人の感情を隠した手の行動?

行動

手の不快3つ

手のしぐさにはいろいろありますが、相手に思いを
強く主張したり、伝えたりするときや相手に不快感を
与えるようなこともあります。


一つ目に『相手に指をさすしぐさ』です。
この指をさすしぐさには相手に威圧感を与える
とても失礼極まりないしぐさになります。


先端恐怖症の人には、ホント迷惑な行為になります。

そして、アメリカや海外ではこの指をさすという行為は
日本人が思っている以上に嫌われているしぐさとして認識されています。



二つ目に『手招きで人を呼ぶしぐさ』です。
これは小動物や子供などを呼ぶようなしぐさになります。


普段の日常で家族に呼ばれるときや会社などで年上や
上司などに行われるには問題ないようにも感じます。

ただ少し横柄な印象を与え、人から好かれるという要素は
なくなってしまうことは否めないです。

いつも笑顔を心に、福来たる
カラダが疲れていたり、緊張、ストレス、体調不良のときには、笑顔などでません。笑顔は、見れません。一日の終わりに、一笑。一日一笑、習慣。



三つ目に『服に付いたゴミを取るしぐさ』です。
よくテレビのドラマでいがみ合っている二人が会話の途中に
嫌らしく服に付いたゴミをツマミ取るしぐさで人に不快を与えるしぐさです。

このしぐさは時と場合にもよります!
物凄く仲の良い人や上司だと何とも思いませんし、同僚の女子なんかに
服の小さなゴミを取ってもらった日には『ちょっと~、気があるの?』
なんて勘違いも無きにしも非ずになります。

ホント、勘違いも甚だしい感じですが…。笑。

そして、この3つのしぐさは失礼にあたるしぐさになりますが、
これは人によるところもあるようです。。

相手に不快な感情を与えてしまうこともあるしぐさなので、

注意しながら極力行わない方が良いかと思います。

メンタルトレーニング
自分の中の心・脳(思考・考え方)、身体を鍛えることや本番での場数を踏むことなどお話しして来ました。年齢の違いでもあったり、男性・女性でもメンタルの感じ方や捉え方や迷い・不安・困難なことというのは本当に人によって、さまざまに違いはあります。

手を組む2つ

手を組んで親指を上に上げる・向ける
会議中に良く上司が机に手を置き、組んでる手の親指を
上に向けるようなしぐさを取っていることがあります。


この手を組むしぐさには比較的ポジティブな感情の表れで
会話の盛り上がりや前向きでとても自信にあふれているという
感情の表現でもあります。

親指を上に向けるしぐさには地位の高い人に多く、意見の交換や

会議を楽しんでいるというような感情でもあります。。


そして、今度は逆で、

親指が隠れている・隠している
気持ちが後ろ向きであまり会話も弾まず
ネガティブな感情が隠されています。


こちらはどちらかというと立場的に低い人・弱い人に
多く見られるしぐさになります。


良くカッコイイ風を装って、親指だけポケットに入れている人などは
ネガティブ感情が起こったが故のポジティブを装うという空威張りな思いも
含まれているとかいないとか。。

何気ない手のしぐさにもたくさんの心理状態が
隠されております!

『手は災いのもと』にもなりえるということで!
※相手に不快な感情を与えないような注意が必要です。。

【参照:資格のキャリカレ行動心理士講座】

メンタルトレーニングはメモから始める!part 1
メンタルの強い人やメンタルを鍛えている人たちは、あなたが『やらないこと』や『出来ないこと』を、継続できる人です。
タイトルとURLをコピーしました