術、
壁にぶつかり、また情報→技術→技術。」の感じで
進めるとよいのではないでしょうか。

自分のルーティンを作って
行かれると良いことでしょう。

笑顔の女性
未来で自分のなりたい姿をイメージする方法

続きを見る

-メンタル
-